民家バンク

2017年7月24日 (月)

【新着】福島南相馬の民家登録番号A170702

A170702 大黒柱は250㎜角のケヤキ。差し鴨居はアカマツ。雪の多い地域でよくみられる、せがい造り(柱から腕木を出した、しっかりとした軒下)が特徴。通し座敷の天井高は3,715㎜もあり、開放感がある。そのほか、ケヤキの造り付け引き出し収納や、内部に見られる太い差物など魅力が多い民家。
築年数100年程度
階数平屋
屋根仕様瓦葺き
一階床面積57,13坪
二階床面積
延床面積57,13坪

続きを読む "【新着】福島南相馬の民家登録番号A170702" »

2017年1月31日 (火)

岩手一関の民家と蔵登録番号A170201

A-170201 使用材の多くはアカマツ。1階の一室は、300㎜もあるケヤキの板長押で囲まれている。建具の状態も良好で、囲炉裏もすぐ使用できる状態。江戸末期といわれている建物の特徴は、街道沿いに2階座敷がせり出し、1階に下屋スペースがある独特の外観となっている。土地売却可
築年数150年程度
階数2階建
屋根仕様亜鉛メッキ鋼板葺き
一階床面積54.1坪
二階床面積14.1坪
延床面積68.2坪

続きを読む "岩手一関の民家と蔵登録番号A170201" »

2015年12月24日 (木)

秋田湯沢の蔵登録番号A151201

151201小屋組 柱はスギまたはクリで180mm角。小屋裏部分が3階になっており、3階のある蔵は、この地方でも珍しい。内部状態は良好だが、蔵戸は修理などが必要。
築年数120年程度
階数3階建
屋根仕様その他
一階床面積21坪
二階床面積21坪
三階床面積21坪
延床面積63坪

続きを読む "秋田湯沢の蔵登録番号A151201" »

2012年1月15日 (日)

岩手一関の民家登録番号A120101

Dsc07473 大黒柱は230×240㎜のクリ。創建は仙台藩家臣の侍医の家。その後手入れをして大切に使われてきた。煤で黒光りした手斧削りの梁組や、板戸などの建具は趣きがあり、そのまま店舗として再生するなどもよい。一部床等に傷みがあるが、全体に状態は良好。敷地内土蔵も提供可。土地売却可。
築年数230年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺上にトタン
一階床面積45坪
二階床面積
延床面積45坪


続きを読む "岩手一関の民家登録番号A120101" »

2011年5月 2日 (月)

福島郡山の民家と蔵登録番号A110402

110402 大黒柱は200㎜角のスギ、その他の柱は100㎜角のスギ。差し鴨居はマツ。大きな欠損はない。使いやすい規模で、伝統的民家としての素朴な再生がおすすめ。風情のある板戸は魅力的。その他の建具も再利用可。
築年数120年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺きの上にトタン
一階床面積63坪
二階床面積
延床面積63坪


続きを読む "福島郡山の民家と蔵登録番号A110402" »

2009年5月21日 (木)

岩手県花巻市登録番号 A061202

民家写真140~150ミリ角の松や栗の柱は手斧削り。梁は松で曲り材が多い。土間や板の間の壁は素手で直接塗られている。主屋のほかに18坪の板小屋と17.5坪の土蔵あり。
築年数150年程度
階数平屋
屋根仕様茅葺き上にトタン
一階床面積84坪
二階床面積
延床面積84坪