民家バンク

2016年9月30日 (金)

【新着】神奈川横浜の民家登録番号A170101

A170101 大黒柱はケヤキ320㎜角、300㎜角の2本。差し鴨居はマツ。かつて寄棟造りだった屋根を入母屋造りに改築している。小屋組みは、チョウナで仕上げられたマツ材で力強さを感じる。構造はしっかりしており、小ぶりな民家で移築には最適。木組みを生かした大空間を利用した再生がおすすめ。
築年数140年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積37.5坪
二階床面積
延床面積37.5坪

続きを読む "【新着】神奈川横浜の民家登録番号A170101" »

2016年7月 1日 (金)

宇都宮の町家登録番号A160701

A160701 大黒柱は300mmのケヤキ。差し鴨居は140×270mmのマツ。小屋裏は改修の形跡あり。腰壁の一部は大谷石積みなので、解体再生後は床石として使用しても良い。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様トタン葺き
一階床面積53坪
二階床面積
延床面積53坪

続きを読む "宇都宮の町家登録番号A160701" »

2016年4月26日 (火)

埼玉熊谷の民家登録番号A160401

160403 大黒柱は215mm角のケヤキ、差し鴨居は125×220mmのマツ。土間式台はケヤキ、縁側板はヒノキ。外部建具などはアルミサッシに変更され、1階北側に増築部分あり。床下は乾燥しており、建物は総じて状態が良い。1階座敷部分は天井高があり、住宅のほか飲食店等への改装にも適している。
築年数90年程度
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積50坪
二階床面積24坪
延床面積74坪

続きを読む "埼玉熊谷の民家登録番号A160401" »

2015年8月 7日 (金)

茨城稲敷の民家登録番号A150801

01 大黒柱は290mm角のケヤキ。その他の柱にもケヤキを使用。差し鴨居は地マツ165×360mm。大きな土間空間としっかしとした骨組みが特徴の民家。創建時のものと思われる板戸や障子も良い状態で保存されている。住居の他レストランなどの店舗利用にも向く。土地売却については、要相談。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積74.12坪
二階床面積
延床面積74.12坪

続きを読む "茨城稲敷の民家登録番号A150801" »

2015年3月24日 (火)

栃木芳賀の民家登録番号A150301

Dsc00837 大黒柱は240×260mmのケヤキ、その他の柱はスギを使用。差し鴨居はマツ。7間半の広い間口を持つ堂々とした民家で、丁寧な仕事の面皮長押や土間上部にあらわしになっているマツの2段梁など、見どころが多い。板戸、書院障子、欄間などの建具は当初のまま使用している。
築年数 160年程度
階数 平屋
屋根仕様 茅葺きの上にトタン
一階床面積 62坪
二階床面積
延床面積 62坪

続きを読む "栃木芳賀の民家登録番号A150301" »

2015年2月17日 (火)

千葉いすみの民家登録番号A150203

Photo_3 大黒柱はスギ175mm角。丁寧に住まわれてきた民家で、傷みが少ない。土間には、かまどなどが、そのまま残されている。
築年数110年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積52.5坪
二階床面積
延床面積52.5坪

続きを読む "千葉いすみの民家登録番号A150203" »

2014年12月 5日 (金)

茨城常陸大宮の民家登録番号A141101

民家バンクA-141101 大黒柱は2本、ケヤキの330mm角。梁はマツの太鼓梁。土間から見える黒くなった梁組をそのまま活かして、開放感のある空間として再生するのがおすすめ。雨漏り数か所あり。新材での補修か所あり。土地売却可。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積59.3坪
二階床面積
延床面積59.3坪

続きを読む "茨城常陸大宮の民家登録番号A141101" »

2014年10月 3日 (金)

埼玉入間の民家登録番号A141001

R1028346 柱は100mm角のヒノキ、差し鴨居は180mm×360mmのマツ。三重の曲材太鼓梁と牛梁が屋根を支えている。増築部を撤去し、本来持つ立派な小屋組みと出桁を活かした再生がお勧め。一部雨漏りがあるので、早目の引き取りが望ましい。土地売却可。
築年数90年
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積29.6坪
二階床面積18.5坪
延床面積48.1坪

続きを読む "埼玉入間の民家登録番号A141001" »

2014年9月12日 (金)

千葉茂原の民家登録番号A140901

Img_1376 大黒柱は340mm×320mmのケヤキ、その他の柱は150mm角のスギ。差し鴨居はマツ。房総によくみられる農家づくりの民家。築年数は不明だが、昭和26年、この地に移築された。大きな曲がった梁が特徴的なので、生かして再生したい。建具や階段なども趣がある。
築年数不明
階数一部中2階
屋根仕様瓦葺き
一階床面積70坪
二階床面積17.6坪
延床面積87.6坪

続きを読む "千葉茂原の民家登録番号A140901" »

2013年12月 4日 (水)

文政八年酉年建築松戸の民家登録番号A131103

Dsc_0711b 大黒柱は300㎜角のケヤキ。小屋組は曲りの強いマツ丸太を使用しており、土間からの見せ場となっている。土台の一部にシロアリの害が見られるものの、雨漏りもなく全体に美しい構造躯体。創建時の特徴ある構造を生かした再生も可能。建具の状態は良好。
築年数190年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き
一階床面積44.64坪
二階床面積
延床面積44.64坪

続きを読む "文政八年酉年建築松戸の民家登録番号A131103" »