イベント&お知らせ

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

東京/民家の学校オープンスクール2013 民家de火おこし~古代発火法に挑戦~【終了しました】

今年も「民家de火おこし~古代発火法に挑戦~」を開催。西東京市にある再生民家「和のいえ櫻井」を借りて、古代発火法実践の第一人者、岩城正夫先生の指導でキリモミ式火おこしに挑戦します。夏休みの自由研究などに!(主催:民家の学校オープンスクール部会)
~岩城正夫先生のプロフィール~
1930年東京生まれ。大学卒業後、中学教師、雑誌編集者、学会事務局員、高校教師などを経て大学教師に。2001年和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長。主な著書に「ある発明のはなし」「やってみなければわからない」「原始時代の発明発見物語」「原始技術史入門」「原始時代の火」「原始技術論」近著「セルフメイドの世界―私の歩んできた道」等多数。

日時7月28日(日)13:00~16:00頃 13:00~受付 講座13:30~ ※雨天決行
場所和の家櫻井(東京都西東京市新町5-3-5) http://yamada-ya.net/home.html
集合 現地(JR中央線 武蔵境駅徒歩15分)
参加費2,000円 JMRA会員1,000円 小学生500円。別途道具代として2,000円。現地にて集金。
持ち物木工用カッターナイフかクラフトナイフ、鉛筆、道具持ち帰り用袋(30㎝のベニヤ板が入るもの)、飲み物、帽子、日焼け止め、虫よけスプレーなど適宜。
募集定員30名 締切日7月23日(火)締切を延長しました!
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-6519-7089(遠藤)
特記事項※ご家族参加歓迎ですが乳幼児を連れての参加はできません。小学4年生からご家族で参加できます。1人で参加できるのは中学生以上です。
※火を扱う講座のため、危険をともないます。対応は自己責任といたしますことをご了承ください。

2013年7月20日 (土)

千葉/魅力再発見!!千葉さんぽin鋸山採石場【終了しました】

千葉の魅力を再発見する旅・千葉さんぽの第4回は、房州石の産地で有名な鋸山(のこぎりやま)を訪れます。手掘りの跡が生々しく残る採石場跡は迫力満点です。 また石のまち・金谷では若いアーティスト達が中心となって、合掌造り民家や旧ホテルの再生などが元気よく進められています。恋人の聖地・金谷で美しい夕日を堪能ください。(主催:民家フォーラム千葉2013実行委員会)

1 2
鋸山遠景と近景

日時7月20日(土)11:00~16:00 ※雨天中止(当日朝メールで連絡)
場所千葉県富津市金谷鋸山
集合 11:00 JR浜金谷駅 改札口 (参考)JR特急新宿さざなみ3号(新宿9:08発 浜金谷10:57着)、東京湾フェリー(久里浜港-金谷港 約40分)
内容11:00 浜金谷駅集合 11:05 有形登録文化財 鈴木家および石蔵(金谷美術館別館) 11:30 鋸山ロープウェイにて山頂へ 12:00 日本寺にて昼食 13:00 鋸山採石場跡(下山コース) 15:00 合掌館およびKANAYA BASE 16:00  浜金谷駅で解散予定 
持ち物昼食、飲み物をご準備ください。
参加費3,000円 会員2,000円 現地にて集金
募集定員25名 締切日7月12日(月) 定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、住所、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先080-3587-8936(柏木)

2013年7月 7日 (日)

東京/府中市再生民家揚屋工程見学会【締め切りました】

府中市内の貴重な養蚕農家の再生工事です。丁寧に維持管理され、創建時の架構も良く残されています。間取りの変更・台所や水回りの整備の他、耐震補強のために建物を持ち上げ、新たに鉄筋コンクリートの基礎を設けます。今回は現地再生の第一段階である揚屋状態での見学会を行います。(設計:一級建築士事務所アルケドアティス、施工:株式会社エスケィライン

日時7月7日(日)13:00~15:00 雨天決行
場所東京都府中市
集合 現地 13:00 ※参加者には地図をお送りします
参加費1,500円 JMRA会員1,000円 現地にて集金
募集定員15名 定員に達し次第締切 定員に達したため締め切りました
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9130-3489(網野)
特記事項市街地で駐車スペースが少ないため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。