情報誌「民家」

« 58号(2008年1月発行) | メイン | 60号(2008年5月発行) »

2009年7月23日 (木)

59号(2008年3月発行)

Cover_59 茨城県常陸大宮市
撮影=柳下征史

巻頭インタビュー
民家を残るネットワークづくりを

兼業農家主婦
役重真喜子

結婚した当初は、大正時代に建てられた大きな家で暮らしていました。黒光りする太い梁、ふすまを開けても開けても続く広い座敷...床積100坪という広い家は、都会育ちの私にまるで体育館のようでした。使ったことはあませんが、囲炉裏も切られていました。もちろん、その家に住みつづけるつもりで、計屋さんにも来てもらい、いろいろ検討しまた。設計屋さんは「床を張り直し、断熱材を入れれば格段に暖かくなる」と言っていましたけれども、増改築部分の扱いが難しいようで、間的にも費用的にもかなりかかりそうでした。出産間近だったため、急いで暖かい家を建なければならず、断念しました。

近所にも茅葺きの民家に住んでいる人はいませんね。朽ち果てている姿を見かけるくらいです。このあたりの民家は、昭和30、40年代建て替えられたり、屋根がトタンに葺き替えれたりしたようです。

民家は、地域の暮らしとともにあると思います。人が集まりやすい、何かのときに手伝いしすい造りになっています。現代の家は、暖か適度に快適に暮らせますが、便利すぎるのではないでしょうか。隣近所と助け合う必要もありません。しかし、不便さによって生まれる人のつながりがあると思うのです。寒ければ、こたつのある部屋に家族みんなが集まります。地域においても、かつては自然にそうした集まりがもたれ、民家がその場所になっていたわけです。
民家では、とりわけ、土間が好きです。(後略)

全文を読む(pdf)

Face_59

やくしげ まきこ

1967年、茨城県生まれ。父親の転勤に伴い、茨城県、東京都、千葉県を転々としながら少女時代を過ごす。農林水産省に入省し農村研修で岩手県東和町と「牛」 に出合い、1993年に農水省を退職。東和町役場(2006年花巻市に合併)に勤務しながら地域おこしに力をつくす。著書に東和町での出会いや出来事をまとめた『ヨメより先に牛がきた』がある。

    <目次>
  • JMRA設立一〇周年 「民家フォーラム2007」特集 Part 2
  • シンポジウム 地域の文化資産としての民家をどう守り生かしていくか  
          問題提起  佐藤彰啓  活動報告  白石智洋/坂本知忠/飯島龍一郎/佐藤 仁 
          総括と提言 安藤邦廣  まとめ   佐藤彰啓
  • JMRAの今後一〇年につなぐもの —JMRA設立一〇周年記念事業を振り返って 清沢和弘
  • わが地域の民家(2)新潟県魚沼・妻有地方の中門造り 小林隆治
  • 民家再生事例 福島の部材がはるか南伊豆にて再生へ 静岡県南伊豆町 古松邸 篠崎良司
  • 茅葺きのはなし(3)—中級編—茅葺きの技術(筑波地方の例)中島 信
  • 「JMRA民家バンク」情報 
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬 
  • 書籍紹介 
    『工匠たちの技と知恵——世界の住まいにみる』
    『クマともりとひと——森山まり子会長のスピーチから』
  • JMRAイベント報告
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 串揚げ処「はん亭」/花・林・桃・源・郷「蔵久」
  • 小さなかやぶきの里をたずねて 森田伊佐
  • 事務局ニュース