イベント&お知らせ

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

静岡/天然林の中を歩いてみよう【終了しました】

天然林とは、人の手を借りずにできあがった森林のことです(天然林に対し、人間が杉や桧を育てている森林のことを人工林と言います)。地元の林業家に案内して頂きながら、標高1000mあたりから1700mあたりまでを歩き、天然林のなかでもほとんど人の手が入っていない奥山を目指します。樹齢数百年のブナをはじめとする様々な広葉樹を観て、林業家の解説を聞きながら新緑の山を1日かけて歩き、天然林の中に満ちているエネルギーを感じてみてください。

Photo_2
↑クリックすると動画に飛びます。

日時4月20日(土)8:00~19:00(予定)雨天中止(小雨なら決行)
場所静岡市葵区梅ヶ島
集合 8:00 JR 静岡駅(集合場所から登山口まで車で約1時間半移動します)
参加費4,000円 会員3,500円 現地にて集金 ※ 静岡駅から登山口までの移動費用や保険代も含みます
募集定員25名 締切3月29日(金)定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先090-9545-5135(佐藤)
連絡事項山道を歩きますが、安全なコースを選んでいますので、専門的な装備は不要です。昼食と飲み物は各自持参して下さい。小さなお子様はご遠慮下さい。中学生以上の方に限定させて頂きます。当日は、念のために携帯用トイレなども準備する予定ですが、経験者のお話によると、山を歩いている最中は発汗するためかトイレに行きたくなることは少ないようです。道中に梅ヶ島温泉という温泉街もあります。ツアーとしては日帰りの計画ですが、そこで1泊して頂くことも可能です。

2013年4月13日 (土)

群馬/大間々の町並み見学~町家・食文化・醸造文化・芝居小屋を探索する【終了しました】

足尾銅山の銅を江戸に運んだ「あかがね街道」。かつて大間々はその宿場町として、また地域経済を支える商業の町として栄えました。今も近江商人が興した醤油醸造の商店や造り酒屋など歴史ある建物が多く残っています。 ご案内は、街並み保存に取り組んでいる「三方良しの会」会長の松崎さん。取り壊しの危機を乗り越えた昭和12年築の芝居小屋「ながめ余興場」(回り舞台がある)や手作りで整備している「木桶を再利用した路地」も見学します。醤油蔵見学後に特製生醤油ソフトクリームなど、いかがでしょう。春爛漫、桜はまっさかり、守り続けている風習と街並み、食に出会える街へ出掛けてみませんか。

Img_0374
日時4月13日(土)※雨天決行
場所群馬県みどり市大間々町
集合 11:00大間々駅改札 集合
例:北千住駅8:52発りょうもう号5号~相生駅 乗換 わたらせ渓谷鐵道・間藤行10:32発~大間々駅10:51着
参加費2,500円(会員)、3,000円(会員外) (昼食込み)※施設見学料は別途実費となります。
内容11:00 大間々駅 →回り舞台のある「ながめ余興場」(入場料300円)→太鼓橋見学→12:30岡直三郎商店にて昼食→14:00 醤油蔵、河内屋木道(路地)見学→15:00奥村酒造、蔵屋敷、コノドント館など見学→16:30 大間々駅解散
募集定員25名 締切4月8日(月)定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレス、交通手段をお知らせください。
当日連絡先当日の連絡先:090-1126-6028(公文) ※連絡事項: 集合場所までの利用交通機関をお知らせ下さい。 車の方は、駐車場の地図を送付します。 中学生以下のお子様の参加ございましたらお知らせください。


 

2013年4月12日 (金)

東京/金曜麹町倶楽部(4/12)【終了しました】

金曜麹町倶楽部は講師の方を招き、料理やお酒を飲みながら気楽にお話を聞く会です。今回は会員の中目智子さんを迎えてお話を伺います。
中目さんは、昨年東大塚の民家を利用したギャラリーの2階に部屋を借り、会員とともに修復してきました。その場を活用し、今年から英語塾を始めました。テーマは「英語で伝える日本」。中目さんがここを選んだ理由は、日本の文化が詰まった民家が最適と考えたからだそうです。「外国人と話すと決まって聞かれるのが自分のことと日本の事。そこから自分は改めて日本の文化、日本の良さを考えるようになった。日本人は英語が苦手と思う人が多いですが、先ずは私たちが『英語で伝える日本』を知ること、そして『英語のしくみとコツ』を知れば以外に簡単」と中目さんは言っています。今世界が注目している日本の文化。私たちに内向きにならず、外国の人々と気楽にコミュニケーションするきっかけを教えていただけるものと期待しています。(主催:民家再生技術部会)

日時4月12日(金)19:00~21:00
場所日本民家再生協会事務局(JR市ヶ谷駅、有楽町線麹町駅)
参加費2,000円(料理、飲み物込(一部別途)) 現地にて集金
募集定員15名 定員に達し次第締切
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレスをお知らせください。
当日連絡先03-5216-3541(JMRA本部事務局)

2013年4月 3日 (水)

第6回 日本民家の美術展【終了しました】

民家、そして民家のある風景は、日本人のこころをときめかせます。そこには、長い時を経て創られてきた民家の美と文化があります。この度、この「民家の美」をテーマにした美術展を横浜市大倉山記念館とタイアップして開催することになりました。絵画・写真・映像、古材で作った造形物や家具、模型、さらには日本の伝統工芸の粋ともいえる大工仕事の実演と共に仕口、木組みや古民具・建具なども展示します。多くの方々にご覧いただければと思います。
Bijutu6_2

【開催案内】

会期2013年4月3日(水)~14日(日)11:00~17:00 ※8日(月)は休館
会場横浜市大倉山記念館 ギャラリー&ホール(横浜市港北区大倉山2-10-1)

【同時開催イベント:講演&実演】

内容「古民家に暮らす・・・その楽しみと課題」
綱島古民家(横浜市指定文化財)所有者飯田氏による講演
日時4月7日(日)13:30~15:30
会場横浜市大倉山記念館 ホール

内容「民家の肌理(きめ)・・・伝統木工技術の美」
民家の学校長横川氏の講演と宮大工棟梁吉川氏の実演
日時4月14日(日)13:30~15:30
会場横浜市大倉山記念館 ホール

※いずれも入場無料。先着80名。