情報誌「民家」

2005年9月 1日 (木)

44号(2005年9月発行)

寄せ棟藁葺き屋根のドイツ民家(ドイツ、シュヴァルトヴァルト地方グタッハ)
撮影=太田邦夫

巻頭インタビュー
藁葺き屋根から幸せを掴む

漫画家
水木しげる

昔から民家は大好きです。私が子どもの頃は、藁葺き屋根の民家が現役として田舎にありましたけれど、今では想像がつかないほど落ち着いた雰囲気でした。

そういう民家が減って、夜も明るい世の中になって、妖怪の居場所も減ってしまいました。妖怪とは、人間が目に見えないものを関知したものです。

古い家にいる妖怪は、土壁や藁葺きが条件ですから、そういう民家がないと妖怪は生まれないのですよ。コンクリートを使っただけで、妖怪の住める「感じ」がなくなってしまいます。古民家のような場所が少なくなって、妖怪たちは寂しがっていますよ。

藁葺きの民家がなくなってから、世の中がなんとなく落ち着かなくなって、あくせくする感じになりましたね。江戸時代にはおそらく物はなかっただろうし、貧乏だったかもしれないけれど、それなりに幸せで落ち着いた生活があったと思います。それが大正、昭和となってくると、なんだかみんなが慌て者にならざるを得ないような世の中になってしまった。

落ち着いた藁葺き屋根は、多ければ多いほど幸せ感があり、満たされる感じがしました。そんな雰囲気のなかで昔の人は、金が無いなりに幸せの形を掴みかけていたような気がします。かつては、藁葺き屋根から幸せを掴んでいたのではないでしょうか。(抜粋)

みずき・しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後紙芝居画家となり、その後貸本漫画家に転向。1965年、『別冊少年マガジン』に発表した「テレビくん」で第6回講談社児童まんが賞を受賞。代表作に「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」「悪魔くん」などがある。1991年紫綬褒章、1996年日本漫画家協会文部大臣賞、2003年旭日小綬章を受章。2003年3月、故郷の境港市に水木しげる記念館が開館した。

  • 座談会「民家バンク」をどう活用するか
  • 第6回民家トラストセミナー「未来バンクを学ぶ」より講演第2部 エネルギー問題の解決策 未来バンク事業組合理事長 田中 優
  • 民家の生きるまちづくり(13)小野川と格子戸の商家はわがまちの誇り 千葉県佐原市 佐藤健太良
  • ニッポンの林業—山と木の話(6)林業普及指導員の仕事—林業のあるべき姿をめざして— 富山農地林務事務所 広田史子
  • 体験的民家再生考(11)後世に仕事を残したい 和田勝利
  • 民家再生事例 町並み保存地区の民家を博物館に 福岡県北九州市 江戸あかりの民藝館 柳本隆彦
  • JAPAN2001/三周年記念リレーエッセー(4)英国民家を訪ねて 大沢 匠
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 旅館「まるも」/カフェ「しえと」
  • 民家ネットワーク春・夏・秋・冬
  • 書籍紹介『いまに伝える 農家のモノ・人の生活館』『古民家—遺したい日本の風景』ほか
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
  • 「民家フォーラム2005」今年は金沢で準備が進行中
  • 事務局ニュース

2005年7月 1日 (金)

43号(2005年7月発行)

若葉薫る(京都府美山町)
撮影=稲垣喬方

巻頭インタビュー
宝物を気づかせる人が必要

料理研究家
小林カツ代

私自身は、都会で生まれ育った町っ子です。町っ子、そして若い人ほど民家とか古いものの大事さがわかるような気がします。最近、体験として何も知らないはずの若い人たちのなかに、古い物を大事にするという美意識が生まれてきているように感じます。

ある地方のまちおこしをした時に、その責任者が都会の人間に頼んで大成功しました。地方の人は町を変えなくてはと思っているから、なにか新しいものを作ったかもしれない。しかし、私どもは壊される嘆きを知っているものだから、土地のものを生かそうとするわけです。

土地の人たちは宝物を持っているのに気がつかないのですね。それを責めるのはたやすいですけれど、そのとき「その宝物を活かそうよ」という人がいないとだめなんです。その宝物に気づかせてあげて、それがその人たちにとっても心地よいことにならないといけない。だから、民家をいらないという人がいても、いる人がいるから壊さないでくださいという活動はとても大事だと思います。(抜粋)

こばやし・かつよ

大阪生まれ。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌、講演など、食だけの分野にとどまらず多方面に活躍中。2000年に出版された英語版『The Quick and Easy Japanese Cookbook』の料理本がグルマンの最優秀賞受賞。また、器「Kiai」のデザインはグッドデザイン賞選定。料理本では2448のレシピを網羅した『小林カツ代料理の辞典』『料理上手のコツ』など著書は170冊以上。エッセイも多く『愛しのチー公へ』『カツ代ちゃーん』『小林カツ代はこんなにいろいろ食べてきた』など。最新刊は『マヨネーズってわっはっは』。神楽坂女声合唱団団長でもあり近頃は音楽プロデュースも手がけ好評を得ている。大阪信愛女学院短期大学客員教授。

  • 現代の結いでつくった「結の蔵」
  • 連続講座「民家再生ここだけの話」 第1回 現地再生編
  • 未来バンクがめざすもの 第6回民家トラストセミナー「未来バンクを学ぶ」より講演第1部  未来バンク事業組合理事長 田中優
  • 民家の生きるまちづくり(12)旅籠の保存と活用に取り組む 垂井宿の歴史と文化を守る会 岐阜県不破郡垂井町  田邊時章
  • 体験的民家再生考(10)目標は100軒の民家を救うこと 松永和廣
  • 民家再生事例 醤油醸造蔵からオフィスへの再生 群馬県館林市 正田醤油社屋  正田智子
  • ニッポンの林業—山と木の話(5)FSC森林認証とともに歩む檮原町  檮原町森林組合 西村寿勝
  • 中越地震被災地、小千谷で緊急シンポジウム  細野良三/杉浦干城
  • この人この仕事 紙漉職人 澤村正さん  藤田寿伸
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 酒店「中久本店」喫茶室「蔵」/お食事処「たかくら」
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬
  • 書籍紹介 『地域からの住まいづくり』『写真でみる民家大事典』ほか
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
    佐原まちなみ散策(千葉県佐原市)
    蔵の移築再生工事・構造見学会(東京都小金井市)
    土間たたきワークショップ(神奈川県中井町)
  • 事務局ニュース

2005年5月 1日 (日)

42号(2005年5月発行)

若葉薫る(京都府美山町)
撮影=稲垣喬方

巻頭インタビュー
普通の民家を残したい

作家・エッセイスト
甘糟幸子

私は子どものころから一つのものを長く使うのが好きでした。ですから、家も住みなずんだ古い家のほうが落ち着きます。

鎌倉は空襲にあわなくて、木造の実に美しい民家がたくさん残っていました。ところが、この二、三年、古い民家が急に壊されています。

太い柱の合掌造りは、これからも欲しい人が現れるでしょうから、心配していないのです。むしろ、町の大工さんが日本の技を使って作った普通の民家をなんとか持ちこたえられないかということに私は関心があります。

胸が痛むのは、鎌倉でもいい家だなと思うものが、乱暴に重機でもって壊されてしまうことです。今では出来ないだろうなと思う障子とか下地窓とか、家具までが建物と一緒に一瞬にしてつぶされてしまうのがすごく残念なのです。

建物は個人の財産ではなくて地域の財産であると考えて、家をつぶすときには何日間か公開して捨てるものを陳列しなければいけないというような条例は作れないでしょうか。ただ潰してしまうのは「もったいない」。

私は、倉庫を作って、そういうものだけをちゃんと管理している会社の話を次の小説に書いてみたいと思っています。(抜粋)

あまかす・さちこ

1934年静岡県生まれ。出版社系週刊誌の草創期にフリーライターとして活躍。結婚後、鎌倉市稲村ガ崎に住み、草花を育て、ナチュラリストとして植物に関するエッセーを書く。30年前、自宅の一部に合掌造りの民家を移築。著書に『野草の料理』『野の食卓』『花と草木の歳時記』、近著に小説『楽園後刻』がある。

  • 第5回民家トラストセミナー ナショナル・トラスト運動の理念と実践
    • 講演1 ナショナル・トラスト運動の歩みと現状  (社)日本ナショナル・トラスト協会名誉会長 木原啓吉
    • 講演2 旧モーガン邸の保存運動に取り組む  「旧モーガン邸を守る会」世話人 佐藤里紗
  • JAPAN2001 3周年記念リレーエッセー(3)今は「民家が好き」と胸を張れる  春日井真記子
  • 中越地震被災地で「建て起こし相談会」  長谷川順一/佐藤英夫
  • 民家の生きるまちづくり(11)古い芝居小屋が町を変えた 熊本県山鹿市  城恵一
  • 民家再生事例 民家再生は周囲の理解を得ることから 栃木県足利市 三田邸  岡村建一
  • ニッポンの林業−山と木の話(4)林業と製材業の現場から  杉岡世邦
  • 茅葺きの里、茨城県八郷町 茅葺屋根保存会との交流会を実施して  清沢和弘
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 そば処「かつみや」/食事処「蔵 柏屋四郎右衛門」
  • JMRAイベント報告
    首都圏地区全員集会−まちあるき(東京都台東区・文京区)
    第2回茅葺きボランティア養成技術研修(山梨県塩山市)
    民家ロッジ「ギャラリーひだまり」で春を楽しむ会(山梨県韮崎市)
    東海地区全体集会(岐阜県岐阜市)
    「沼隈」の民家再生運動と再生事例見学会(広島県福山市)
  • 事務局ニュース

2005年3月 1日 (火)

41号(2005年3月発行)

入母屋造りの茅葺き民家(東京都あきる野市)
撮影=乗兼広人(友の会会員)

巻頭インタビュー
村を守らずには民家は守れない

評論家
富山和子

「日本の米カレンダー」を作りはじめて、今年で16年目になります。私は水の専門家ですから、研究をしているうちに林業が大事であり、その背景に農業があるということに気がついて、農業と水田を守るためにこれを始めたのです。

カレンダーを始めて、民家に目がいくようになりました。この10年、民家のある風景が急激になくなっています。 民家がなくなるということは、山村がなくなるということ。つまり、屋根葺きをする共同体がなくなるということです。ですから、民家という建物だけを守っても意味はあまりない。村をトータルで守って人が住んでこそ、そして共同体が息づいてこそ意味があると思います。

日本の民家は、農業、林業とは切っても切れない関係にありますし、米の文化とも深い関係にあります。ですから、民家を守ろうという方は、ぜひ農業とか林業を守ることを一緒にやっていただきたい。自分の住む家は地元の木を使おうという運動と、民家を壊さないで修理しながら使っていこうというみなさんの運動は、みんな絡み合っています。(抜粋)

とみやま・かずこ

評論家、日本福祉大学客員教授、立正大学名誉教授。1933年群馬県生れ。早稲田大学文学部卒業。水問題を林業の問題にまで深め、「水田はダム」の理論を提唱。自然環境保全審議会委員、林政審議会委員などを歴任。「富山和子がつくる日本の米カレンダー−水田は文化と環境を守る」を制作、農林漁業を守るキャンペーンを続けている。著書に『水と緑と土』『日本の米』(中公新書)、『水の文化史』(文藝春秋)、『川は生きている』『お米は生きている』(講談社)、『環境問題とは何か』(PHP新書)など多数。

  • 「民家フォーラム2004」特集Part2 茅葺きシンポジウム 新川・田籠地区の景観保全を考える
    • 基調講演1 美山町の茅葺き民家と景観を守り続けて  美山町・茅葺の里保存会会長 中野文平
    • 基調講演2 地球文化としての茅葺きの展望  筑波大学教授 安藤邦廣
    • パネルディスカッション
      報告1 「芝棟・新郷プロジェクト」の活動  岡村慶子
      報告2 ヨシ葺き民家保存・再生の取り組み 鈴山弘祐
    • フォーラムを茅葺き民家保全への景気に 「民家フォーラム2004」に参加して樋口秀吉
    • 九州発「住まいのルネッサンス」 「民家フォーラム2004」を省みて宮本繁雄
  • 民家の生きるまちづくり(10)江戸が垣間見える寺町の文化を守る 東京都台東区谷中  横山聡
  • 体験的民家再生考(9)新しい木構造の考え方を取り入れる  杉浦干城
  • 民家再生事例 豪雪地帯で快適な生活を 秋田県五城目町 I邸  岡田登
  • ニッポンの林業−山と木の話(3)森林認証とネットワークづくり 宮崎県諸塚村の取り組み  諸塚村産直住宅推進室事務局長 矢房孝広
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 原茂園「カフェ・カーサ・ダ・ノーマ」/ギャラリー「花棕櫚」
  • JAPAN2001 3周年記念リレーエッセー(2)MINKAの英国移築は技術の祭典だった  櫻田文昭
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • JMRAイベント報告
    茅葺きボランティア養成技術研修(山梨県塩山市)
    きんき民家宿/茅葺き見学とワークショップ(大阪府太子町)
    茅葺きワークショップ−ヨシ刈り体験ツアー(宮城県北上町、登米町ほか)
  • 事務局ニュース

2005年1月 1日 (土)

40号(2005年1月発行)

くど造りの茅葺き民家(福岡県浮羽町)
撮影=金井透

巻頭インタビュー
森を残して家を建ててほしい

画家・絵本作家
田島征三

 ぼくは終戦直後に高知県の田舎で子ども時代を過ごしました。そこで過ごした少年時代のことは、『絵の中のぼくの村』というエッセイに書いています。

ぼくは病弱だったので雨の日以外も寝ていることがあって、そういうときは寝ながら空想にふけっていました。天井板の木の年輪やシミが想像力をかきたててくれます。家全体が暗い大きな空間で、その闇の世界が、奥に何があるだろうかとか、どんなものが住んでいるだろうかとか空想の広がりを見せてくれました。

屋敷まわりの空間は、今の子どもたちの遊び場にはないですね。思い出してみると、家のまわり全部が遊びの空間でした。

最近は、里山が削られて住宅地になることが多いです。「森を守れ」と言っても、町で生活していてそこのフィールドを体験していない人には実感がわきません。「こんなに素晴らしいところを削るのか」という実感をもつには、そこに入って体験してもらうことが必要です。

森を残しながら家を建てるということをしてくれるといいのですが、まず全部木を伐ってしまうのです。家を建てる人や、土地を開発する人が、植生を少しでも残すように考えてくれることを願っています。(抜粋)

たしま・せいぞう

1940年、大阪府生まれ。高知県で幼少期を過ごす。絵本作家の田島征彦は双子の兄。多摩美術大学図案科卒業。1968年から東京・日の出町で自然と向き合う生活のなかで絵本や絵画、版画を制作する。現在は伊豆にて活動中。絵本に『ちからたろう』(世界絵本原画展金のりんご賞)、『ふきまんぶく』(第5回講談社出版文化賞)、『とべバッタ』(絵本にっぽん賞など)、『しばてん』など多数、エッセイ集に『絵の中のぼくの村』、『日の出の森をたすけて』などがある。

  • 「民家フォーラム2004」特集Part1
    • フォト・レポート 「白壁」と「棚田・茅葺き」の里に1100人が集う
    • シンポジウム「住まいのルネッサンス スローな衣・食・住の姿」
      基調講演 今、なぜスローライフか
        ニュースキャスター 筑紫哲也
      パネルディスカッション スローライフと民家再生  武富勝彦/安藤邦廣/柳本隆彦/宮本繁雄
    • フォーラムに参加して
  • 改善された文化財建造物に対する課税
  • 中越大震災が民家に問うもの 伝統構法の強さを検証する  長谷川順一
  • JAPAN2001 3周年記念リレーエッセー(1)シンポジウム報告書は私のバイブル  高口洋人
  • 日本の林業−山と木の話(2)すすむ人工林の荒廃 森林所有者のアンケート調査から  NPO木と遊ぶ研究所顧問 相川明
  • 民家再生事例 住みつなぐことへ思いを込めて 茨城県八郷町 T邸  吉田良一
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 喫茶店「銀の匙」/貸室・茶房「葛飾区 山本邸」
  • JMRAイベント報告
    垂井宿の史跡巡りと再生民家お茶会(岐阜県垂井町)
    甲州民家集落探訪と民家再生事例見学会(山梨県塩山市上条集落ほか)
    現地再生見学会と交流会(茨城県つくば市)
    旧関善酒店見学とNPOとの交流会(秋田県鹿角市)
    結の蔵完成見学会(神奈川県鎌倉市)
    土蔵の解体と現地再生民家の見学会(山梨県甲斐市、北杜市)
    復元民家見学セミナー(北海道穂別町)
  • 事務局ニュース