情報誌「民家」

« 53号(2007年3月発行) | メイン | 55号(2007年7月発行) »

2007年5月11日 (金)

54号(2007年5月発行)

あんずの里にて(山形県米沢市)
撮影=佐野昌弘(JMRA会員)

巻頭インタビュー
民家は日本人にふさわしい巣

映画作家
大林宣彦

木と紙でできた日本の家屋は、気配(けわい)の家だと思うのです。どこにいても家族の息づかいが聞こえ、隣の部屋の両親の話し声でどんな一日だったかが感じられる。人間だけではなくて雨の音、風の音、窓を開ければ落ち葉が舞い込んでくる。お互いが気配を感じ合うことで会話がなくてもコミュニケーションがとれる。それが日本の社会だったのです。

ところが戦後に入ってきた欧米の家は、部屋に入ると孤独になるわけです。隣の部屋の人には声をかけ、夫婦でさえ「アイ・ラブ・ユー」と何度も声をかけあう。それは彼らにとって言葉を交わすことがコミュニケーションの手段だからで、そういう文化の違いは風土によるものです。家というのは人間の巣ですから、自然風土に見合った手近なもので作るのが理にかなっているのに、戦後、私たちは巣の作り方を変えてしまった。言葉を交わす習慣がなかった日本人が気配の伝わらない家に住んでしまったがために、家族も個人の生き方も変わってしまい、それが日本社会を壊していく大きな要素になったのだろうと思います。(後略)

全文を読む

おおばやし・のぶひこ

1938年広島県尾道市生まれ。16ミリ第一作「喰べた人」(63)でベルギー国際実験映画祭審査員特別賞を受賞。77年「HOUSE/ハウス」で劇場映画にも進出。同年「瞳の中の訪問者」とともに“ブルーリボン新人賞”を受賞。故郷で撮影された「転校生」(82)「時をかける少女」(83)「さびしんぼう」(85)は“尾道三部作”と称され親しまれている。そのほか、主な作品として「はるか、ノスタルジィ」(92)「あした」(95)「なごり雪」(02)など。「青春デンデケデケデケ」(92)で平成4年度文化庁優秀映画作品賞、「SADA」でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞など受賞も多数。最新作は「22才の別れLycoris葉見ず花見ず物語」(06)「転校生さよならあなた」(07)。2004年春の紫綬褒章受章。

  • レポート JMRA設立10周年記念イベント 伝統芸能“能”と古民家の暮らし
  • 座談会 JMRA設立10周年記念イベント 古民家に暮らして 住まい手のホンネ
  • JMRA設立10周年企画シリーズ「これからの民家の残し方」(2)民家への理解者を増やす「人育て」を 山梨大学准教授 田中勝 聞き手:石川重人
  • JMRA設立10周年企画シリーズ JMRAにこの人あり(3)ボランティアに支えられた情報誌『民家』 石津尭
  • 民家の生きるまちづくり(19)空き家等対策で大和今井町を活性化 奈良県橿原市今井町 「NPO今井まちなみ再生ネットワーク」理事長 上田琢也
  • 民家再生事例(1)4代にわたる家の息づかいを伝える再生 福島県いわき市 K邸 宗像智加枝
  • 民家再生事例(2)遠州の民家が三河の山の麓に返り咲き 愛知県岡崎市 黒邸 黒好史
  • 民家ネットワーク春・夏・秋・冬
  • 「JMRA民家バンク」情報
  • シリーズ 民家の宿、民家の店 料理茶屋「魚志楼」/玄米心食「あいすなお」
  • JMRAイベント報告
  • 小さなかやぶきの里を訪ねて 森田伊佐
  • 事務局ニュース