民家バンク

2018年11月 2日 (金)

静岡 湖畔の蔵登録番号A181003

A181003-1 浜名湖の湖畔に建つ旧家の蔵。戦後は使われることなく綺麗に保存され、堅牢な造りを保持してきた。柱はヒノキ。外壁は、現在養生トタンを張っているが、焼杉の板張り。マツ丸太の二重小屋梁が美しい。喫茶店、そば店、住宅など、様々な用途への移築再生が考えられる。
築年数90年
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積12.25坪
二階床面積8.75坪
延床面積21坪

続きを読む "静岡 湖畔の蔵登録番号A181003" »

2018年10月29日 (月)

三重いなべの民家と蔵登録番号A181001

A181001 大黒柱はケヤキ30mm角。そのほかの柱にもケヤキを使用。地域を取りまとめていた家で、大名を出迎える専用の玄関を持つ。18坪の広い土間には迫力ある太いケヤキ梁が掛かっており、再生後も主役として残したい。母屋のほかに離れと蔵もあり、引き取り可。土地売却可。
築年数130年
階数平屋
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積54坪
二階床面積
延床面積54坪

続きを読む "三重いなべの民家と蔵登録番号A181001" »

2018年9月 7日 (金)

静岡富士宮の茅葺き民家登録番号A180901

A180901 大黒柱は300×350のケヤキ、そのほかの柱にもケヤキ、ヒノキを使用。差し敷居はサクラ。茅葺きのまま雨漏りせず残っており、間取りや造作もほぼ原形のままの民家。黒光りする柱梁の状態も良好で、建具等にも凝った造作がみられる。引取りは2019年1月~。
築年数不明
階数平屋
屋根仕様茅葺き
一階床面積53.2坪
二階床面積
延床面積53.2坪

続きを読む "静岡富士宮の茅葺き民家登録番号A180901" »