民家バンク

2018年6月29日 (金)

茅葺き屋根の茶室がある鵠沼の家登録番号A180601

A180601-1 茶室は「文士宿」として知られるかつての旅館東屋の離れだった。地域の貴重な文化財となっており、茶室とつながっている母屋(築40年)とともに、現地にて利用していただけることを希望。2つの茶室を生かし、茶道を取り入れたレストランなどに利用するのもおすすめ。
築年数100年程度
階数2階建て
屋根仕様一部 茅葺き
一階床面積47.56坪
二階床面積
延床面積47.56坪

続きを読む "茅葺き屋根の茶室がある鵠沼の家登録番号A180601" »