民家バンク

民家バンクは、「民家を譲りたい」という方と「民家を譲り受けたい」という方の“縁結び”の役割を果たすものです。ここに紹介する情報は、「民家を譲りたい」という方からの情報を、当協会が現地調査し登録したものです。建物は無償提供ですが、民家バンク利用料(情報料)、解体費、運搬費がかかります。

※民家バンクでは、移築再生を前提とした民家の情報(建物のみの情報)を提供しています。
なお、民家の所有者が土地売却も考えている場合は、説明欄に「土地売却可」と記載しています。

※民家バンクに所有民家の登録をご希望の場合は、JMRA事務局まで、電話(03-5216-3541)、またはお問い合わせ専用フォームでお問い合わせください。資料とお申込み用紙を郵送させていただきます。

お気に入りの民家が見つかったら、こちらをご覧ください

詳細情報の請求とご見学
民家の引取りについて

建築面積検索

20坪未満 29坪まで 39坪まで
49坪まで 59坪まで 69坪まで
79坪まで 80坪以上

2019年9月 4日 (水)

宮城登米の民家、長屋門登録番号A190901

A190901_1 大黒柱は270×210mmのケヤキ。その他の柱はスギ。主屋2階ではかつて養蚕を営んでいた。天然スレート葺きの母屋は非常に立派で、敷地内にある長屋門(20坪)も引き取り可能。東日本大震災の際に、一部壁が剥落している
築年数不明
階数2階建
屋根仕様天然スレート葺き
一階床面積62坪
二階床面積20坪
延床面積82坪

内観写真はこちらから »

2019年8月29日 (木)

群馬前橋の元養蚕農家登録番号A190801

A190801_1 大黒柱はケヤキで200mm角。そのほかの柱はスギ。差し鴨居はマツ。小屋組みはマツで、手斧斫りされており、しっかりしている。1階のケヤキ板戸4枚も再利用可能。2階は養蚕で使用していたため、間仕切りを取ると一室として広い空間で使用できる。
築年数180年程度
階数2階建
屋根仕様金属葺き
一階床面積50.5坪
二階床面積40.5坪
延床面積91坪

内観写真はこちらから »

2019年7月10日 (水)

埼玉児玉郡の土蔵登録番号A190702

A190702 柱はスギ。小屋組みは通常の和小屋組みで、梁下は1900mm程度。4隅の内、2か所で屋根と壁の欠損が始まっており、早い引取りが望ましい。
築年数90年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積10.9坪
二階床面積10.9坪
延床面積21.8坪

内観写真はこちらから »

埼玉児玉郡の養蚕農家登録番号A190701

A190701 大黒柱は285mm角、260mm角、230mm角のケヤキで、各々2階小屋梁までの通し柱となっている。そのほかの柱はスギを使用。差し鴨居はマツ。建具は板戸、一部の障子戸、雨戸などが少し残っている。基準寸法が大きく、全体に大きめの造り。床下は乾燥し、良好。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積57坪
二階床面積41坪
延床面積98坪

内観写真はこちらから »

2019年6月28日 (金)

秋田湯沢の蔵登録番号A190501

A190501 柱はスギ180mm角。鞘と呼ばれる上屋で覆われている雪国ならではの形。増築部分あり。矩(かね)勾配(直角の勾配)の屋根が特徴で、2階の梁下の空間を高くとることができるため、再生後も解放感のある空間として利用できる。
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様トタン葺き
一階床面積21.5坪
二階床面積21.5坪
延床面積43坪

内観写真はこちらから »

2019年6月17日 (月)

埼玉元料亭の土蔵登録番号A190601

A190601 柱はヒノキ180×150mm。立派な牛梁はケヤキ600×450mm×4間(7m程)。登梁はマツ。1階、2階とも天井高が十分あり、移築再生の際にも大きな改造はしなくて済むと思われる。蔵戸は無く、内側に板框がある。1階は改修時に、柱2本を切断したあとが見られる。住宅、店舗、ギャラリーなど、幅広い用途に向く。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積10坪
二階床面積10坪
延床面積20坪

内観写真はこちらから »

2019年5月31日 (金)

東京目黒の民家登録番号A190502

A190502 柱はヒノキ、115mm角。差し鴨居はマツ。1階がたばこ店で、内観外観ともに昭和レトロの趣があり面白い。創建時の大工が、節の少ない良材で丁寧に仕上げており、柱の傾きもほとんどなく、地震等によるダメージもない。
※2019年10月20日(日)に見学会を開催予定。こちら
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様スレート葺き
一階床面積31.67坪
二階床面積10.50坪
延床面積42.17坪

内観写真はこちらから »

2019年4月26日 (金)

勝沼町山の土蔵登録番号A190401

A190401 柱は130mm角のスギ。小屋組みはマツ。山(やま)という地名に建つ土蔵。下屋を除いた部分は、シンプルでコンパクトな構造で移築に適している。一部、垂木と軒桁に雨漏りがあり、損傷程度の確認は必要となる。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積13.3坪
二階床面積6.6坪
延床面積19.9坪

内観写真はこちらから »

2019年2月27日 (水)

鬼無里(きなさ)の民家登録番号A190203

A190203 大黒柱は210mm角のクリ。差し鴨居はマツ。かつては田の字型の部屋に土間や厩が配置される形だったと思われるが、現在の土間部分は台所や洋室、物置としてリフォームされている。黒く光る柱が魅力的。北側座敷、仏間など床に沈下がみられる部分あり。付属の土蔵の引き取りについては要相談。
築年数120年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積43坪
二階床面積26坪
延床面積69坪

内観写真はこちらから »

2019年2月14日 (木)

長野墨書のある民家登録番号A190202

190202 大黒柱はエンジュの180mm角。そのほかの柱にはスギを使用。小屋丸太梁や建具類は、建て替え以前の建物(100年程度前築)よりの再利用。北側に一部床の沈下している箇所あり。築年数は浅いが、倉庫、物置、事務所など付属建物も使用可能。土地売却可。
築年数60年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積42.98坪
二階床面積20.07坪
延床面積63.05坪

内観写真はこちらから »

2019年1月21日 (月)

島根浜田の離れと蔵登録番号A190101

A190101 柱、差し鴨居、小屋組みともマツ材を使用。江戸末期の商家の数寄屋風造りの平屋離れと蔵。離れと蔵は廊下でつながっている。離れは8畳間2部屋が並び、その周りをL字型の縁側が囲む。蔵は3×4間の手ごろな大きさで移築にも向く。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積40坪
二階床面積14坪
延床面積54坪

内観写真はこちらから »

2018年12月27日 (木)

長野小谷村の民家登録番号A181203

A181203 大黒柱は210mm角のケヤキ。手斧削りの不規則に曲がった梁や黒くなった大黒柱が美しいので、再生後もぜひ主役として見せたい。建具の一部と囲炉裏は再生したもの。水回りなどもリフォーム済みのため、現地での利用もしやすい。土地売却可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積42.23坪
二階床面積37.90坪
延床面積80.13坪

内観写真はこちらから »

2018年12月18日 (火)

静岡天竜の民家登録番号A181202

A181202 柱は155mm角のヒノキ。丸太梁、太鼓梁、手斧掛けの角材による力強い小屋組。風雨と経年により内外装の仕上げに傷みはあるものの、黒光りする柱梁の主要な軸組の状態は良好。2階の無柱の広間は、梁の見える広々とした空間として利用できる。土地売却可。
築年数不明
階数2階建
屋根仕様瓦葺(一部トタン)
一階床面積60坪
二階床面積30坪
延床面積90坪

内観写真はこちらから »

2018年12月 5日 (水)

愛知海部(あま)の民家登録番号A181102

181102 大黒柱は240mm。間取りは田の字型。北側への傾きあり。伊勢湾台風の高潮や地震にも耐えてきた民家。土間の立派な梁は、この民家の見どころとなっており、再生後もあらわしにして活かしたい。土地売却可。
築年数180年
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積50坪
二階床面積
延床面積50坪

内観写真はこちらから »

2018年11月 2日 (金)

静岡 湖畔の蔵登録番号A181003

A181003-1 浜名湖の湖畔に建つ旧家の蔵。戦後は使われることなく綺麗に保存され、堅牢な造りを保持してきた。柱はヒノキ。外壁は、現在養生トタンを張っているが、焼杉の板張り。マツ丸太の二重小屋梁が美しい。喫茶店、そば店、住宅など、様々な用途への移築再生が考えられる。
築年数90年
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積12.25坪
二階床面積8.75坪
延床面積21坪

内観写真はこちらから »

2018年10月30日 (火)

秋田の板蔵登録番号A181002

A181002_1 大黒柱は160×130mmのケヤキ、そのほかの柱にはケヤキとスギを使用。内部には一部後の断熱材などの施工がみられるが、秋田杉が使用された棟木や、美しい内戸などは、再生後もそのまま魅せたい。
築年数100年
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積16.7坪
二階床面積11坪
延床面積27.7坪

内観写真はこちらから »

2018年10月29日 (月)

三重いなべの民家と蔵登録番号A181001

A181001 大黒柱はケヤキ30mm角。そのほかの柱にもケヤキを使用。地域を取りまとめていた家で、来賓を出迎える専用の玄関を持つ。18坪の広い土間には迫力ある太いケヤキ梁が掛かっており、再生後も主役として残したい。母屋のほかに離れと蔵もあり、引き取り可。
築年数130年
階数平屋
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積54坪
二階床面積
延床面積54坪

内観写真はこちらから »

2018年9月 6日 (木)

栃木小山の土蔵登録番号A180801

Photo 棟木はマツ。登り梁はヒノキ。素直な構造の小ぶりな土蔵で、移築して小規模な店舗や住宅の一部、アトリエやギャラリーにするなど利用の幅は広い。瓦は30年程前に葺き替えしている比較的新しいもの。
築年数110年程
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積8坪
二階床面積8坪
延床面積16坪

内観写真はこちらから »

2018年7月 3日 (火)

群馬板倉町の農家登録番号A180701

A180701Image1 大黒柱は300mm角のケヤキ。そのほかの柱、差し鴨居にもケヤキが使われている。重厚感のある大きな柱と梁で組まれており、小屋組みも素直でシンプル。二階の床が綺麗に組まれているので、再生後もそのまま活かしたい。
築年数110年程度
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積60.25坪
二階床面積42.75坪<
延床面積103坪

内観写真はこちらから »

2018年4月17日 (火)

秋田大仙の蔵登録番号A180402

A180402-1 柱は150mm角のクリ、スギ。棟木はスギ。4×3間で、蔵としては小ぶりだが、状態はよい。一部2階あり。
築年数不明
階数一部2階あり
屋根仕様土葺き
一階床面積12坪
二階床面積4.5坪
延床面積16.5坪

内観写真はこちらから »

東京中野の民家登録番号A180401

A180401-1 柱は110mm角のヒノキ。無節の良材が多く使用されており、天井、床の間、建具等に過度な装飾を避けた、シンプルで落ち着いた雰囲気の民家。かつての大工の丁寧な仕事によって、品格ある建物になっている。60年前の改築箇所あり。現地での再生については要相談。
築年数100年程度
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積37.33坪
二階床面積13.00坪
延床面積50.33坪

内観写真はこちらから »

2018年2月14日 (水)

秋田仙北の民家と土蔵登録番号A180201

A180201 各柱は150mm角。豪雪に耐えてきた太い梁が魅力的な民家。付属の土蔵(約7×4間)も引取可能。水回りは改修済み。土地売却可。
築年数60年
階数2階建
屋根仕様トタン葺き
一階床面積112坪
二階床面積12坪
延床面積124坪

内観写真はこちらから »

2017年11月21日 (火)

和歌山海草郡の民家登録番号A171101

A171101 大黒柱は220mm角のヒノキ。元米穀店の民家。母屋は総2階で立派なつくり。他に離れと蔵があり、広く天井高のある元米蔵はイベントスペースなどへの活用も考えられる。20年程空き家になっているが、手入れされており状態は比較的良好。水回りは昔のままなので改修が必要。土地売却可。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積66.37坪
二階床面積31.62坪
延床面積97.99坪

内観写真はこちらから »

2017年8月 4日 (金)

淡路の民家登録番号A170703

A170703 大黒柱は240㎜角の地マツ。しっかりした梁組が特徴の民家で、構造体を見せるような再生をすると、そのダイナミックさを生かすことができる。また、数寄屋風の造りの離れがあり、こちらも提供可能。離れの柱、長押等には面皮材が使われ、洒落た欄間からも、建て主のセンスを感じる。
築年数200年程度
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積55,8坪
二階床面積18,9坪
延床面積74,7坪

内観写真はこちらから »

2017年6月14日 (水)

京都山城の庄屋屋敷主屋登録番号A170601

A170601 大黒柱は地ヒノキ250㎜角。牛梁、差し鴨居は地マツ。材はベンガラによる手入れが行き届いている。屋根は、この地方に多い大和棟(大屋根の脇に一段低い瓦屋根を持つ)。間取りは田の字型で、ほぼ建築当初の状態を維持している。幕末期の貴重な民家。
築年数170年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き、瓦葺き
一階床面積48.5坪
二階床面積
延床面積48.5坪

内観写真はこちらから »

2017年1月31日 (火)

岩手一関の民家と蔵登録番号A170201

A-170201 使用材の多くはアカマツ。1階の一室は、300㎜もあるケヤキの板長押で囲まれている。建具の状態も良好で、囲炉裏もすぐ使用できる状態。江戸末期といわれている建物の特徴は、街道沿いに2階座敷がせり出し、1階に下屋スペースがある独特の外観となっている。土地売却可
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様亜鉛メッキ鋼板葺き
一階床面積54.1坪
二階床面積14.1坪
延床面積68.2坪

内観写真はこちらから »

2017年1月27日 (金)

長野県小谷村の土蔵登録番号A170102

A-170102 柱はスギで150㎜角。小屋組みは、中央にゆるやかな曲線の梁を設け、その上に太い梁が力強くかかっている。柱の間隔が短く、雪国ならではのしっかりとした造り。蔵戸は防火戸以外失われているが、所有者宅の格子戸、大戸が使用可能。雨漏り一部あり。
築年数120年程度
階数2階建
屋根仕様鉄板葺き
一階床面積14.5坪
二階床面積14.5坪
延床面積29.0坪

内観写真はこちらから »

2016年7月 1日 (金)

宇都宮の町家登録番号A160701

A160701 大黒柱は300mmのケヤキ。差し鴨居は140×270mmのマツ。小屋裏は改修の形跡あり。腰壁の一部は大谷石積みなので、解体再生後は床石として使用しても良い。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様トタン葺き
一階床面積53坪
二階床面積
延床面積53坪

内観写真はこちらから »

2015年3月24日 (火)

栃木芳賀の民家登録番号A150301

Dsc00837 大黒柱は240×260mmのケヤキ、その他の柱はスギを使用。差し鴨居はマツ。7間半の広い間口を持つ堂々とした民家で、丁寧な仕事の面皮長押や土間上部にあらわしになっているマツの2段梁など、見どころが多い。板戸、書院障子、欄間などの建具は当初のまま使用している。
築年数 160年程度
階数 平屋
屋根仕様 茅葺きの上にトタン
一階床面積 62坪
二階床面積
延床面積 62坪

内観写真はこちらから »

2015年2月17日 (火)

千葉いすみの民家登録番号A150203

Photo_3 大黒柱はスギ175mm角。丁寧に住まわれてきた民家で、傷みが少ない。土間には、かまどなどが、そのまま残されている。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積52.5坪
二階床面積
延床面積52.5坪

内観写真はこちらから »

2014年12月 5日 (金)

茨城常陸大宮の民家登録番号A141101

A141101 大黒柱は2本、ケヤキの330mm角。梁はマツの太鼓梁。土間から見える黒くなった梁組をそのまま活かして、開放感のある空間として再生するのがおすすめ。雨漏り数か所あり。新材での補修か所あり。土地売却可。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積59.3坪
二階床面積
延床面積59.3坪

内観写真はこちらから »

2014年11月21日 (金)

富山中新川の民家と蔵登録番号A141102

A141102-3 柱は120mm角のスギやヒノキ。信仰の山、立山の麓に建つ大きな民家。付属の大きな蔵2棟(約63坪と約42坪)も提供可。建具などの意匠には工夫が凝らされており、面白い。一部雨漏りあり。土地売却可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積95坪
二階床面積18坪
延床面積113坪

内観写真はこちらから »

2014年10月 3日 (金)

埼玉入間の民家登録番号A141001

R1028346 柱は100mm角のヒノキ、差し鴨居は180mm×360mmのマツ。三重の曲材太鼓梁と牛梁が屋根を支えている。増築部を撤去し、本来持つ立派な小屋組みと出桁を活かした再生がお勧め。一部雨漏りがあるので、早目の引き取りが望ましい。土地売却可。
築年数90年
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積29.6坪
二階床面積18.5坪
延床面積48.1坪

内観写真はこちらから »

2014年9月 1日 (月)

千葉茂原の民家登録番号A140901

Img_1376 大黒柱は340mm×320mmのケヤキ、その他の柱は150mm角のスギ。差し鴨居はマツ。房総によくみられる農家づくりの民家。築年数は不明だが、昭和26年、この地に移築された。大きな曲がった梁が特徴的なので、生かして再生したい。建具や階段なども趣がある。
築年数不明
階数一部中2階
屋根仕様瓦葺き
一階床面積70坪
二階床面積17.6坪
延床面積87.6坪

内観写真はこちらから »

2014年8月 9日 (土)

新潟上越の民家登録番号A140704

P1040019柱はケヤキ200mm角、150mm角、スギ120mm角。差し鴨居はケヤキ。広葉樹の梁はこの家の魅力となっている。その他もしっかりとした材を使用しており、移築再生にも向く。スギ板戸なども趣があり、再利用可能。
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺きの上にトタン葺き
一階床面積53.43坪
二階床面積12坪
延床面積65.43坪

内観写真はこちらから »

2013年5月28日 (火)

千葉南房総の民家登録番号A130502

A1305021 柱は120㎜角のスギ、小屋組みはマツ。柱や梁は燻されていないため、比較的新しいものと思われる。田の字型間取りの小振りな民家。一部下屋に雨漏りあり。建具の再利用可。
築年数不詳
階数平屋
屋根仕様茅葺の上にトタン
一階床面積20坪
二階床面積
延床面積20坪


内観写真はこちらから »

2012年7月11日 (水)

岡山井原の民家登録番号A120702

Photo 大黒柱は180㎜角のケヤキ、そのほかの柱はヒノキ。元呉服店の店舗併用住宅。土地売却可。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積28坪
二階床面積28坪
延床面積56坪


内観写真はこちらから »

2012年1月22日 (日)

新潟東蒲原の民家登録番号A120102

3 管柱は150㎜角のスギ、通し柱は180㎜角、差し鴨居にはアカマツを使用。水害にあい2階まで水に浸かったため、現地再生の場合はその対策が必要。建具も浸水したが一部利用可能。部屋が広いため、飲食店等への利用が考えられる。土地売却可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積88坪
二階床面積33坪
延床面積121坪


内観写真はこちらから »

2012年1月15日 (日)

岩手一関の民家登録番号A120101

Dsc07473 大黒柱は230×240㎜のクリ。創建は仙台藩家臣の侍医の家。その後手入れをして大切に使われてきた。煤で黒光りした手斧削りの梁組や、板戸などの建具は趣きがあり、そのまま店舗として再生するなどもよい。一部床等に傷みがあるが、全体に状態は良好。敷地内土蔵も提供可。
築年数230年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺上にトタン
一階床面積45坪
二階床面積
延床面積45坪


内観写真はこちらから »

2011年8月24日 (水)

栃木鹿沼の蔵登録番号A110701

11616_004_2 柱は120㎜角のスギ。立派な牛梁が特徴。また、外壁土壁に大谷石(厚60㎜)を張り付けてある。北側外壁が地震により剥落した。北側柱に腐食、またはムシによる被害あり。建具の再利用可。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積6坪
二階床面積6坪
延床面積12坪

内観写真はこちらから »

2011年5月 2日 (月)

福島郡山の民家と蔵登録番号A110402

110402 大黒柱は200㎜角のスギ、その他の柱は100㎜角のスギ。差し鴨居はマツ。大きな欠損はない。使いやすい規模で、伝統的民家としての素朴な再生がおすすめ。風情のある板戸は魅力的。その他の建具も再利用可。
築年数120年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積63坪
二階床面積
延床面積63坪


内観写真はこちらから »

2009年5月21日 (木)

岩手県花巻市登録番号 A061202

民家写真140~150ミリ角の松や栗の柱は手斧削り。梁は松で曲り材が多い。土間や板の間の壁は素手で直接塗られている。主屋のほかに18坪の板小屋と17.5坪の土蔵あり。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積84坪
二階床面積
延床面積84坪

埼玉県児玉郡登録番号 A050403

民家写真2階は養蚕の作業場として使用していたが、越し屋根は付いていない。大黒柱は8寸角のケヤキ。梁は松、ほかは杉。土台は傷んでいるが、ほかはしっかりしている。同敷地内に、約3坪と約10.5坪の平屋物置あり。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

山口県長門市登録番号 A991202

民家写真村の長の持つ由緒ある民家で、格式がある。材料が非常にしっかりしている。傷みが進んでいるのでできるだけ早い引取りを希望。
築年数250年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積86.4坪
二階床面積
延床面積86.4坪

山口県長門市登録番号 A991203

民家写真宮大工による造りの本格的茶室。柱85ミリ角、天井高1890ミリ。こざっぱりした、非常に落ち着く空間構造。傷みが進んでいるので早い引取りを希望。
築年数100年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

内観写真はこちらから »

山口県長門市登録番号 A991204

民家写真伊藤博文とゆかりがあり、すべてが端正である。2階小屋組が豪快で力強く、インテリアとしての利用が可能。傷みが進んでいるので早い引取りを希望。
築年数250年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積
二階床面積
延床面積

2009年1月 1日 (木)

★さらに多くの民家を検索したい場合は、都道府県検索、種類別検索を掛けてください。

JMRA民家バンクは、
「民家を譲りたい人」と
「民家を欲しい人」とを結ぶ活動です

「JMRA民家バンク」は、さまざまな事情で手放される民家を、日本の住文化として引き継いでいくシステムです。民家を譲りたい人から無償で民家の提供を受け、民家バンクに登録し、その情報を民家を欲しい人へ公開し、引き取り手を探します。
民家の価値を値段で判断しないという理念のもと、民家バンクに登録される民家は、規模、使用材の評価などにかかわらず無償提供としていますが、引き取り成立時には、民家の提供者に登録にあたっての民家調査費、引き取り手にバンク利用料をお支払いいただいています。これは民家の売買手数料ではなく、民家バンクの維持・運営費として使用されています。

民家の提供から利用まで

民家提供者からの情報受付
 ▼
民家提供者は「民家提供申出書」を提出します。(→★)
基本調査
 ▼
間取りや使用材の樹種、状況など、JMRA登録事業者による基本調査の実施します。
民家バンクへ登録
 ▼
基本調査の資料をもとに民家バンクへ登録。
情報公開
 ▼
情報誌『民家』やホームページなどに掲載に情報を掲載します。必要に応じて見学会を開催する場合もあります。
民家引き取り成立 調査担当者立ち会いのもと、民家提供者と利用者とで「覚書」を交わします。

★所有民家の登録をご希望の場合は、電話03-5216-354、または、お問い合わせ専用フォーム
 にて資料とお申込み用紙をご請求ください。


民家バンク利用料(1棟あたり)

民家バンクを利用して登録民家を引き取る場合、民家バンク利用者は情報利用料として「民家バンク利用料」をJMRAへお支払いください。

■民家を引き取る方の民家バンク利用料:1棟あたりの情報利用料
1. 登録事業者が設計・施工を行う場合 300,000円+消費税
2. 登録事業者以外が設計・施工を行う場合
  正会員が民家引き取りの場合 400,000円+消費税
  友の会会員が民家引き取りの場合 450,000円+消費税
  会員外が民家引き取りの場合


500,000円+消費税