民家バンク

2019年7月10日 (水)

埼玉児玉郡の土蔵登録番号A190702

A190702 柱はスギ。小屋組みは通常の和小屋組みで、梁下は1900mm程度。4隅の内、2か所で屋根と壁の欠損が始まっており、早い引取りが望ましい。
築年数90年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積10.9坪
二階床面積10.9坪
延床面積21.8坪

続きを読む "埼玉児玉郡の土蔵登録番号A190702" »

2019年6月28日 (金)

秋田湯沢の蔵登録番号A190501

A190501 柱はスギ180mm角。鞘と呼ばれる上屋で覆われている雪国ならではの形。増築部分あり。矩(かね)勾配(直角の勾配)の屋根が特徴で、2階の梁下の空間を高くとることができるため、再生後も解放感のある空間として利用できる。
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様トタン葺き
一階床面積21.5坪
二階床面積21.5坪
延床面積43坪

続きを読む "秋田湯沢の蔵登録番号A190501" »

2019年6月17日 (月)

埼玉元料亭の土蔵登録番号A190601

A190601 柱はヒノキ180×150mm。立派な牛梁はケヤキ600×450mm×4間(7m程)。登梁はマツ。1階、2階とも天井高が十分あり、移築再生の際にも大きな改造はしなくて済むと思われる。蔵戸は無く、内側に板框がある。1階は改修時に、柱2本を切断したあとが見られる。住宅、店舗、ギャラリーなど、幅広い用途に向く。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積10坪
二階床面積10坪
延床面積20坪

続きを読む "埼玉元料亭の土蔵登録番号A190601" »

2019年4月26日 (金)

勝沼町山の土蔵登録番号A190401

A190401 柱は130mm角のスギ。小屋組みはマツ。山(やま)という地名に建つ土蔵。下屋を除いた部分は、シンプルでコンパクトな構造で移築に適している。一部、垂木と軒桁に雨漏りがあり、損傷程度の確認は必要となる。
築年数80年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積13.3坪
二階床面積6.6坪
延床面積19.9坪

続きを読む "勝沼町山の土蔵登録番号A190401" »

2019年2月27日 (水)

鬼無里(きなさ)の民家登録番号A190203

A190203 大黒柱は210mm角のクリ。差し鴨居はマツ。かつては田の字型の部屋に土間や厩が配置される形だったと思われるが、現在の土間部分は台所や洋室、物置としてリフォームされている。黒く光る柱が魅力的。北側座敷、仏間など床に沈下がみられる部分あり。付属の土蔵の引き取りについては要相談。
築年数120年程度
階数2階建
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積43坪
二階床面積26坪
延床面積69坪

続きを読む "鬼無里(きなさ)の民家登録番号A190203" »

2019年1月21日 (月)

島根浜田の離れと蔵登録番号A190101

A190101 柱、差し鴨居、小屋組みともマツ材を使用。江戸末期の商家の数寄屋風造りの平屋離れと蔵。離れと蔵は廊下でつながっている。離れは8畳間2部屋が並び、その周りをL字型の縁側が囲む。蔵は3×4間の手ごろな大きさで移築にも向く。
築年数100年程度
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積40坪
二階床面積14坪
延床面積54坪

続きを読む "島根浜田の離れと蔵登録番号A190101" »

2018年11月 2日 (金)

静岡 湖畔の蔵登録番号A181003

A181003-1 浜名湖の湖畔に建つ旧家の蔵。戦後は使われることなく綺麗に保存され、堅牢な造りを保持してきた。柱はヒノキ。外壁は、現在養生トタンを張っているが、焼杉の板張り。マツ丸太の二重小屋梁が美しい。喫茶店、そば店、住宅など、様々な用途への移築再生が考えられる。
築年数90年
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積12.25坪
二階床面積8.75坪
延床面積21坪

続きを読む "静岡 湖畔の蔵登録番号A181003" »

2018年10月30日 (火)

秋田の板蔵登録番号A181002

A181002_1 大黒柱は160×130mmのケヤキ、そのほかの柱にはケヤキとスギを使用。内部には一部後の断熱材などの施工がみられるが、秋田杉が使用された棟木や、美しい内戸などは、再生後もそのまま魅せたい。
築年数100年
階数2階建て
屋根仕様瓦葺き
一階床面積16.7坪
二階床面積11坪
延床面積27.7坪

続きを読む "秋田の板蔵登録番号A181002" »

2018年10月29日 (月)

三重いなべの民家と蔵登録番号A181001

A181001 大黒柱はケヤキ30mm角。そのほかの柱にもケヤキを使用。地域を取りまとめていた家で、来賓を出迎える専用の玄関を持つ。18坪の広い土間には迫力ある太いケヤキ梁が掛かっており、再生後も主役として残したい。母屋のほかに離れと蔵もあり、引き取り可。
築年数130年
階数平屋
屋根仕様茅葺き上トタン
一階床面積54坪
二階床面積
延床面積54坪

続きを読む "三重いなべの民家と蔵登録番号A181001" »

2018年9月 6日 (木)

栃木小山の土蔵登録番号A180801

Photo 棟木はマツ。登り梁はヒノキ。素直な構造の小ぶりな土蔵で、移築して小規模な店舗や住宅の一部、アトリエやギャラリーにするなど利用の幅は広い。瓦は30年程前に葺き替えしている比較的新しいもの。
築年数110年程
階数2階建
屋根仕様瓦葺き
一階床面積8坪
二階床面積8坪
延床面積16坪

続きを読む "栃木小山の土蔵登録番号A180801" »