イベント&お知らせ

« 2010年12月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

東京/世田谷の民家再生見学会(終了)

都心の住宅地で民家に暮らすという想いを叶えたKさん。移築とまではいかなくても、青森の民家の構造体を活かし、大黒柱や梁を使った広い吹き抜けや以前からお持ちの階段箪笥や薬箪笥、船箪笥が居場所を得て、一瞬、ここはどこかと錯覚を起こすほどです。また学者さん一家の常として、その蔵書の数も半端でないため、収納の工夫も見事です。
当日は、施工を行った青森の棟梁にもお話を伺います。
すでにご家族で住まわれており、セキュリティ上、住所や案内図は出しませんので、集合場所と時間は厳守願います。
なお、どうしてもこの時間は無理という方で、家だけでも見学したいという方は、祐天寺駅改札口に17:50に迎えにいきます ので、その旨申し出てください。

日時2月25日(金)15:30-18:30(終了後近くの居酒屋で懇親会を予定。会費実費)
集合東急東横線 祐天寺駅改札口 15:00(時間厳守)
参加費1,500円 会員1,000円(懇親会費別途)
募集人員30名 2月23日(水)*定員になり次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、懇親会の出欠の有無をお知らせください)
当日連絡先090-8088-7999(安井)
企画文化企画部会

2011年2月19日 (土)

石川/日本建築研鑽会 金沢講座「加賀百万石・金沢数寄屋の雅にふれる」(終了)

民家再生若き担い手の会(JMRA U-50)が企画運営を行う、専門家向け連続講座「日本建築研鑽会」の本年度最終回、金沢講座をご案内します。
今回の見どころは加賀百万石の雅を今に伝える「成巽閣(せいそんかく)」。当主前田家の奥方御殿として建てられた建物の随所に、京都文化の影響を受けつつ発展した独自の文化が息づいています。その他にも戦前の建物が残る茶屋町ほか金沢市内の数寄屋を見学します。

日時2月19日(土)〜20日(日) 13:00
集合JR金沢駅1階改札口12:30(昼食を済ませて集合してください)
参加費登録事業者5,000円 会員7,000円(交通費、宿泊費は含まず)
内容1日目:金沢駅13:00→松声庵(茶室)→主計町茶屋街→東山茶屋街(懐華楼、志摩(重文))17:30終了予定 懇親会(有志、会費5,000円を予定)
2日目:金沢ニューグランドホテル9:00→登録事業者越島工務店施工のギャラリー見学→成巽閣(清香軒、清香書院)→中村記念美術館(耕雲庵、梅庵、旧中村邸)13:00終了予定
募集人員25名(会員限定)*定員になり次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-2129-7068(越島)、090-3348-4348(久保)
特記事項宿泊は、各自手配をお願いします。
企画民家再生若き担い手の会

2011年2月 5日 (土)

長野/冬の信州の暮らし 信州スタイル第一弾(終了)

今年、信州民家の会では「信州スタイル」と名づけてイベントを企画していきます。今回は、その第一弾として冬の暮らしを体験します。
長野県上水内郡小川村は、北アルプスを望む山村集落で周辺地域を合わせ西山地区と呼ばれています。この地域の民家には、長野県では珍しい屋根に御幣(おんべ・ごへい)を取り付けているのが特徴です。
築200年以上の古民家に暮らす吉田邸を訪ね、餅つき、囲炉裏端での藁細工造りを体験します。また村内外の民家4軒を訪問し冬の暮らしを見聞します。

日時2月5日(土)〜6日(日) 1泊2日
場所長野県上水内郡小川村
集合小川村高府吉田邸 11:15 申込者には地図を送付します。
〈参考〉JR東京発(長野新幹線あさま号)8:36→長野着10:18 JR長野駅東口5番バス乗り場10:40発(川中島バス・特急長野大町線)→小川新田11:13着
帰りは長野駅までお送りします。
内容5日:吉田邸11:00-15:00(昼食含む)餅つき・囲炉裏端で藁細工作り体験。15:30-大沢邸見学。17:00-冬の北アルプスを望む宿「林りん館」へ。河辺寛之さん(JMRA会員)による有機農法のスライドや冬の暖房方法・古民家セルフビルドの紹介など。薪ストーブを囲み夜を楽しみます。
林りん館: http://www.rinrincan.com/
6日:朝食後、近くの改修民家周辺の散策。村内の再生民家2軒を訪問。12:00小川村にて昼食(やきもち他)。13:00-セルフビルドで再生に取り組んでいる古民家を見学。15:00現地解散。一部天候等により予定変更があります。
参加費12,000円(子ども8,000円)、会員10,000円(こども7,000円)1泊夕・朝食・宿泊費・資料代等諸費用込み。2日目の昼食代は各自負担。
*申込と同時に下記へ参加費をお振り込みください。通信欄に「信州イベント」とご記入ください。なお、2月3日以降のキャンセルは返金できません。
郵便振替00190-0-396443 特定非営利活動法人日本民家再生協会
募集人員25名(会員限定)*定員になり次第締切
問合せ・申込先JMRA事務局( info@minka.jp またはファクス03-5216-3542に、氏名、所属、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、メールアドレス、交通手段をお知らせください)
当日連絡先090-8329-2890(峯村)
特記事項宿泊は男女別の相部屋となります。
企画信州民家の会