情報誌「民家」

« 65号(2009年3月発行) | メイン | 67号(2009年7月発行) »

2009年7月26日 (日)

66号(2009年5月発行)

Cover_66_2 水害に備えた高い石垣のある土蔵  撮影=林 安直

巻頭インタビュー
木の文化をもう一度取り戻したい

建築家
隈 研吾

僕は、横浜の大倉山というところで育ちました。大井町で医者をしていた祖父が畑仕事が好きで、大倉山に農家から畑を借りて、そこに小さな小屋のような家を建てて週末は畑仕事をしていたのです。それをそのまま改装した家に住んでいました。

東横線の沿線ですが、僕の育った昭和30年代は田舎から都市に切り替わる時期で、ビニールクロスにアルミサッシに蛍光灯というような典型的な高度成長期の住宅がすごい勢いで建っていきました。そのなかで、僕の家だけが友だちの家に比べて古くて、平屋で土壁のあばら家でした。最初はどうしようもなく恥かしかったのですが、ある時期から「これがよい住まいではないか」と自分のなかでの価値観が逆転して、自分の建築に対する好みとか好き嫌いがはっきりしてきました

この自分の育った家が、僕が建築を考えるうえでの原点になっていると思います。
その頃、あの辺は山の麓に農家が並んでいました。その農家の友だちの家に行くと、僕の家よりさらに古い家で、床下に青大将が住んでいるし、井戸には沢ガニがいて、竹やぶの中を登っていけばウズラがいたというような時代です。そういう空間を体験したことが、今につながっていると思います。(後略)

全文を読む(pdf)

Face_66_2

くま・けんご

1954年横浜生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、同年「水/ガラス」で アメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランド よりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞。近作にサントリー美術館。著書に『自然な建築』(岩波新書) 『負ける建築』(岩波書店)『新・都市論TOKYO』(集英社新書)

  • 地震被災地民家修復支援体制がスタート
  • 座談会 蔵を住宅にどう再生するか
  • 夢をかなえて 蔵は劇場、部屋はステージ―自分らしさを演出 新村佳幸
  • 「日本民家の旅」シリーズ 沖縄の民家を訪ねる旅――伊是名村 後藤知恵子
  • わが地域の民家(8) 大和棟の民家―奈良県香芝市を中心に 菅家正王
  • 民家再生事例 住宅街で住み継がれる山里の農家 福島県郡山市 石川邸 佐藤恭也
  • この人この仕事/工房探訪 最後の江戸鍛冶―左 久作
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • 読者のひろば 民家ネットワーク
  • 書籍紹介 『森林の崩壊―国土をめぐる負の連鎖』
  • JMRAイベント報告
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 食事処「はりこし亭」/食事処「百小屋」
  • 事務局ニュース
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐