民家バンク

民家バンクは、「民家を譲りたい」という方と「民家を譲り受けたい」という方の“縁結び”の役割を果たすものです。ここに紹介する情報は、「民家を譲りたい」という方からの情報を、当協会が現地調査し登録したものです。建物は無償提供ですが、民家バンク利用料(情報料)、解体費、運搬費がかかります。

※民家バンクでは、移築再生を前提とした民家の情報を提供しています。なお、民家の所有者が土地売却も考えている場合は「土地売却可」と表示しています。

※民家バンクに所有民家の登録をご希望の場合は、JMRA事務局まで、電話(03-5216-3541)、またはお問い合わせ専用フォームでお問い合わせください。資料とお申込み用紙を郵送させていただきます。

必ずお読みください

詳細情報の請求とご見学
民家の引取りについて

建築面積検索

20坪未満 29坪まで 39坪まで
49坪まで 59坪まで 69坪まで
79坪まで 80坪以上

2016年9月30日 (金)

【新着】飛騨天満宮 社務所登録番号A160902

A160902 大黒柱は285㎜のヒノキ、その他の柱にもヒノキを使用。差し鴨居はスギ。50年前に下呂市から移築され、現在は増築部分とともに社務所として利用されている。千本格子建具、飾り欄間、胴差一本は再利用のため、引き渡し不可。※提供期間:2017年2月末まで
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様トタン葺き
一階床面積48.75坪
二階床面積48.75坪
延床面積97.5坪

内観写真はこちらから »

2016年9月13日 (火)

【新着】新潟十日町の民家登録番号A160901

160901-1 大黒柱は210㎜のケヤキ、差し鴨居もケヤキ。雪国ならではの造りで、太い柱・梁が使用されている。また、雪の重みをしっかり受け止められるよう、せがい造り(柱から腕木を出した、しっかりとした軒下)となっている。外壁は板張り。土地売却可。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様亜鉛メッキ鋼板
一階床面積49.49坪
二階床面積22.49
延床面積71.98坪

内観写真はこちらから »

2016年7月13日 (水)

太白の家登録番号A160702

A-160702 漆塗りの大黒柱はケヤキ300㎜角、その他の柱にもケヤキを使用。明治期に移築された民家で、縁側ガラス戸も当時のまま。軒差しは深く、再生後もそのまま気持ちの良い空間として活かしたい。母屋のほか、納屋(19.5坪)、土蔵(約9坪)がある。土蔵の腰には秋保石(地元の大谷石)が積まれている。
築年数120年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積63.2坪
二階床面積
延床面積63.2坪

内観写真はこちらから »

2016年7月 1日 (金)

宇都宮の町家登録番号A160701

A160701 大黒柱は300mmのケヤキ。差し鴨居は140×270mmのマツ。小屋裏は改修の形跡あり。腰壁の一部は大谷石積みなので、解体再生後は床石として使用しても良い。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様トタン葺き
一階床面積53坪
二階床面積
延床面積53坪

内観写真はこちらから »

2016年4月26日 (火)

埼玉熊谷の民家登録番号A160401

160403 大黒柱は215mm角のケヤキ、差し鴨居は125×220mmのマツ。土間式台はケヤキ、縁側板はヒノキ。外部建具などはアルミサッシに変更され、1階北側に増築部分あり。床下は乾燥しており、建物は総じて状態が良い。1階座敷部分は天井高があり、住宅のほか飲食店等への改装にも適している。
築年数90年程度
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積50坪
二階床面積24坪
延床面積74坪

内観写真はこちらから »

2016年3月31日 (木)

中能登の民家Ⅱ登録番号A160303

A160303中能登の民家 大黒柱は150mm角のスギ。差し鴨居は300×125mmのマツ。典型的な中能登の民家で、小屋組みは地マツの丸太梁。建物の高さは低めで住宅としても再生しやすい。主屋の他、蔵や納屋も利用可能。朱塗りの綺麗な板戸はそのまま活かしたい。土地売却可。
築年数100年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積78坪
二階床面積17坪
延床面積95坪

内観写真はこちらから »

中能登の民家Ⅰ登録番号A160302

A160302中能登の民家 大黒柱は180mm角のスギ。その他の柱にもスギを使用。差し鴨居はマツ300×135。典型的な中能登の民家で、地マツの丸太でダイナミックに組まれた梁組みは、この家の見どころとなっている。規模が大きいため、生活や用途にあわせて減築や2棟に分ける再生も検討できる。土地売却可。
築年数100年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積60.5坪
二階床面積
延床面積60.5坪

内観写真はこちらから »

2016年2月 4日 (木)

愛知美浜の民家と蔵登録番号A160101

A160101-1 大黒柱は200mm角。古い構造材はしっかりとしている。土蔵を角に部屋がL字型に配置された間取りが特徴。建具も改修されず建て付けの良い状態で保存されており、大戸もそのまま残る。住宅のほか、ノスタルジックな雰囲気を活かした店舗などにも利用が考えられる。土地売却可。
築年数100年程度
階数平屋(蔵部分は2階建)
屋根仕様瓦葺き
一階床面積68.6坪
二階床面積6.5坪
延床面積75.1坪

内観写真はこちらから »

2015年12月24日 (木)

秋田湯沢の蔵登録番号A151201

151201小屋組 柱はスギまたはクリで180mm角。小屋裏部分が3階になっており、3階のある蔵は、この地方でも珍しい。内部状態は良好だが、蔵戸は修理などが必要。
築年数120年程度
階数3階建
屋根仕様その他
一階床面積21坪
二階床面積21坪
三階床面積21坪
延床面積63坪

内観写真はこちらから »

2015年11月25日 (水)

【新着】石川小松の蔵登録番号A151101

A151101内観(牛梁・垂木) 柱は120mm角のヒバ。牛梁は地マツ、太垂木はヒバ、またはアテ(能登ヒバ)。内部は、材の香りが残り状態は良好。蔵戸は金具意匠も作りも良い。土地売却可。
築年数70年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積7.5坪
二階床面積7.5坪
延床面積15.0坪

内観写真はこちらから »

2015年8月 7日 (金)

茨城稲敷の民家登録番号A150801

01 大黒柱は290mm角のケヤキ。その他の柱にもケヤキを使用。差し鴨居は地マツ165×360mm。大きな土間空間としっかしとした骨組みが特徴の民家。創建時のものと思われる板戸や障子も良い状態で保存されている。住居の他レストランなどの店舗利用にも向く。土地売却については、要相談。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積74.12坪
二階床面積
延床面積74.12坪

内観写真はこちらから »

2015年5月27日 (水)

静岡袋井の民家登録番号A150502

A150502-1 大黒柱は、270mm角のヒノキ、差し鴨居はマツ。小屋裏には中2階があり、登り梁や牛梁を見ることができる。また、二重に掛けられた梁なども再生の際にあらわしにすると面白い。傾きもなく堅固な造り。小規模な建物で、店舗などにも使いやすい。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積22坪
二階床面積4坪
延床面積26坪

内観写真はこちらから »

2015年3月24日 (火)

栃木芳賀の民家登録番号A150301

Dsc00837 大黒柱は240×260mmのケヤキ、その他の柱はスギを使用。差し鴨居はマツ。7間半の広い間口を持つ堂々とした民家で、丁寧な仕事の面皮長押や土間上部にあらわしになっているマツの2段梁など、見どころが多い。板戸、書院障子、欄間などの建具は当初のまま使用している。
築年数 160年程度
階数 平屋
屋根仕様 茅葺きの上にトタン
一階床面積 62坪
二階床面積
延床面積 62坪

内観写真はこちらから »

2015年2月17日 (火)

千葉いすみの民家登録番号A150203

Photo_3 大黒柱はスギ175mm角。丁寧に住まわれてきた民家で、傷みが少ない。土間には、かまどなどが、そのまま残されている。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積52.5坪
二階床面積
延床面積52.5坪

内観写真はこちらから »

2014年12月 5日 (金)

茨城常陸大宮の民家登録番号A141101

民家バンクA-141101 大黒柱は2本、ケヤキの330mm角。梁はマツの太鼓梁。土間から見える黒くなった梁組をそのまま活かして、開放感のある空間として再生するのがおすすめ。雨漏り数か所あり。新材での補修か所あり。土地売却可。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積59.3坪
二階床面積
延床面積59.3坪

内観写真はこちらから »

2014年11月21日 (金)

富山中新川の民家と蔵登録番号A141102

A141102-3 柱は120mm角のスギやヒノキ。信仰の山、立山の麓に建つ大きな民家。付属の大きな蔵2棟(約63坪と約42坪)も提供可。建具などの意匠には工夫が凝らされており、面白い。一部雨漏りあり。土地売却可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積95坪
二階床面積18坪
延床面積113坪

内観写真はこちらから »

2014年10月 3日 (金)

埼玉入間の民家登録番号A141001

R1028346 柱は100mm角のヒノキ、差し鴨居は180mm×360mmのマツ。三重の曲材太鼓梁と牛梁が屋根を支えている。増築部を撤去し、本来持つ立派な小屋組みと出桁を活かした再生がお勧め。一部雨漏りがあるので、早目の引き取りが望ましい。土地売却可。
築年数90年
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積29.6坪
二階床面積18.5坪
延床面積48.1坪

内観写真はこちらから »

2014年9月12日 (金)

千葉茂原の民家登録番号A140901

Img_1376 大黒柱は340mm×320mmのケヤキ、その他の柱は150mm角のスギ。差し鴨居はマツ。房総によくみられる農家づくりの民家。築年数は不明だが、昭和26年、この地に移築された。大きな曲がった梁が特徴的なので、生かして再生したい。建具や階段なども趣がある。
築年数不明
階数一部中2階
屋根仕様瓦葺き
一階床面積70坪
二階床面積17.6坪
延床面積87.6坪

内観写真はこちらから »

2014年8月 9日 (土)

新潟上越の民家登録番号A140704

P1040019柱はケヤキ200mm角、150mm角、スギ120mm角。差し鴨居はケヤキ。広葉樹の梁はこの家の魅力となっている。その他もしっかりとした材を使用しており、移築再生にも向く。スギ板戸なども趣があり、再利用可能。
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺きの上にトタン葺き
一階床面積53.43坪
二階床面積12坪
延床面積65.43坪

内観写真はこちらから »

2013年12月 4日 (水)

文政八年酉年建築松戸の民家登録番号A131103

Dsc_0711b 大黒柱は300㎜角のケヤキ。小屋組は曲りの強いマツ丸太を使用しており、土間からの見せ場となっている。土台の一部にシロアリの害が見られるものの、雨漏りもなく全体に美しい構造躯体。創建時の特徴ある構造を生かした再生も可能。建具の状態は良好。
築年数190年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き
一階床面積44.64坪
二階床面積
延床面積44.64坪

内観写真はこちらから »

2013年11月13日 (水)

三重松阪の民家登録番号A131102

Photo 大黒柱は150㎜角のケヤキ、その他の柱はヒノキ。差し鴨居はマツ。構造材は160年経てもしっかりしている。格子建具や階段箪笥、布団箪笥、垂木の美しい濡れ縁天井などが印象的。建具には一部破損あり。別棟茶室あり。土地売却可。
築年数160年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積54.5坪
二階床面積9.5坪
延床面積64坪

内観写真はこちらから »

2013年5月28日 (火)

千葉南房総の民家登録番号A130502

A1305021 柱は120㎜角のスギ、小屋組みはマツ。柱や梁は燻されていないため、比較的新しいものと思われる。田の字型間取りの小振りな民家。一部下屋に雨漏りあり。建具の再利用可。
築年数不詳
階数平屋
屋根仕様茅葺の上にトタン
一階床面積20坪
二階床面積
延床面積20坪


内観写真はこちらから »

2012年11月 5日 (月)

静岡浜松の民家登録番号A121002

Dscf0457 大黒柱は230㎜角のヒノキ、そのほかの柱にもヒノキを使用。。小屋組みはマツ。がっしりした起り(むくり)屋根が特徴。戦前の建物だが、一部増築部分あり。建具の再利用可。
築年数70年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積35.5坪
二階床面積22坪
延床面積57.5坪

内観写真はこちらから »

2012年10月16日 (火)

長野北安曇野の民家1登録番号A120901

Photo_2 大黒柱は270㎜角のケヤキ。土間からの上がり框に大断面のケヤキ。土間から見える2階の梁にもケヤキの化粧梁や差し鴨居を使用。この土間を魅力的な空間にするには、小屋の大断面水平梁組を見せるなど大空間としての活用がおすすめ。建具の再利用可。
築年数110年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積66坪
二階床面積32坪
延床面積98坪

内観写真はこちらから »

2012年7月11日 (水)

岡山井原の民家登録番号A120702

Photo 大黒柱は180㎜角のケヤキ、そのほかの柱はヒノキ。元呉服店の店舗併用住宅。土地売却可。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積28坪
二階床面積28坪
延床面積56坪


内観写真はこちらから »

2012年1月22日 (日)

新潟東蒲原の民家登録番号A120102

3 管柱は150㎜角のスギ、通し柱は180㎜角、差し鴨居にはアカマツを使用。水害にあい2階まで水に浸かったため、現地再生の場合はその対策が必要。建具も浸水したが一部利用可能。部屋が広いため、飲食店等への利用が考えられる。土地売却可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積88坪
二階床面積33坪
延床面積121坪


内観写真はこちらから »

2011年8月24日 (水)

栃木鹿沼の蔵登録番号A110701

11616_004_2 柱は120㎜角のスギ。立派な牛梁が特徴。また、外壁土壁に大谷石(厚60㎜)を張り付けてある。北側外壁が地震により剥落した。北側柱に腐食、またはムシによる被害あり。建具の再利用可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積6坪
二階床面積6坪
延床面積12坪

内観写真はこちらから »

2011年5月 2日 (月)

福島郡山の民家と蔵登録番号A110402

110402 大黒柱は200㎜角のスギ、その他の柱は100㎜角のスギ。差し鴨居はマツ。大きな欠損はない。使いやすい規模で、伝統的民家としての素朴な再生がおすすめ。風情のある板戸は魅力的。その他の建具も再利用可。
築年数120年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積63坪
二階床面積
延床面積63坪


内観写真はこちらから »

2010年11月 9日 (火)

山梨県都留市登録番号A100801

Web_100801_2 大黒柱は255×250ミリのヒノキ。小屋組みは登り梁形式で、チョウナ仕上げによる。上2階と呼ばれる3階部分をもつこの地域の典型的な民家。曲がり梁で組まれた2階床組は民家らしい趣を残す。小規模な移築再生に適している。建具の再利用可。
築年数180年程度
階数2階建
屋根仕様金属葺き
一階床面積46.4坪
二階床面積30坪
延床面積76.4坪

内観写真はこちらから »

2009年5月21日 (木)

岩手県花巻市登録番号 A061202

民家写真140~150ミリ角の松や栗の柱は手斧削り。梁は松で曲り材が多い。土間や板の間の壁は素手で直接塗られている。主屋のほかに18坪の板小屋と17.5坪の土蔵あり。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積84坪
二階床面積
延床面積84坪

埼玉県児玉郡登録番号 A050403

民家写真2階は養蚕の作業場として使用していたが、越し屋根は付いていない。大黒柱は8寸角のケヤキ。梁は松、ほかは杉。土台は傷んでいるが、ほかはしっかりしている。同敷地内に、約3坪と約10.5坪の平屋物置あり。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

石川県七尾市登録番号 A080101

民家写真大黒柱は210ミリ角のケヤキ。建具は細工が面白いものがあり再利用可能。土地売却も可能。
築年数90年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積91.2坪
二階床面積20坪
延床面積111.2坪

内観写真はこちらから »

山口県長門市登録番号 A991202

民家写真村の長の持つ由緒ある民家で、格式がある。材料が非常にしっかりしている。傷みが進んでいるのでできるだけ早い引取りを希望。
築年数250年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積86.4坪
二階床面積
延床面積86.4坪

山口県長門市登録番号 A991203

民家写真宮大工による造りの本格的茶室。柱85ミリ角、天井高1890ミリ。こざっぱりした、非常に落ち着く空間構造。傷みが進んでいるので早い引取りを希望。
築年数100年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

内観写真はこちらから »

山口県長門市登録番号 A991204

民家写真伊藤博文とゆかりがあり、すべてが端正である。2階小屋組が豪快で力強く、インテリアとしての利用が可能。傷みが進んでいるので早い引取りを希望。
築年数250年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

福岡県久留米市登録番号 A050903

民家写真部分的に増改築しているが、1階の座敷、土間から玄関にかけての架構材、天井板はしっかりしており、古色具合が美しい。屋根部分に傷みがあるため、早い引き取りを希望。
築年数90年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積38.5坪
二階床面積7.5
延床面積46坪

2009年1月 1日 (木)

★さらに多くの民家を検索したい場合は、都道府県検索、種類別検索を掛けてください。

JMRA民家バンクは、
「民家を譲りたい人」と
「民家を欲しい人」とを結ぶ活動です

「JMRA民家バンク」は、さまざまな事情で手放される民家を、日本の住文化として引き継いでいくシステムです。民家を譲りたい人から無償で民家の提供を受け、民家バンクに登録し、その情報を民家を欲しい人へ公開し、引き取り手を探します。
民家の価値を値段で判断しないという理念のもと、民家バンクに登録される民家は、規模、使用材の評価などにかかわらず無償提供としていますが、引き取り成立時には、民家の提供者に登録にあたっての民家調査費、引き取り手にバンク利用料をお支払いいただいています。これは民家の売買手数料ではなく、民家バンクの維持・運営費として使用されています。

民家の提供から利用まで

         
民家提供者からの情報受付
 ▼
民家提供者は「民家提供申し出書」を提出
提供民家 基本調査
 ▼
間取りや使用材の樹種、状況など、
JMRA登録事業者による基本調査の実施
民家バンクへの登録完了
 ▼
民家バンク情報公開
 ▼
情報誌『民家』「民家バンク情報」
およびJMRAホームページに掲載。
必要に応じて見学会などを開催。
民家引き取り
成 立
調査担当者立ち会いのもと、
民家提供者と利用者とで「覚書」を交わす。

民家バンク利用料(1棟あたり)

民家バンクを利用して登録民家を引き取る場合、民家バンク利用者は情報利用料として「民家バンク利用料」をJMRAへお支払いください。

■民家を引き取る方の民家バンク利用料:1棟あたりの情報利用料
1. 登録事業者が設計・施工を行う場合 300,000円+消費税
2. 登録事業者以外が設計・施工を行う場合
  正会員が民家引き取りの場合 400,000円+消費税
  友の会会員が民家引き取りの場合 450,000円+消費税
  会員外が民家引き取りの場合


500,000円+消費税