イベント&お知らせ

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

6/28(土)東京/府中市再生民家完成見学会【定員に達しました】

昨年7月に揚屋工程見学会を行った民家の完成見学会です。府中市内に今も残る貴重な養蚕農家を再生しました。丁寧に維持管理が行われていたため傷みも少なく、創建時の架構も良く残されていました。街並みに配慮し外観は従来の雰囲気を残し、現代生活に適応するために、内部は間取りの変更・台所や水回りの整備の他、耐震補強・断熱改修を行っています。また古さの中にも華やかさを求め装飾的な仕上げを施しています。設計:一級建築士事務所アルケドアティス 施工:株式会社エスケィライン。(主催:民家再生推進委員会)

Dpp_0015

日時6月28日13:30-
場所東京都府中市
集合現地13:30 ※参加者には地図をお送りします
定員15名
参加費1,500円 JMRA会員1,000円 現地にて集金
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、ファクス番号、JMRA会員番号をご明記のうえ、お申込みください。
当日連絡先090-9130-3489(網野)
特記市街地で駐車スペースが少ないため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

2014年6月27日 (金)

東京/連続講座<前期>「民家再生の木構造」【定員に達しました】

「伝統構法と在来工法の違いとは?」「民家を再生するにはどのような構造にすればよいの?」民家再生におけるさまざまな構造の疑問点を“ヤマベの木構造”の山辺豊彦先生を講師にお迎えし、模型等を使って分かりやすく解説していただきます。この機会に是非ご参加ください。 (主催:民家再生技術部会)

Gijuturennzoku20141_2

第1回:基本編『民家の構造』
【日時】6月27日(金)18:30-20:30

第2回:実践編『民家再生の構造技術』
【日時】8月29日(金)18:30-20:30

<2講座共通>
【講師】山辺豊彦(やまべとよひこ)氏
1946年石川県生まれ。法政大学工学部建設工学科卒業。青木繁研究室を経て、'78年山辺構造設計事務所設立、現在に至る。全国の設計者、施工者らに木構造の正しい知識を広めようと精力的に活動している。主な作品に「つくば市立東小学校」(1995年)、「棚倉町立社川小学校」(1997年、BCS賞)、「正田醤油本社屋」(2004年 日本建築士会連合会優秀賞、BELCA賞)など。主な著書に「ヤマベの木構造(増補改訂版)」、「世界で一番やさしい木構造」、「絵解き 住まいを守る耐震性入門」などがある。

場所AGCstudio(AGC旭硝子 建築用ガラスのショールーム)2F
募集人数各講座定員50名 定員に達し次第締切
受講料1講座3,500円 会員2,500円 2講座通し参加:会員のみ4,000円
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで、イベント名、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、ファクス番号、JMRA会員番号、参加 希望講座(通し参加希望有無)をご明記のうえ、お申込みください。

2014年6月 1日 (日)

6/1(日)国際交流部会(International Fellowship Subcommittee)再開のおしらせ&キックオフミーティングのおさそい 

休眠状態にあった国際交流部会を再開します。
主な活動の趣旨は
1.民家や暮らしに関わる日本の伝統文化の理解を深める。
2.国内外へ向けて日本の民家や暮らしについて情報を発信する。
3.「民家でおもてなし」ができるネットワークを構築する。

この中の一つでもご興味があれば、ぜひご参加下さい。3.については2020年の東京オリンピックに照準を合わせ、ゆっくり段階を踏んでいきたいと思います。とりあえず、2014年度は、模索しながら、1.を中心に楽しく活動を行います。
つきましては下記のとおり、キックオフミーティングを行いますので、ご出席下さい。

日時2014年6月1日(日)13:00~15:00
場所認定NPO法人日本民家再生協会 事務局
申込先090-5203-8948(瀬口)
特記<初めて参加される方へ>活動にあたっては、会員登録をしていただく必要がありますのでご了承下さい。→ご入会方法については、こちらをご覧ください。




We are pleased to inform that it is decided to resume activities of International Fellowship Subcommittee that has been inactive for a long time.Main initiatives to resume these activities are
1..To deepen international recognition of Japanese traditional culture in relation to traditional private houses (Minka) and daily lives.
2.To introduce information as to Minka and daily lives to inside and outside of Japan.
3.To establish networks to carry out “Omotenashi” (warm reception) at Minka.

If you are interested in any one of above three initiatives, we do appreciate if you could participate in this subcommittee. In terms of Item 3. above we intend to promote activities step by step to target 2020 Tokyo Olympic as achievement year.For the time being, during year 2014, main focus will be Item 1. above and we do hope such subcommittee will be very pleasant one for every participant.In this regard, we will hold kick off meeting in following details. We are looking forward to seeing you at the meeting.

Date13:00 – 15:00 June 1, 2014 (Sunday)
Place認定NPO法人日本民家再生協会 Authorized NPO Japan Minka Revival Association(1-1 Rokubancho Chiyoda-ku, Tokyo 102-0085) 3minutes walk from Kojimachi Station
5minutes walk from Ichigaya Station
7minutes walk from Yotsuya Station
RSVP. Please call to Cell Phone of Ms. Seguchi at 090-5203-8948 for reservation.→MAP
To participants who attend our activity at first time; It is highly appreciated if you could understand that Japanese Yen 6000 need to be paid for an annual membership fee for Friendship Member and Japanese Yen 12,000 for an annual membership fee for Regular Member.