情報誌「民家」

« 66号(2009年5月発行) | メイン | 68号(2009年9月発行) »

2009年7月27日 (月)

67号(2009年7月発行)

Cover_67 水田を民家が囲む環状集落・荻ノ島
にて  撮影=田中達也

巻頭インタビュー
山里の民家は山の自然を取り込んでいる

作家/イラストレーター
遠藤ケイ

僕は、10年くらい前から新潟県三条市で築約130年の民家を拠点として活動するNPO「しただテラ小屋」の運営にあたっています。
ここでは毎月、囲炉裏を囲んで語り合う「炉辺夜話」の会や、マイ包丁をつくる鍛冶屋講座を開いているんですよ。去年は、女優の根岸季衣さんのひとり芝居も上演しました。新潟の民話をもとにした脚本を僕が書き、旧知の根岸さんにお願いしたら、民家での芝居を面白がってくれて。奥の座敷に100人くらい集まりました。

今年の一月には、東京の「子どもワークショップフォーラム」の子どもたちがやってきて、二泊三日で雪国の暮らしを体験しました。雪合戦に始まり、地元の名人を先生にカンジキを作ったり、で灯籠を作って庭いっぱいに灯りをともしたり。子どもたちからいろいろなアイデアが出て、幻想的で美しい雪景色が広がりました。子どもたちの一番人気は風呂焚きでしたね。薪を奪い合って燃やしてました。夜は、僕が描いた絵を壁に映しながら、この家に棲んでいたお化けたちの話を朗読しました。住む人がいなかった間、ホウキやハタキに宿るお化けや、便所にいる雪隠坊主がどうしていたか。最後は掃除の時間でしたが、「トイレを汚すと雪隠坊主が出てくる」と言って、一所懸命掃除をしていました。子ども独特の感性で何かを感じとっているんですね。(後略)

全文を読む(pdf)

Face_67

えんどう・けい

1944 年、新潟県生まれ。自然の中で手づくり暮らしを実践しながら日本全国、世界各地を訪ね歩き、人々の生業や生活習俗を取材。子どもの遊び、野外生活、民俗学をテーマに絵と文による執筆活動を続けている。『こども遊び大全』(新宿書房)、『男の民俗学』(1 〜3 巻、小学館文庫)、『暮らしの和道具』(ちくま新書)、『熊を殺すと雨が降る』(ちくま文庫)、『海の道 山の道』(筑摩書房)など、著書多数。

  • 新名称が「日本民家再生協会」に 代表理事 佐藤彰啓
  • 我が地域の民家(9) 京都府北部の民家 吉井幸男
  • 「民家の寺子屋」でセルフビルドの再生を学ぶ 武田一成/木村 慶/西本佳代子
  • 甲州民家を活かして村おこし —山梨県甲州市上条集落の取り組み—
  • 民家再生事例 築125年の住まいを次世代に引き継ぐ 群馬県吾妻郡長野原町 一柳 宿
  • 私のおすすめ建築材料 目積畳表 古川 保
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『 民家造』/『火天の城』
  • JMRAイベント報告
  • 新たに指定・選定された重文と重伝建地区 —文化審議会答申—
  • 日本民家再生協会2008年度活動報告・決算
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐