情報誌「民家」

« 55号(2007年7月発行) | メイン | 57号(2007年11月発行) »

2007年9月11日 (火)

56号(2007年9月発行)

山形県白鷹町の民家
撮影=桜庭文男(JMRA会員)

巻頭インタビュー
文化としての家の継承を民家再生で

建築家
降幡廣信

私は今日まで、再生の相談を受けましたらどんなところにでも出向きましたね。そうするようになったきっかけは、村松貞次郎先生の師である関野克先生との出会いです。

私どもの信州では、信濃教育会という小中学校の教師の勉強会が各分野の権威者の先生方を招いて会を開いているのです。昭和五八年の夏に関野先生がいらっしゃって「古い住宅は歴史を持った大切なものだから残していきましょう」という話をされたらしいのです。それを、私が再生した家に住んでいらした山田ヤチさんというおばあちゃんが聞きに行っていて、先生に「私は古い家を再生して便利にしていますよ」と自慢したのです。その再生民家を見に来られて、関野先生は私に会いたいと言われた。おばあちゃんから「すぐ来てくれ」と電話がありまして、私は駆けつけました。(後略)

全文を読む

ふりはた・ひろのぶ

1929年長野県生まれ。1953年、関東学院大学建築科卒業。同大学建築学教室助手を経て、1961年に家業の山共建設(株)を継ぐ(三代目)。 1963年、降幡建築設計事務所設立。「民家再生」を提唱し、先駆的役割を果たす。JMRA会員。著書に『民家の再生−降幡廣信の仕事』『現代の民家再考』『民家再生の設計手法』『古民家再生ものがたり』『民家再生の実践』などがある。

  • 観世榮夫会長のご逝去を悼む 清沢和弘/佐藤彰啓/小原公輝/野本道江
  • 座談会 国産材の活用をどう進めるか 高本明生/杉浦干城/関謙二/小原公輝
  • 民家再生事例 長い「冬の寒い生活」から解放されて 青森県北津軽郡板柳町 三上邸 竹内和男
  • 茅葺きのはなし 入門編 吉村潤
  • 民家再生技術セミナーより 古民家再生の環境的側面を考える 講師/中島裕輔
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 宿坊・そば処「極意」/会席料理「二木屋」
  • JMRA10シリーズ JMRAにこの人あり(5) 登録事業者で民家再生の仕組みづくり 和田勝利さん
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • 民家ネットワーク 春・夏・秋・冬
  • JMRAイベント報告
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐
  • 事務局ニュース