民家再生事例

2016年11月21日 (月)

鶯渓庵

160259

古材は、過去に手仕事で製材され煙でいぶされた添加物の無い理想の建材。新築にも自然素材を追い求めた結果、「心と体にやさしい、古材を使った快適な生活空間」が実現した。152年前に製材された牛梁とケヤキの大黒柱を構造材として使用し、古材が主役の民家となっている。


続きを読む "鶯渓庵" »

2016年11月18日 (金)

富士の丸窓の家

160253

古い物好きの建築主より「家のどこかに意匠的に古材を使用してほしい」と、当初から要望があった。古材の曲がった梁を配置することにより落ち着いた空間を演出。古材使用部分以外も本物にこだわった家づくりをすることにより、古材と違和感のない仕上がりに。忙しい家族のために、導線計画・収納計画をし、団らんを増やせるような間取りを目指した。


続きを読む "富士の丸窓の家" »

八角形の家

160252-1

子ども7人のご家族の家。「奇抜で変わった家を」とのご要望から、八角形の家が誕生した。ご主人が工事に参加し、竹木舞掻きや塗装、家具工事、タイル貼りなどを行い、思い入れのある家に。八角形を活かし、1階は個室3室、2階はフリースペースとして、1階のLDと吹き抜けでつながっている。中心から伸びる8本の梁に新材と古材を配置しリズムを付けた。


続きを読む "八角形の家" »

つけもの処「鶴屋」三瀬店

160251-1

他県からのお客様を想定し、できるだけ長く寛いでいただけるように、古材を多様した落ち着いた店内に仕上げた。一歩中に入ると、まるで古民家に呼ばれたかのような空間に。飲食コーナーの漬物バイキング用のテーブルは、古材の角材を利用して制作。店舗での古材活用の良い事例となった。


続きを読む "つけもの処「鶴屋」三瀬店" »

2015年12月 2日 (水)

M邸

150247-1

4世代が集う空間を中心にしてプライベートな空間を放射状に配置することで、それぞれの独立性を確保した。それにより、良好な日照、通風も得られ健康で快適な住まいとすることが出来た。また、解体した民家の部材を積極的に活用しつつも耐震等級2(長期優良住宅)レベルの強度を確保した。


続きを読む "M邸" »

2015年11月27日 (金)

I邸

150235-1

建設地は駅至近の近隣商業地域で準防火地域のため、木部を表す下地を防火構造として建築主希望の伝統的「和」の意匠となるよう心掛けた。玄関を吹抜けとしたが、古材を水平構面強度確保するための繋ぎ梁として使うことで引き締まった空間とすることが出来た。


続きを読む "I邸" »

2014年11月18日 (火)

西浦マリーナ West Cove

Photo_6

1963年東海地方で初めて開業した老舗マリーナ。長い歴史を感じさせるクラブハウスにしたいという思いから、造作材・構造材に古材を使用。古材には同色の古色塗りを施し、壁面は漆喰仕上げとすることで、落ち着いた雰囲気に。古材がRC造の空間に暖かい雰囲気を持たせている。


続きを読む "西浦マリーナ West Cove" »