情報誌「民家」

2010年11月11日 (木)

75号(2010年11月発行)

Cover_75 「筑波派」の茅葺き民家
(茨城県かすみがうら市出島地区)
撮影=清沢和弘

巻頭インタビュー
民家は活用してたくさん残してほしい

建築文化史家/一色史彦

私の民家の原体験は、終戦直後の5歳から10歳頃のことです。茨城県の土浦市内に住んでいたのですが、食料不足の時代で両親に付いて近在の農家によく買い出しに行きました。いもや野菜などを母の反物と交換で手に入れ、帰り道で振り返ると、茅葺きの農家から夕餉の準備で湯気や煙が立ち昇るのが見えて、「ああ、豊かだな」とうらやましく思ったものです。
私は、建築史の勉強をしていた大学院生のときに民家調査をしましたが、そのときに初めて実物に手で触れて、民家の奥行きの深さを知らされました。その喜びは、書物を読んで知るのとは全然違うものでしたね。
その後、茨城県の文化財保護審議会の専門委員や審議会委員として県内の民家調査に当たり、これまで10軒の民家を国の重要文化財指定にすることができました。当時、調査をさせてほしいと農家にお願いすると、ほとんどが「見せるほどの家ではない」と断られましたね。ですから、最初は外側だけでも調査させてくれと頼んで始めるのですが、そのうち気持ちが通じてきて、ご主人が「おれは本当はこの家が好きだ」と言って家の中を案内してくれるのです。

それでも、重要文化財指定となると、断る人が多かった。そういう人が、後になって「壊さざるを得なくなったけれど、行政で引き取ってもらえないだろうか」と私のところに相談に来るのです。価値あるものだということに気付いているのですね。それで、あちこちの町や村に声をかけるのですが、どこも引き受けてくれません。つい「私が引き取りましょう」と言ってしまうのですから、8軒の民家を解体費個人持ちで引き取り、家内の実家の農家に倉庫を建てて保管することになってしまいました。(後略)

全文を読む(pdf 248KB)

Face_75

いっしき・ふみひこ

1940年東京都生まれ。1963年東京大学工学部建築工学科卒業、1968年同大学院博士課程中退。1968 〜82年東京都立大学に勤務し、その間東洋大学、筑波大学で日本建築史および都市史の講師を務める。1980年建築文化振興研究所を設立(土浦市)。1982年常陸七福神、1992年佐竹七福神を設立。
茨城県文化財保護審議会委員のほか、各地の地域総合開発計画委員会委員など各種の委員を歴任。民家、神社仏閣に関する調査報告は多数にのぼり、建築文化史家として、また七福神語り部として講演活動を行っている。

  • フォト・レポート「民家フォーラム2010 in 飛騨市」
  • わが地域の民家 (13)/広島県西部(芸州)の茅葺き民家 上田進
  • ようこそ民家園へ (4)/いにしえの千葉の風景と生活を再現 千葉県立「房総のむら」 三宅義昭
  • 民家暮らしのすすめ/私の体験から 松前俊顕
  • 仲間の協力を得て手づくりの民家再生 埋橋忠彦
  • 淡路町煉瓦蔵保存運動の取り組みと成果 大沢匠
  • 民家の宿、民家の店
  • 読者のひろば/民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『それでも「木密」に住み続けたい』
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 『民家』編集の13年を振り返って 清沢和弘
  • 『民家』総目次(No.50 ~74)
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐

2010年9月17日 (金)

74号(2010年9月発行)

1 板倉と棚田
(岐阜県飛騨市宮川町種蔵)
表紙写真=飛騨市観光協会

巻頭インタビュー
左官は自然を技に変えることができる

 

左官技能士/挾土秀平さん

僕は親父がやっていた左官会社の跡継ぎになろうと思って、この世界に入ったのです。「跡を継ぐなら旅をしてこい」と言われて熊本の会社に弟子入りしたし、猛練習をして技能5輪全国大会の左官部門で優勝もしました。親父の会社に戻ってからは、もっぱらセメントを塗っていました。ですから、私が見てきた世界はグレー1色でしたね。
そういう世界には満足できなかった。あるときに、土には色があるということに気付いたのです。しかも、土地ごとのカラーがあると。飛騨には赤土が多いですし、京都に行けば聚楽第の黄土色の土があるし、滋賀に行けば江州白という白い土がある。そうすると飛騨は赤い家が多いことになるし、滋賀へ行くと白い家が多い。外壁が土地の色を見せているわけです。
民家も土地によって色が違うということです。それが個性ではないですか。
それを見られることは、素晴らしいことです。そういう土地の個性があってこそ、旅をして楽しいのです。セメントの世界なら、北海道から沖縄まですべてグレーでしょう。どこも同じというのはなんとも貧しくてさびしい。土地柄が反映されて初めて、個性の集まりとしての日本のかたちですよ。こういうことに気付いて、僕は「土をやろう」と決心したのです。グレーからカラーの世界へですね。(後略)

 

全文を読む(pdf 220KB)

Face_74

はさど・しゅうへい

1962年、岐阜県高山市にて「挾土組」の長男として生まれる。1983年、技能五輪全国大会の左官部門で優勝。1984年同世界大会出場。名古屋で修業ののち、実家の左官会社「挾土組」に戻る。2001年、「職人社 秀平組」設立。天然の土と素材を使った独自の世界の塗り壁づくりはモダンかつ斬新で他に例がなく、高い評価を受けて国内外で活躍している。
主な仕事に「八ヶ岳マツボックリの野菜蔵」「金沢黄金の蔵」「ザ・ペニンシュラ東京」「洞爺湖サミット」「アースメイク」「氷雪の壁」など、著書に『のたうつ者』がある。


  • 第5回「民家再生奨励賞」決まる
  • 祭りの伝承が町並みを維持し続ける— 岐阜県飛騨市古川地区のまちづくり—直井隆次
  • シリーズ・民家トラスト(3)―滞在型農家民泊で地域おこし — 兵庫県篠山市「NPO 集落丸山」の取り組み
  • ようこそ民家園へ(3)東北6県の特徴的な茅葺き民家を一堂に /ふるさと村(宮城県川崎町「国営みちのく杜の湖畔公園」内)土方敏彦
  • 「これ木連」の伝統構法に関する活動(上)/国による伝統構法性能検証実験が実現  荻野邦彦
  • 民家再生事例/家族も先祖も喜ぶ家づくり 福島県安達郡大玉村 後藤邸 渡辺仁
  • 民家再生に事業者はどう取り組んでいるか 民家「再生の普及要因と再生事業者の意識に関する調査」より涌田幸宏
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『早川式「居住学」の方法—50年の思索と実践』/『乗兼広人 銅版画集—心のなかの風景』
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 民家の宿、民家の店 イタリアンレストラン「藤右エ門栄」/パン工房「ゼルコバ」
  • 読者のひろば /民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『小屋と倉』/『生きている文化遺産と観光』
  • 民家バンク」情報
  • イベント報告
  • 「民家フォーラム2010 in 飛騨市」協賛広告
  • 「民家フォーラム2010 in 飛騨市」名刺広告
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐

2010年7月14日 (水)

73号(2010年7月発行)

1_2 中門造り民家
(新潟県柏崎市高柳町荻の島)
撮影=清沢和弘

巻頭インタビュー
里山と民家体験が子どもたちの感性を育む

木更津社会館保育園園長/宮崎栄樹さん

私が園長を務めている木更津社会館保育園は、1938年(昭和13年)に設立された長い歴史のある私立の保育園です。今は140名の子どもたちを受け入れています。
私は1978年に園長になったのですが、就任してから20年の間に、自分が目指した保育園ができあがった、目標が達成されてしまったと感じていました。
新しい何かを探して外に目を向けたときに、「そうだ、自分が育った木更津の森へ入っていこう」と思ったのです。そして、1999年から里山保育を始めました。今年で11年になります。

本園は千葉県木更津市内の港の近くにありますが、里山保育をする分園は、そこから3キロほど山側に入った里山にあって、4、5歳児を年間70日ほど連れて行っています。子どもたちは3キロの道を歩いて往復するのです。最初は、ただもっぱら子どもたちと森の中で過ごすことが目的でした。泥んこになっても、多少、傷を作っても大人はほとんど手を出さずに見守るだけです。
ところが、里山保育を始めたら、自然と触れ合うことが少なかった子どもたちが、あらゆることをどんどん吸収していくのです。教えていないのに、オタマジャクシがどこにいるかわかる、虫のことも知っている、どの植物の実が食べられるかわかる、自分たちで遊びを発見する、子どもたちにとっては、山中が遊び場であり、学ぶ場になったのです。
そのことで私は、健康な体と豊かな感性を育てるには、森での保育が大切だと確信しましたね。(後略)

全文を読む(pdf 328KB)

Photo_2

みやざき・えいじゅ

1948年千葉県生まれ。1978年より木更津社会館保育園園長を務める。 1999年より保育園分園の自然の中で「里山保育」を始める。約 1万坪の敷地内に里山保育の拠点である「森の家」と築 100年余の民家「佐平館」がある。里山で五感を育てるその取り組みは NHKの特集番組や記録映画の上映などで注目されている。活動は斉藤道子著『里山っこが行く—木更津社会館保育園の挑戦』(農文協)に詳しい。


  • 里山と民家体験が子どもの感性を育む/宮崎栄樹
  • 「これ木連」の伝統構法に関する活動(上)/フォーラムの成果と勉強会の開催
  • 飛騨の原風景を今に伝え未来に残す/住 昌樹
  • 備後イグサの再生に取り組んで/岡田吉弘
  • 「石工 上野 正さん/杉浦干城
  • 江戸の文化を伝える「神田の家」
  • 稲穂家が地域交流施設とっしてスタート
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『ずーとこの家が好きで暮らすー住まいの管理がつむぐ美しい生活』 /『エスノ・アーキテクチュア」
  • JMRA 2010年度通常総会報告
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 民家の宿、民家の店 カフェ&花の教室「くらら」/和風レストラン「山王茶屋」
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐

2010年5月 9日 (日)

72号(2010年5月発行)

Cover_72 かぶと造りの民家
(長野県四賀村=現在は松本市)
撮影=中沢義直

巻頭インタビュー
茅葺き屋根を描ける物語を作りたい

絵本作家/飯野和好

ぼくは、秩父の農家で生まれました。戦国時代から続く山間部の小ぶりな半酪半農の家です。明治生まれの祖父が家の中のことや行事を全部仕切っていた。竈(かまど)や囲炉裏の火を絶やさず、竈には竈の神さま、囲炉裏には囲炉裏の神さま、外には氏神さまがいて、必ずお正月やお盆には、水やお餅をあげていました。そういう暮らしが当たり前にあったのです。
幼い頃、家の囲炉裏に大人が集い、話しているのを聞くのが楽しみでした。土間があって、上がり框(がまち)に囲炉裏があり、隣近所のおばさんやおじさん、薬売りや、家に来た人が、そこへ座ってちょっと話してお茶を飲んで帰っていく。奥まで行かないんですよ。寄る方も気楽だし、迎える方も構えずに済む。気軽に誰でも立ち寄って、漬物をつまんで今年の漬物のできはどうだとか、あそこの家では何があったとか、そろそろ種まきの時期だとか情報交換をして、長居しないで帰るんです。
そして、農作業が終わると、またそこでお茶を飲む。大人たちの汗のにおいと畑のにおい、そんないろんなものが混ざったにおいが好きだったなあ。囲炉裏端は、なかなかいい場所でしたね。

また、家が養蚕もやっていたので、夏になるとお蚕さんのために全部二階を開け放ち、どこからでも見えるようにして親たちが働いていました。ぼくもよく手伝わされました。夜なべ仕事も。子どもには子どもができる範囲でちゃんと仕事があった。勉強なんかは二の次。それが今は一番の宝物のように残っています。
いつも活気に溢れた家で、鶏やら牛、豚の声までにぎやかで、生きものがみんな一緒に生きているという感じでした。そんなにお金があったわけではないけれど、とても豊かな気持ちで、安心していられた。あんな暮らしができたのは幸せだったと思います。(後略)

全文を読む(pdf 160KB)

Face_72

いいの・かずよし

1947 年埼玉県秩父生まれ。絵本作家・イラストレーター。『小さなスズナ姫』(偕成社1996)シリーズで第11 回赤い鳥さし絵賞、『ねぎぼうずのあさたろう その1』(福音館書店1999)で第49 回小学館児童出版文化賞を受賞。全国各地で股旅姿の絵本の読み語り講演、ブルース・ハープミュージシャンとしてもライブで活躍。

  • わが地域の民家(12)/飛騨市農村部の民家 山腰明彦
  • 登録文化財制度を民家活用にどう生かすか 後藤 治
  • 甲州民家情報館がオープン—山梨県甲州市上條集落—
  • ネパールの民家を訪ねて 小原公輝
  • 「これ木連」の伝統構法に関する活動(上)/国による伝統構法性能検証実験が実現  荻野邦彦
  • 民家再生事例/養蚕農家を風通りのよい住いに 長野県上伊那郡中川村 宮下邸 小畑正人
  • 夢をかなえて/子どもの頃の懐かしい雰囲気が味わえる家に 中川淳一
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『早川式「居住学」の方法—50年の思索と実践』/『乗兼広人 銅版画集—心のなかの風景』
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 民家の宿、民家の店 レストラン&ギャラリー「楽の蔵」/ そば処「二足の草鞋 地水庵」
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐

2010年3月 5日 (金)

71号(2010年3月発行)

Cover_71 岩木山を額縁にして
(青森県岩木町葛原)
撮影=桜庭文男

巻頭インタビュー
伝統産業の「極める文化」が日本を支える

プロダクトデザイナー/喜多俊之

日本の伝統工芸の方々とお付き合いを始めてもう40年くらいになります。1960年代の後半からですが、その頃伝統工芸がいちばん衰退の激しい大変なときでした。現在では人々の認識が変わりつつありますが、当時は「古いものは時代遅れ」という考え方が一般的でした。
知り合いになった美濃の和紙職人の方が「もうやめようと思うんですよ」と言うのを聞いて「何か使い方を考えてみます」と約束しました。その年から私はイタリアに行くことになっていました。それで、向こうで照明器具のデザインをする機会があったときにその職人の紙を使ったのです。インテリアブームが始まっていた現地でそれがヒットしたのです。 その職人さんの元に大量の注文が来るようになりました。そのとき、それを見て、使えば日本の伝統工芸も生き延びる道があるのだということに気が付いたのです。
これが契機で、そのあと輪島の漆塗、佐賀の有田焼など、産地の方々とお付き合いが続きました。伝統工芸の仕事をライフワークとしてやろうと決心したのも、その和紙を使った照明器具TAKOのヒットにありました。

私が六〇年代後半に渡ったイタリアは、戦後の復興から立ち直って、新しいものだけでなく過去の古いものの値打ちに人々が注目する時代に入ったときでした。時間のたったものほど値打ちがあるとして手に入れたいと考えはじめた頃でした。都市や山間部、漁村にある値打ちのある家などを、行政が保存の手を差し伸べ、またそれらに共感する人は買い始めていました。(後略)

全文を読む(pdf 264KB)

Face_71

きた・としゆき

1942 年大阪市生まれ。1969 年より、プロダクトデザイナーとして、日本にとどまらずイタリアを始め、国際的 に制作活動を拡げていく。家庭日用品、家具、液晶テレビ、ロボットに至るまで、多くのヒット商品を生む。作品は、ニューヨーク近代美術館、パリ国立近代美術館、ミュンヘン近代美術館などに多くコレクションされている。近年は、大阪芸術大学にて教鞭をとるほか、中国でのRed Star Award 審査委員を務めるなど、教育活動にも力を入れている。長年にわたり、日本の伝統工芸、地場産業の活性化に関わる。近著に『地場産業+デザイン』がある。

  • 「フランスの美しい村々と民家を訪ねる旅」から/フランス民家協会との実り多い交流 佐藤彰啓
  • フランスの古民家事情 日塔和彦
  • ようこそ民家園へ(1)/全国各地の民家を集めた野外博物館 奥山淳三
  • 民家再生事例/特別なことでない民家再生へ 静岡県藤枝市 F邸 杉村喜美雄
  • この人この仕事/石積み工 霜村次朗さん 杉浦干城
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『それでも「木密」に住み続けたい』
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 民家の宿、民家の店
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐

2010年1月 9日 (土)

70号(2010年1月発行)

Cover_70 雪解けの里(三津谷の煉瓦蔵)
(福島県喜多方市)
撮影=金田 実

巻頭インタビュー
見直したい、自然や歴史と連帯した家づくり

哲学者/内山節

群馬県の上野村と東京との二重生活をして40年近くになります。ヤマメやイワナを釣りに行った上野村が気に入り、「ここで暮らすのもいいかな」といった感じで住みはじめました。いまは畑を150坪くらい作っています。庭から続く山も一ヘクタールくらいあって、急傾斜ですが、とても使いやすい。キノコもたくさん採れます。都会に比べたら、村 の暮らしのほうがはるかに面白いですよ。
わが家は築100年はたっているとはいえ、いわゆる「古民家」の雰囲気はなくて、当時やっつけ仕事で造ったような家です。決していい材料を使っているわけではありませんし、本職の大工さんではなくて「大八」が仕事をしたと思われる造りです。大工まではいかないから九の前の八。昔は、農業などの傍ら、頼まれるとちょっとした大工仕事もする人たちが村には結構いました。
その程度の家が、100年たってもまるでガタがこない。隙間風は入りますよ。だけど、基本はしっかりしています。手抜きの家でもちゃんともつことに感心しています。

私は、北海道から九州まで山村を泊まり歩いて釣りをしていた頃に、村の人からいろいろ話を聞くことができました。そこではしばしば、キツネにだまされた村人の話が出てきました。ところが、1965年頃以降、そういう話をまったく聞かなくなりました。それは日本全国一斉の現象です。私は、この頃を境に「キツネにだまされた」と当たり前のように話す「人間と自然との関係」がなくなったと見ています。(後略)

全文を読む(pdf 196KB)

Face_70

うちやま・ たかし

1950 年、東京都生まれ。都立新宿高校卒。哲学者。1971 年に群馬県上野村の古い家を譲り受け、東京と往復しながら暮らす。元立教大学異文化コミュニケーション研究科特任教授。NPO 法人「森づくりフォーラム」代表理事として、森林ボランティアならではの森とのかかわり方についても提 案している。JMRA 特別会員。
著書に『自然と労働』『森にかよう道』『貨幣の思想史』『戦争という仕事』『哲学の冒険』『怯えの時代』『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』ほか、多数。

  • 「民家フォーラム2009」特集:緑豊かな福島県に全国から200人が集まった
  • シンポジウム/ 基調講演:イギリスに限界集落はなかった 犬伏武彦
  • シンポジウム/ 事例報告・討論:民家を生かす、地域をおこす 松浦猛将・江花圭司・山田哲矢・原啓
  • オプショナルツアー報告:蔵のまち喜多方を巡る/ いわきの民家を巡る
  • フォーラムにかけた私たちの思い 宗像智加枝
  • シリーズ・民家トラスト(2) 庄屋の建物を地域の交流の場に<島根県邑南町稲積家住宅のイベントに参加して>
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『新訂・日本建築』/『つみきのいえ』
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 民家の宿、民家の店
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐