イベント&お知らせ

« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

8/31(日)東京/足立 昔懐かしい昭和の家で語りと音楽の夕べ【終了しました】

むさし民家の会の第1回目のイベントとして東京都足立区にある登録文化財「昭和の家」(平田邸)で「ともだちや」の皆さんによる「語りと音楽の夕べ」を行ないます。今回は書家・篠田桃紅と、児童文学家・小川未明の作品を語りと音楽をまじえて上演します。第1部は、篠田桃紅の前衛的な抽象画による「雪と墨」という世界をお話に、ガラスの打楽器での伴奏を行います。不思議な音色の色彩が描き出す白と黒の世界をお楽しみ下さい。 第2部は、小川未明の「あかいろうそくと人魚」という北国の風土が育んだ未明らしい色彩に満ちた作品を語り、足踏みオルガンと打楽器で音楽を付けます。オルガンの醸し出す懐かしい音色にいろいろな打楽器が華を添えます。客席の配置にも工夫をこらしてありますので、過ぎ行く夏の夕、蝉時雨の庭を眺めながら、じっくりとお楽しみください。
(主催:むさし民家の会)

日時8月31日(日)15:30~17:30 雨天決行
場所東京都足立区西保木間 「昭和の家」(平田邸)
集合15:30 東武スカイツリー線 竹ノ塚駅 改札前
プログラム16:00 ~「語りと音楽の夕べ」第1部 16:50 ~「語りと音楽の夕べ」第2部
参加費2,000 円 現地にて集金 
募集人数30 名 *定員に達し次第締切
締切日8 月16 日(土)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで参加する全員の氏名、住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、Eメールアドレスをご明記のうえ、お申込みください。
当日連絡先090-8102-0011(平田)

2014年8月12日 (火)

8/12(火)愛媛/石垣の里「外泊」を訪ねる【終了しました】

四国の奥座敷ともいえる愛媛県愛南町の外泊は、海に面した急斜面に石垣を築いて作られた日本の代表的な石垣集落です。江戸時代に付近の集落の次男、三男坊を集めて作られたとも伝えられるまちなみは家ごとに高い石垣に囲まれ、厳しい自然環境のなかで営々と続けられてきた人々の暮らしの在り様をまざまざと感じさせます。四国地区では久しぶりのイベントとなりますので、地元はもとより全国からのご参加をお待ちしています。
(主催:四国地区運営委員会)

Img_3320

 
日時8月12日(火) 雨天決行
場所愛媛県愛南町外泊
集合外泊集会所前(外泊208番地)15:00
解散17:00 現地解散
参加費1,500円 JMRA会員1,000円 現地にて集金
募集人数25名 *定員に達し次第締切
締切日7月25日(金)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで参加する全員の氏名、住所、電話番号、FAX番号、携帯電話番号、Eメールアドレスをご明記のうえ、お申込みください。
当日連絡先090-1126-6028(公文)

2014年8月 9日 (土)

8/9(土)福岡/宿谷昌則氏講演会 エアコンに頼らない住まいの工夫【台風のため延期になりました】

自然のポテンシャルを活かす照明・暖房・冷房・換気などの建築環境システムを様々な観点から研究されている氏をお招きし、わたしたちにとって身近なエアコンや、3.11以降、ますます関心の高まるエネルギーの問題なども踏まえ、温熱的な心地よさの本質や「民家」に内在する環境性能の特徴などをお話しいただく予定です。(主催:JMRA九州・沖縄地区)

講演タイトル「エアコンに頼らない住まいの工夫」
第一部 「心地よさ」って何?―それぞれ異なる体感温度
第二部 「民家」はサイエンスの宝庫―昔の家から何を見習うか
講演者宿谷昌則氏
東京都市大学教授。専門は建築環境学。自然のポテンシャルを活かす照明・暖房・冷房・換気などの建築環境システムとは何かを、熱力学と人間生物学の観点から理解し、人を含む自然の法則に照らして不自然でないシステムの開発を目指した研究と教育を行っている。著書に『自然共生建築を求めて』、『光と熱の建築環境学』など。監修に『「住育」ことはじめ』編著に『エクセルギーと環境の理論―改訂版―』など。
日時8月9日(土)開場18:00 講演18:30~20:30
場所福岡市中央図書館2階(福岡市中央区赤坂2丁目5-8)
入場料1,000円
定員先着70名
締め切り8月2日(土)
申込先JMRA九州沖縄地区事務局( minka2012_jmraqr@yahoo.co.jp またはFAX 0946-21-5077)に、氏名、住所、電話番号、参加人数、E-mailをご連絡ください。
※事務局からの返信で申込完了となります。返信がない場合は、再度ご連絡ください。

2014年8月 7日 (木)

8/7宮城/名取・水沢の古民家見学と仙台七夕まつり【終了しました】

宮城県名取市の古民家が介護施設建設のため取壊しが決定し、すでに敷地内の工事が開始されています。茅葺に鉄板が被されている明治時代の平屋の古民家ですが、内部は見事な欅の大黒柱や、重厚な梁組と土間の三和土がそのままで残されており、建具もほとんど原型を保っていて痛みの少ない貴重な民家です。母屋、納屋、土蔵の計三棟の解体が間もなく始まるため、至急移築再生の引き取り手を探しています。
また岩手県水沢の古民家は山林地主であった建主が材木をふんだんに使用した豪壮な母屋のほか、納屋と土蔵や門がありますが、土蔵は一部屋根と壁が落ちており移築再生は不可です。母屋は明治中期の建築で120年程度たっており、小屋梁は7段、大きさは6.5間X10間で土地付きの売却も可能です。 今回見学する民家は、解体が目前に迫っているため、移築再生のほか部材としても活用が可能な物件です。
ぜひこの民家を救うためご参加ください。
(主催:民家お助け隊、北海道・東北地区) )

140807miyagi
名取の母屋/水沢の母屋

 
日時8月7日(木)
集合10:45 東北本線館腰駅(仙台より5駅目)
<参考>東京からの参加の場合次の列車が便利です。
8:40東京発 はやぶさ7号 10:15仙台着、10:24仙台発 東北本線立石行 10:40館腰着
日程11:00名取民家見学/昼食後水沢へ移動(車に分乗)/15:00水沢民家見 学終了後仙台へ移動/仙台で解散、希望者は七夕まつり会場へご案内します。
参加費1,500円 JMRA会員1,000円(交通費は別途精算)
申込・問い合せ先090-7218-4888(民家お助け隊 田中)、090-7667-2771(北海道・東北 佐々木)