イベント&お知らせ

« 東京/世田谷の民家再生見学会(終了) | メイン | 栃木/宇都宮の再生民家見学会(終了) »

2011年3月 5日 (土)

静岡/鏝絵の長八となまこ壁の町・伊豆松崎を訪ねる(終了)

松崎町は、鏝絵の創始者とも言われる「伊豆の長八」の生まれ故郷であり、なまこ壁の町並みでも知られています。長八は江戸から明治にかけて活躍しましたが、東京にあった作品の多くは関東大震災で失われ、伊豆に残るものが今、その偉業を伝えています。 1日目は、長八の作品をたっぷりご覧いただきます。長八美術館(設計・石山修武)は左官技術の粋を結集した評価の高い建築で、長八の代表作品約50点を展示しています。岩科(いわしな)学校は明治の擬洋風建築で、千羽鶴の漆喰壁などが見られます。長八記念館には、有名な龍の天井画などがあります。また、宿泊する山光荘(温泉あり)には、長八が手がけた座敷蔵があります。 2日目は、地元の案内でなまこ壁の町並みを巡ります。解散後は、各自、堂ヶ島、黄金崎、恋人岬など早春の西伊豆を楽しんでください。

_edited_2
浄感寺の長八の彫り物
Photo_4
岩科学校
Photo_6
なまこ通り
Photo_7
恋人岬からの眺め
日時3月5日(土)・6日(日)
場所静岡県賀茂郡松崎町
場所長八の宿 山光荘(宿泊の旅館)12:30
〈参考〉JR東京発8:56(こだま641号)→三島着9:54 乗換 三島駅発10:15(西伊豆特急バス)→長八美術館着12:25→山光荘(徒歩3分)
内容1日目、山光荘にて昼食後、長八美術館、岩科学校、長八記念館(浄感寺)を見学。山光荘にて夕食懇親会。
2日目、まちづくりの勉強会の後、なまこ壁の町並みを見学。11:00解散後、自由行動。
参加費宿泊参加16,000円(会員15,000円。宿泊費、1日目の昼夕食・2日目の朝食代、入館料を含む) 1日目のみ参加4,500円(会員4,000円。1日目の昼食代、入館料を含む)
*宿泊参加者は、申込と同時に下記へ参加費をお振込ください。通信欄には「松崎イベント」とご記入ください。なお、3月1日以降のキャンセルは返金できません。
[郵便振込]口座番号:00190-0-396443 加入者:特定非営利活動法人 日本民家再生協会
1日目のみ参加者は、当日現地にて集金。
*1日目の現地での路線バス代(長八美術館→岩科学校の往復バス代400円)は各自ご負担ください。
募集人員・締切日宿泊参加20名、1日目のみ参加10名。2月15日(火)締切 *定員に達し次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-1126-6028(公文),090-3235-1446(清沢)
特記車での移動となりますので、車で参加される方は同乗をお願いする場合があります。申込時には必ず交通手段をご記入ください。宿泊は、男女別の相部屋となります。
企画民家まちづくり部会