イベント&お知らせ

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

長野/民家再生ここだけの話「蔵に暮らす」 信州スタイル第二弾(終了)

民家を再生しようと考えている方にとって、民家再生について書かれた本を何冊も読んでも、専門家のアドバイスをいくら聞いても、疑問点が次々出てきて、なかなか不安が解消されないようです。実際に再生を体験された建て主の方に、ざっくばらんな話を一度聞かせていただくことで、目からウロコが落ちるかもしれません。
今回の「ここだけの話」は、蔵に暮らす方2名。移築再生された蔵に住むご家族と、現地再生された蔵に暮らす方にお話を伺います。

日時4月23日(土)*雨天決行
午前 移築再生の話 10:00-11:30 塩尻市
午後 現地再生の話 14:00-15:30 諏訪市
場所長野県塩尻市、諏訪市
集合車で参加の方は現地集合。地図を送付します。
JR利用の場合 午前 移築再生の話 塩尻駅9:30 午後 現地再生の話 諏訪駅13:30
〈参考〉JR新宿発(特急スーパーあずさ1号)6:30→塩尻着9:30 JR新宿発(特急あずさ13号)11:00→下諏訪着13:23
参加費1講座2,000円 会員1,500円 2講座3,000円 会員2,000円 現地にて集金
※変更しました。参加費の一部を、東日本大震災救援金として寄付させていただきます。
募集人員・締切20名 4月20日(水)定員に達し次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-4018-8996(小笹)
特記2講座通しで参加される方には昼食を用意します(昼食代は各自負担) 。

2011年4月 2日 (土)

【延期】埼玉/足袋蔵を活用した行田のまちづくり見学

【延期】このイベントは、東日本大震災の影響で延期します。新しい日程は決まり次第ご案内します。

行田と言えば足袋。全国に名を知られた足袋の産地。この足袋に関連した蔵や店、工場の古い建物がたくさん残っています。これをまちづくりに生かそうと頑張っている地元NPO「行田足袋蔵ネットワーク」の協力を仰ぎ、これらの建物の見学散策を企画しました。蔵屋敷を活用した蕎麦屋でお蕎麦や名物ゼリーフライも味わえます。地元NPOとの交流会も予定しています。埼玉県名の元「さきたま古墳」や今秋公開予定の映画「のぼうの城」の忍城などもあり、ブレイクの予感のする街です。早起きに自信のある方は、急いで見てきてもよいかも。どちらも花見の名所です。とにかく、今回の散策だけでも見ごたえ十分、是非ご参加ください。終了後、造り酒屋の蔵を使った居酒屋で希望者による懇親会も予定しています(別途費用)。

日時4月2日(土)10:30-16:30
場所埼玉県行田市
集合足袋蔵まちづくりミュージアム(秩父鉄道行田市駅徒歩5分)10:30
〈参考〉JR高崎駅から秩父鉄道(羽生方面)に乗り換え2駅目、行田市駅下車(JR行田駅と間違わないようご注意ください)
内容10:30見学ツアー開始 12:00蔵の蕎麦屋で昼食 13:00のこぎり屋根の工場など見学ツアー 15:00まちづくりミュージアムに戻り講演、交流会 16:30終了、解散予定 希望者で懇親会(別途費用)
参加費3,000円、会員2,500円(ガイド料、講師謝金、昼食代を含む)現地にて集金
募集人員・締切30名 3月22日(火)締切 定員に達し次第締切
問合せ・申込先本部事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-8108-5182(岩瀬)
特記昼食休憩時、希望者は藍染体験可能(800円)。懇親会参加者は別途自己負担(3,000-4,000円を予定)
企画民家活用部会