イベント&お知らせ

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

埼玉/民家の学校・オープンスクール2012(3)
民家de火熾(ひおこ)し 古代発火法に挑戦【締め切りました】

オープンスクール第三弾は火熾しです。古代発火法実践の第一人者、岩城正夫先生の指導でキリモミ式火熾しに挑戦。埼玉県所沢にある農園付き古民家を借り、熾した火でカマド、囲炉裏、五右衛門風呂に点火。ごはんを食べたり、お風呂にはいったり、広い畳部屋で昼寝したり、ちょっと昔の暮らしを体験してみます。

古代発火法を習得すると……
・ユニークな特技として人に披露できる/・原始人の気持ちが少しわかる/・電気がこなくてもあわてなくてすむ/・どこでも生きられる自信がつく/・なによりも楽しい

岩城正夫先生のプロフィール
1930年東京生まれ。大学卒業後、中学教師、雑誌編集者、学会事務局員、高校教師などを経て大学教師に。2001年和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長

Fire2_2
Corot01Corot02
会場の農園付民家Corot(コロット)

日時7月29日(日)10:00-16:00ごろ 雨天決行
場所農園付民家Corot(コロット、埼玉県所沢市山口2040)
西武狭山線下山口駅下車。電車の本数が少ないのでご注意ください。
集合下山口駅改札 9:30
参加費3,500円 会員2,500円(昼食費込)別途道具代として2,000円
持ち物木工用カッターナイフかクラフトナイフ、エンピツ、道具持帰り用袋(30cmのベニヤ板が入る)、飲み物(熱中症予防のため)タオル石鹸などお風呂セット一式(入浴希望者のみ)、帽子、日焼け止め、虫除けスプレーなど適宜
募集定員30名 締切7月25日(水)定員に達し次第締切
※ご家族参加歓迎ですが、乳幼児を連れての参加はできません。小学4年生からご家族で参加できます。1人で参加できるのは中学生以上です。火を扱う講座のため危険を伴います。対応は自己責任といたしますことをご了承ください。
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、参加者全員の氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください。こちらのフォームもご利用ください)
当日連絡先080-6519-7089(遠藤)

2012年7月26日 (木)

長野/「渡辺桐子さんの生き方・ここだけの話」&八ヶ岳の民家を巡る旅【締め切りました】

都市から田舎の民家に移り住んでいる人のもとを訪ね、その楽しさや苦労、民家に住む秘訣など「ここだけの話」を聞く、文化企画部会の新企画です。記念すべき第1回は、愛犬のために横浜市から長野県南佐久郡川上村に移住した実業家かつ百姓という渡辺桐子さん(73才)を訪ねます。

川上村は四方に山々が連なる秩父多摩甲斐国立公園の一角を占め、標高1200mの高原に広がる自然豊かな村です。この村は川上犬(純粋日本原種・県天然記念物)と高原レタスの産地として全国的に有名です。縁あり川上村と川上犬とに出会った桐子さんは、1998年(平成10年)自ら探し求めて福島南会津にあった築120年の茅葺き曲り家をこの地に移築再生します。かつては馬との共同生活の場であった曲り屋を愛犬との生活の場としたのです。敷地は2000坪、後背地の岩肌を刀で削ぎ落としたような山脈と茅葺き古民家、そして庭とが一体となって素晴らしい雰囲気を醸し出しています。

一方、日本一のレタス産地である川上村に住み始めた桐子さんは、価格調整で大量に廃棄されるレタスを見て持ち前の「もったいない精神」をもたげ、レタス健康ジュースやレタス漬け物を開発・商品化するなど起業家としての手腕を発揮、地域との交流や村の発展にも尽力をそそいできました。現在は自ら出資・企画した宮澤賢治原作アニメーション映画「グスコーブドリの伝記」のプロモーションで全国を飛び回っています。また、瀬戸内寂聴さん等とも長年にわたり親交するなど実に多才でパワフルな魅力にあふれた女性です。

このような渡辺さんから民家に住む楽しさや秘訣、苦労話そして人生観など「桐子さんの生き方・ここだけの話」を、茅葺き古民家に身を置きながらじっくり聞かせていただきます。なお、ご自宅は一般見学できませんので、この機会に是非ご参加ください。

2日目は、八ヶ岳の古民家やJMRA会員の再生民家を見学、昼食は『民家』81号で紹介された「草至庵」を予定しています。

※アニメーション映画「グスコーブドリの伝記」は7月7日全国ロードショーされます。この映画は、自然と共に生き、人を想うことの素晴らしさをテーマにしたもので、自ら実践する渡辺桐子さんの人生感そのものを表現しているともいえる映画です。機会がありましたら是非ご覧ください。

※宿泊予定のせせらぎの里・町田市自然休暇村は、標高1500mの秩父多摩甲斐国立公園内に位置し、周囲を唐松・白樺などにおおわれ、千曲川源流・梓川が流れる広大な敷地内にあります。豊かな自然の中でゆったりとご滞在ください。

日時7月26日(木)-27日(金)雨天決行
場所長野県南佐久郡川上村、八ヶ岳周辺
集合・日程26日12:00森の交流館(川上村林業総合センター)集合、川上犬鑑賞、昼食→渡辺邸→せせらぎの里 町田市自然休暇村 宿泊 27日9:30出発→八ヶ岳の民家見学
参加費14,000円 会員12,000円 ※イベント参加費、宿泊代(1泊2食)。飲み物代・昼食は別途実費。
※申し込みと同時に下記へ参加費をお振り込みください。
郵便振替00190-0-396443日本民家再生協会 振込用紙に「ここだけの話」と記入。
7月19日以降はキャンセル料が発生します。
都内からレンタカー乗合を希望される方は、参加費に6,000円を追加して(会員外20,000円、会員18,000円)お振り込みください。
募集定員35名 締切7月17日(火)定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局(info@minka.jpまたはファクス03-5216-3542に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先080-6510-3510(長谷川)、090-7171-3284(佐々木)
特記人数に余裕がある場合は、渡辺邸見学のみの参加を受け入れます(締切日以降に決定)。参加費3,000円 会員2,000円 現地にて集金

2012年7月21日 (土)

長野/佐久の再生民家見学会【定員に達しました】

およそ130年前に建築された養蚕農家の現地再生事例です。創建時存在していたと推測される吹き抜けを復元し、地域独自の工法である葦小舞による土壁を建築主が手掛けるなど、創建当時の雰囲気に近づけながらも、鉄骨階段・クッキングストーブなど現代的な感覚を盛り込んだ再生事例を紹介します。

日時7月21日(土)13:30-15:30 雨天決行
場所長野県佐久市
集合現地 13:30〈参考〉新幹線:佐久平駅から徒歩3.1km(所要時間38分)、八ヶ岳高原線(小海線):北中込駅から徒歩2.39km(所要時間29分)
参加費1,500円 会員1,000円 現地にて集金
募集人定員15名 締切7月13日(金)定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレスをお知らせください)
当日連絡先090-9130-3489(網野)

2012年7月14日 (土)

埼玉/深谷にレンガ蔵のまちなみを訪ねる【締め切りました】

 旧中仙道の宿場町として栄えた深谷は、明治の近代産業育成に貢献した渋沢栄一が生まれ、日本最初期の機械式煉瓦製造工場を起こしたまちです。そのため、まちのあちこちでレンガ蔵やレンガ製のうだつといった珍しい建物を目にすることができます。今回は東京から移築された栄一ゆかりの「誠之堂(国重文)」、「清風亭」を見学した後、JMRA会員でもある現地まちづくり団体さんの案内でまちなみを見学。レンガ造りの造り酒屋や、酒蔵を再生した映画館などが見所です。まちあるきの後は酒蔵を再生したスペースで地域活性化への取り組みなどをお聞きしながらの懇親会です。この機会に都心からもほど近い歴史的まちなみを再発見してみませんか。

Img_0672c Img_0676c
日時7月14日(土) ※雨天決行
場所埼玉県深谷市
集合JR高崎線深谷駅改札 13:15
参加費2,500円(会員1,500円) 現地にて集金
募集人数・締切日30名 7月6日(金) *定員に達し次第締切
申込先日本民家再生協会事務局(Eメールinfo@minka.jp 、ファクス03-5216-3542)まで、参加者1名ごとに氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレスを明記のうえ、お申し込みください。
当日連絡先090-1126-6028(公文)
特記現地での移動費(コミュニティバス、タクシー分乗)、施設見学料、懇親費用は別途実費となります。