イベント&お知らせ

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

千葉/「魅力再発見!!千葉さんぽ」in 長生【終了しました】

千葉の魅力を掘り起こす、民家フォーラムプレイベント第2弾!今回は、千葉の真ん中、長生郡地域を掘り下げます。最初に向かうのは、長南町にある「笠森観音」です。こちらでは、日本唯一の構法「四方掛造り」で建てられた重要文化財の「観音堂」に登ります。つぎに向かうは、昭和53年まで、スイス大使館として使用され長柄町に移築された、数寄屋建築「翠州亭」で、こちらでお食事をします。最後には、茂原の町に”ぽつりぽつり”と残された昭和初期の建物を探して歩きます。終了後は懇親会もありますよ!築250年の建物で千葉の新鮮な魚とお酒はいかがでしょう?

Photo_2
笠森観音

日時3月30日(土)10:00~16:00
場所千葉県長生郡長南町・長柄町・茂原市
集合 10:00 茂原駅南口<参考>東京9:00(特急わかしお3号)-茂原9:54/東京8:21(総武線快速)-千葉9:06 9:10(外房線・安房鴨川行)-茂原9:49
参加費4,000円 会員3,500円(昼食代含む) 現地にて集金 ※ 現地までの交通費、懇親会費は含まず
内容10:00 茂原駅南口集合→10:30 笠森観音見学→12:00 移動→13:00 翠州亭→14:00 移動→14:20 茂原さんぽ→16:00 解散
募集定員30名 締切3月18日(月) 3月27日(水)
申込先本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレス、交通手段、懇親会参加の可否をお知らせください。
当日連絡先090-4732-7025(保川)

2013年3月 9日 (土)

東京/民家活用の先輩に学ぶ(第2回)…あきる野の穀物蔵を和風料亭に【終了しました】

「民家活用の先輩に学ぶ」第2回は、あきる野市で古い蔵を再生し、その料理と雰囲気で、今や大人気の「燈々庵」で昼食を楽しんだ後、経営者の高水謙二氏のお話をうかがいます。 高水氏は、民家の所有者から賃借した建物の再生から、料亭としての企画、運営まで総合的にプロデュースしている民家再生、活用のプロフェッショナルです。JMRAでは過去にも紹介し、ご講演もいただいていますが、ますますお店の魅力に磨きがかかり、高水さんの活動の場も広がっています。 「燈々庵」は、江戸期より十七代続く旧家の邸宅敷地内の大きな土蔵を再生し、ギャラリーを併設した料亭として活用しているものです。今回は、江戸中期の建築といわれる母家の座敷も講演会場として使わせていただきます。 「燈々庵」をはじめ3店の実績がある高水さんの、歴史ある日本家屋を永続的に活かしたいという思いと、所有者との信頼関係に基づいた共働事業の実際を語っていただきます。名店の料理と雰囲気を楽しみたい方も、数ある飲食店の古民家利用のなかでも成功されている秘密を知りたい方も、ぜひご参加ください。

日時3月9日(土)11:30~16:00 雨天決行
場所東京都あきる野市小川633
集合11:30拝島駅(JR・西武拝島線 ) の西武線側ロータリー
内容11:30~12:00 マイクロバスで「燈々庵」に移動 12:00~13:30 「燈々庵」で懐石料理 14:00~15:00 旧家母家でセミナー 15:00~15:30 旧家母家および「燈々庵」を散策 15:30~16:00 マイクロバスで拝島駅に移動、解散
参加費6,000円 会員5,500円(懐石料理の食事代込)現地にて集金。(※ 当日キャンセルの場合は、別途、参加費を徴収させて頂きます。)
募集定員30名 締切2月20日(水)定員に達し次第締切 定員に達したためキャンセル待ちの受付となります。
申込先本部事務局( こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、氏名、電話、ファクス、メールアドレス、マイクロバス利用の有無をお知らせください。
当日連絡先090-6929-1603(仙石)

2013年3月 1日 (金)

高知/日本建築研鑽会 高知講座 土佐材産地見学ツアー【終了しました】

各地の作法に学ぶ日本建築研鑽会を高知で開催します。森林率が84%で日本一の高知県は、銘木材として知られる魚梁瀬杉や土佐漆喰など民家の素材の宝庫です。今回は林産地のほか、打刃物や漆喰の製造工程の見学など盛り沢山です。高知県から旅費の補助がうけられる予定ですので、ぜひこの機会にご参加ください。近畿、首都圏以外からの参加も可能ですので、ご相談ください。

Dsc_0048 Dsc_0053

日時3月1日(金)~2日(土) 雨天決行
場所高知県高知市、馬路村他 
集合9:10 高知龍馬空港到着ロビー
<参考>JAL1483便7:40羽田発→9:00高知着、ANA1603便8:20伊丹発→9:10高知着
内容 (1日目)県森林技術センター見学後、古民家レストランで昼食。午後は打刃物、土佐漆喰見学。懇親会後、ホテル泊。(2日目)魚梁瀬杉林産地、製材所、銘木店、重伝建・土居郭中の見学。18:00ごろ高知空港にて解散。JAL1492便19:05高知発→20:25羽田着 ANA1616便19:10高知発→19:55伊丹着
参加費59,000円 会員57,000円 登録事業者55,000円(航空運賃、宿泊、2日目の朝昼食、バス代を含む。)
※申込と同時に参加費を下記に振り込んでください。締切日以降のキャンセルは、キャンセル料が発生する場合があります。
郵便振込:00190-0-396443 日本民家再生協会
銀行振込:みずほ銀行麹町支店 普通1783193日本民家再生協会
募集定員20名 締切1月31日(木)定員に達し次第締切
申込先本部事務局( こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)に、イベント名、参加者1名ごとに住所、氏名、年齢、性別、所属、電話、ファクス、メールアドレス、懇親会参加の有無を明記のうえ、お申し込みください。
当日連絡先090-1126-6028(公文)
特記・現地での移動は両日とも貸切バスとなります。
・1日目昼食代、懇親会は別途実費となります(6,000円程度)。
・宿泊は男女別ツインルーム2~3名使用となります。
・本イベントは高知県の土佐材産地見学ツアー補助を受ける予定ですので、土佐材の使用に関心のある建築関係者及び建築主の方が対象となります。
・参加費のうち交通宿泊費について高知県から約半額の補助がある見込みです。
・申込みが定員を超えた場合は登録事業者優先とさせていただきます。