日本民家再生協会 近畿地区

このコーナーは日本民家再生協会 近畿地区が運営しています

2014年12月20日 (土)

2014年度きんき民家塾第6回講座『金沢探訪と伝統工芸体験ツアー』 報告

2014年11月8日(土)〜9日(日)に開催された きんき民家塾第6回講座のレポートです。

141206_no60_1s



2014年度きんき民家塾第5回講座『作陶体験とお茶づくり』 報告

2014年10月4日(土)に開催された きんき民家塾第5回講座のレポートです。

141108_no59_2s



2014年度きんき民家塾第4回講座『眠れるスギの真価を探る』 報告

2014年9月6日(土)に開催された きんき民家塾第4回講座のレポートです。

141108_no59_1s_2



2014年9月10日 (水)

2014年度きんき民家塾第3回講座『五條の街並みと日本最古の民家を訪ねて』 報告

2014年8月2日(土)に開催された きんき民家塾第3回講座のレポートです。

140906_no58_1s_2


2014年8月20日 (水)

2014年度きんき民家塾第2回講座『大工道具の町、三木市を訪ねて』 報告

2014年7月5日(土)に開催された きんき民家塾第2回講座のレポートです。

140802_no57_1s


2014年度きんき民家塾第1回講座『日英古建築の比較』 報告

2014年6月7日(土)に開催された きんき民家塾第1回講座のレポートです。

140705_no56_1s_3


2014年1月29日 (水)

2014年度 きんき民家塾 第13期生募集!【終了しました】

日本の住文化の原点であり、歴史を今に伝える民家が次々と壊され、消えようとしているのが現状です。このような状況にある民家を残し活かしたい、民家のことを多くの方に学んでいただきたいと立ち上げた「きんき民家塾」も今年で13年目を迎えました。民家に興味のある方ならどなたでも歓迎です。豊富な講師陣と共に民家を楽しみながら、民家のつくり、魅力等について一緒に学びませんか。

Kinki13_2


―講座内容―

日時:6月7日(土)13:30~16:30 【終了しました】
テーマ:日英古建築の比較(★公開講座)講師:マーティン・N・モリス氏
イギリス出身の親日派、千葉大学大学院の歴史・保全再生研究室教授でもあるモリス先生に日本とイギリスの古建築の比較研究などの成果をお話しいただき、わが国の民家の魅力などを再評価・確認したいと思います。※講座終了後、懇親会あり。
会場:綿業会館(大阪市中央区備後町2-5-8)

日時:7月5日(土)13:00~16:30 【終了しました】
テーマ:大工道具の町、三木市を訪ねて 講師:製作所代表、木下武夫館長など
「鍛冶や」さんの町・兵庫県三木市の金物製作所で日頃なかなか見ることのできない工程見学(交渉中)の後、金物資料館で特産地となった歴史的背景を学び、金物製品や展示資料を見学。隣接の金物神社などを訪ねます。午前中、オプションで江戸期の旧玉置家、明治期の旧小河家別邸の見学も計画しています。※開始時刻は13時(ご注意:繰り上げになっています)
会場:兵庫県三木市上の丸町ほか

日時:8月2日(土)13:30~16:30 【終了しました】
テーマ:五條の町並みと日本最古の民家を訪ねて 講師:ボランティアガイド
吉野川下流沿いに開けた大和盆地の西南にあたり、古くから大阪と紀伊を結ぶ交通の要衝、また、宿場・商業の街として発展した五條市・新町通り(伝建地区)を訪ね、建築年代のわかる日本最古の民家・栗山家住宅(重文、非公開)に出会います。

日時:9月6日(土)13:30~16:30 【終了しました】
テーマ:眠れるスギの真価を探る(★公開講座)講師:杉岡世邦氏
製材業、林業経営者で建物一棟分の木材を用途に合わせ誂える仕事・木挽棟梁を目指しておられる講師から、木の活かし方や林業、資源から環境問題まで幅広く語っていただきます。
会場:石切ヴィレッジ(東大阪市東石切町5-4-54)

日時:10月4日(土)13:30~16:30 【終了しました】
テーマ:作陶体験とお茶づくり 指導:各工房講師
宇治茶文化の里・朝日焼(窯元)の見学、器づくり(たたら粘土板で型づくり)体験と福寿園(宇治工房)でのお茶づくり体験などを楽しみます。
会場:京都府宇治市宇治山田

日時:11月8日(土)~9日(日) 【終了しました】
テーマ:金沢探訪と伝統工芸体験ツアー(★公開講座)講師:施設ガイド、工房講師
加賀百万石の城下町・金沢の再生現場の見学(交渉中)に加え、前期、前々期に学んだ成巽閣、鈴木大拙館などを訪れます。伝統工芸の箔貼りまたは蒔絵体験のほかフリータイムも設け、自身で訪ねてみたいところにも時間を割けるようなプランとする予定です。往復は恒例の和気あいあいのバスツアーです。集合予定:8日 8:00 大阪、解散予定:9日 20:00。
会場:石川県金沢市、成巽閣、鈴木大拙館など

日時:12月6日(土)13:30~16:30 【終了しました】
テーマ:古民家の見方(★公開講座)講師:櫻井敏雄氏
長年、各地の近世社寺建築について調査を続けてこられた講師は、歴史的な社寺建築に関する設計の背景を探り、特に浄土真宗寺院の遺構と意匠の成立過程を意欲的に解明されてきました。建築史・意匠研究者の立場から古民家の見方について語っていただきます。※講座終了後、懇親会あり。
会場:石切ヴィレッジ(東大阪市東石切町5-4-54)

*詳細は変更になる場合があります。
*活動中の事故などについて、当会はすべての会員を対象にNPO活動総合保険に加入しています。会員以外の方は対象外です。なお、自家用車による移動で万一事故が発生した場合、第三者に対する賠償は各人の自動車任意保険での対応となります。
*このイベントの移動(バス)や宿泊の取り扱いは「(有)日本キャリートラベル」となります。

きんき民家塾13期募集チラシは、こちらから→13.pdfをダウンロード

― 募集要項 ―

募集人数通年受講生 定員30名(JMRA会員限定)※公開講座は定員40名
※各回学生受講生 定員10名(会員外可。開催2週間前までに事前予約が必要。先着順)
受講料新規受講生 通年19,000円(JMRA登録事業者は、各講座、異なる社員の受講可)
継続受講生 通年16,000円(第10-12期通年受講生は継続受講生扱い)
学生単回受講生1,000円/回(受講当日受付時、学生証提示要)
※公開講座(第1、4、6、7回)定員に空きがあれば単回参加可。3,500円/回、会員3,000円/回。
別途費用各会場までの交通費、懇親会費、各種体験費用、バスツアー代、宿泊費等は各自負担。
応募締切通年受講と第1回は、5月15日(木)5月22日(木)※締め切り日を延長しました。
応募方法本部事務局(こちらのフォームまたはファクス03-5216-3542)まで氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、ファクス番号、Eメールアドレス、JMRA会員番号、(学生の場合、学校名、学年、専攻)をご明記のうえ、お申込みください。
※お申込み受付後、受講生には初回案内と振込用紙を送付します。

2013年4月10日 (水)

2013年度きんき民家塾 第12期生募集!【終了しました】

日本の住文化の原点であり、歴史を今に伝える民家が次々と壊され、消えようとしているのが現状です。このような状況にある民家を残し生かしたいと願っています。民家のことを多くの方に学んでいただきたいと「きんき民家塾」を立ち上げついに今年は12年目を迎えました。民家に興味のある方ならどなたでも歓迎です。豊富な講師陣と共に、民家を楽しみながら民家のつくり、魅力等について一緒に学びませんか。

Kinki1 Kinki2_2

―講座内容―

日時:6月1日(土)13:00~13:30 JMRAきんき地区全体集会 13:30~16:30 基調講演
テーマ:住まいの文化史(講師:麓和善氏) 
これまで全国的に調査した多数の文化財や絵巻物の写真を整理して、わが国の住まいの歴史や魅力をわかりやすく解説します。講座終了後懇親会あり。
会場:綿業会館(大阪市中央区備後町2-5-8)
★単回参加可

日時:7月6日(土)13:30~16:30
テーマ:刃物研ぎの技、古民家の移築をセルフビルトで(講師:井上利彦氏 / 埋橋忠彦氏)
刃物研ぎはやさしいようで難しい極意の技を教えてくれます。民家塾生OBは古民家をセルフビルトで移築再生を成し遂げ、その苦労とこれからの楽しみを話してくれます。
会場:石切ヴィレッジ(東大阪市東石切町5-4-54)

日時:8月3日(土)13:30~16:30
テーマ:建築塗装の歴史的展開(講師:窪寺茂氏)
日本の建築塗装は寺社建築を通して発展し、住宅等にも取り入れられました。その歴史的展開を古建築を見て学びます。。
会場:金剛寺(河内長野市天野町996)
  
日時:9月7日(土)12:30~16:30
テーマ:川端(かばた)の暮らしと古材活用(案内人:島村義典氏)
きれいな湧水「生水(しょうず)」を生活利用する川端のしくみと町並みを見学。古材の郷島村葭商店で古材活用のワークショップです。
会場:島村葭商店(滋賀県高島市新旭町大字旭8)、針江生水の郷

日時:10月5日(土)~6日(日) 集合:5日8:00 解散:6日20:00頃
テーマ:備中高梁、吹屋ふるさと村にどっぷりツアー(案内人:野村辰男氏)
重文・備中松山城と城下町や(顔料・研磨剤に使われた)ベンガラや銅山で栄えた吹屋村、庄屋屋敷、美作三湯の一つ(湯郷)の立ち寄りなども予定しています。 
会場:岡山県備中高梁
★単回参加可

日時:11月16日(土)13:30~16:30
テーマ:銘木について(講師:中川典子氏)
銘木を住宅に取り入れる国は日本だけでしょう。難しい仕口をさりげなく見せる大工の技は銘木をより魅力あるものに仕上げます。その材料となる銘木の講座です。その後龍馬をかくまった三条の町家での龍馬展を見学します。
会場:千本銘木商会 会議室(京都市中京区千本三条下ル)

日時:12月7日(土)13:30~16:30
テーマ:伝統構法 継手・仕口について(講師:鳴海祥博氏)
寺社建築・重要文化財等の修復に携ってこられ、伝統的木造の構造、継手、仕口についての講義です。 その後終了式を行ないます。講座終了後懇親会あり。
会場:石切ヴィレッジ

*時間は変更になる場合があります。
*活動中の事故などについて、当会はすべての会員を対象にNPO総合保険に加入しています。なお、車による移動で万一事故が発生した場合、第三者に対する賠償は各人の自動車任意保険での対応となります。
*このイベントの移動や宿泊の取り扱いは「(有)日本キャリートラベル」となります。

― 募集要項 ―

【募集人数】30名(JMRA会員限定)
【締切】5月15日(定員に達し次第締切)
【受講料】通年19,000円(登録事業者は各講座異なる社員の参加可)  継続受講生 通年16,000円
※単回での参加ができる講座もあります。(★印)…3,500円/回、会員3,000円/回
※各会場までの交通費、懇親会費、バスツアー代、宿泊費等は各自負担とします。
【お申込み】氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、FAX番号、Eメールアドレス、JMRA会員番号をご明記のうえ、本部事務局(FAX:03-5216-3542またはE-mail:info@minka.jp)までお申込みください。
※申込み締切後、受講生には初回案内と振込用紙を送付します。

続きを読む "2013年度きんき民家塾 第12期生募集!【終了しました】" »

2012年4月 2日 (月)

2012年度きんき民家塾 第11期生募集!【終了しました】

日本の住文化の原点であり、歴史を今に伝える民家が次々と壊され、消えようとしているのが現状です。このような状況にある民家を残し生かしたいと願っています。民家のことをより多くの方に学んでいただきたいと「きんき民家塾」を立ち上げ、今年は11年目を迎えました。民家に興味のある方ならどなたでも歓迎です。豊富な講師陣と共に、民家を楽しみながら民家のつくり、魅力などについて一緒に学びませんか。

―講座内容―

日時:6月2日(土)13:30~16:30
テーマ:古民家の生かし方(講師:降幡廣信氏) 
古民家再生の先駆者的存在で全国で活躍をされ、地方独特の構造、意匠についてお話を受けます。講座終了後、懇親会有。
会場:石切ヴィレッジ東大阪市東石切町
★単回参加可

日時:7月7日(土)13:30~16:30
テーマ:木工 継手、仕口のつくり方(講師:谷口棟梁)
木造の要である継手、仕口のお話と、墨付から加工までのワークショップを行います。
会場:石切ヴィレッジ

日時:8月4日(土)~5日(日)
テーマ:和紙と山の木を見るバスツアー(講師:福西氏/岡橋氏(予定))
和紙の手すき体験と植林されている山を訪ねる旅です。
会場:奈良県吉野郡
★単回参加可
  
日時:9月1日(土)13:30 ~ 16:30
テーマ:庭と石垣(講師:中村彩氏)
現在はアメリカで活躍しておられ、自然な庭づくりの設計を石切ヴィレッジの石垣をバックにお話を伺います。
会場:石切ヴィレッジ

日時:10月6日(土)
テーマ:民家まちなみ見学(講師:中川等氏)
生駒山麓には古民家が多く残っています。何故残ったのかを問い、専門家とともに散策します。
会場:東大阪市

日時:11月10日(土)
テーマ:大工道具の歴史(講師:未定)
竹中大工道具館で学芸員より説明を受け、その後ヤリカンナを使う体験を行います。
会場:竹中大工道具館

日時:12月1日(土)13:30 ~ 16:30
テーマ:茅葺の技術(講師:西尾氏(屋根晴))
茅葺屋根の葺き方を実際の茅葺の小屋裏に入って構造の勉強も兼ねて学びます。講座終了後、懇親会有。
会場:石切ヴィレッジ

― 募集要項 ―

【募集人数】30名(JMRA会員、入会予定者限定)
【締切】5月15日(定員に達し次第締切)
【受講料】通年19,000円 継続受講生 通年16,000円
※単回参加ができる講座もあります(★印)。単回参加の受講料は、3,500円/回 会員3,000円/回。
※各会場までの交通費、懇親会費、バスツアー代、宿泊費等は各自負担とします。
【お申込み】氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、FAX番号、Eメールアドレス、JMRA会員番号をご明記のうえ、本部事務局(FAX:03-5216-3542またはE-mail:info@minka.jp)までお申込みください。
※申込み締切後、受講生には初回案内と振込用紙を送付します。

2011年4月11日 (月)

2011年度 きんき民家塾 第10期生募集【終了しました】

日本の住文化の原点であり歴史を今に伝える民家が、次々と壊され消えようとしているのが現状です。このような状況にある民家を残し生かしたいと願っています。民家のことをより多くの方に学んでいただきたいと「きんき民家塾」を立ち上げ、ついに今年は10年目を迎えました。民家に興味のある方ならどなたでも歓迎です。豊富な講師陣と共に、民家を楽しみながら民家のつくり、魅力などについて一緒に学びませんか。

≪講座内容≫

第1回 <テーマ> 日本伝統木造の心 <日 時> 6月4日(土)13:30 ~ 16:30 <会 場>綿業会館(大阪市中央区備後町)

仏教伝来により学びの頂点となった寺院は日本の建物の構造も大きく変えた。きんき民家塾10年目を記念して法隆寺管長に講師をしていただきます。講座終了後、懇親会有。  【特別対談】大野玄妙氏(法隆寺管長)および西山要一氏(奈良大学教授) *貴重なお話を伺えるチャンスです  ★単回参加歓迎

第2回 <テーマ> 「柿渋塗り」ワークショップ  <日 時> 7月2日(土)13:30 ~ 16:30  <会 場>京都府相楽郡南山城村

柿渋の歴史や製法・用途などについて学び、見学と実際の「塗り」を体験します。 講師:冨山敬代氏(㈱トミヤマ)

第3回 <テーマ> 伝統構法による新築住宅現場見学  <日 時> 8月6日(土)13:30 ~ 16:30 <会 場> 滋賀県大津市近江舞子 講師:伊東裕一氏(㈲梓工務店 代表取締役)

第4回 <テーマ> 左官技術の講義と土塗り、漆喰塗り体験 <日 時> 9月3日(土)13:30 ~ 16:30   <会 場>未定

国内はもちろん海外でも活躍されておられる松木氏をお招きし、左官の技の講義とワークショップ。 講師:松木憲司氏(蒼築舎)

第5回 <テーマ> 信仰と木彫りの里(木彫り体験)と世界遺産ツアー  <日 時> 10月1日(土)~2日(日) <会 場>富山県南砺市

1日目は木彫り体験し、翌日、世界遺産の白川郷を訪ねる旅です。(バスツアー)  講師:伝統工芸士   ★単回参加歓迎

第6回 <テーマ> 富田林市寺内町巡り <日 時> 11月12日(土)  <会 場> 大阪府富田林市寺内町

古くは紀伊国へ続く街道の宿場町として栄え、戦国末期より京都興正寺別院を中心とし、寺内町として発展。今も古い面影を残している町並みを在住の塾生の案内により街巡りします。

第7回 <テーマ> 和紙の歴史  <日 時> 12月3日(土)13:30 ~ 16:30  <会 場>綿業会館(大阪市中央区備後町)

日本古来から伝承されている手漉きの技術の講座です。その後、修了式を行います。(和紙による修了証お渡し予定) 講座終了後、懇親会有。 講師:未定

≪募 集 要 項≫ ◎受講決定後、受講生には初回案内と振込用紙を送付します。

【募集人員】35名(JMRA会員・入会予定者限定)

【締  切】5月15日(定員に達し次第締切)

【受講料】初年度・通年19,000円   継続受講生・通年16,000円 ★印は単回参加および一般の参加も可 会員3,000円/回、一般3,500円/回 各会場までの交通費、懇親会費、バスツアー代、宿泊費等は各自負担とします。

【申 込】氏名、住所、自宅電話番号、携帯電話番号、FAX番号、メールアドレス、会員番号をご記入の上、下記までお申し込みください。

<JMRA事務局> FAX:03-5216-3542またはE-mail:info@minka.jp <近畿地区運営委員会> E-mail : kinki@minka.jp