民家再生事例

2016年11月21日 (月)

A邸

160263

信州飯田の蔵を移築。100年を経ているにも関わらず、腐れなどのダメージも少なく、非常に良い状態であった。再生にあたっては、居間部分の天井を取り吹抜けに。玄関と和室は違和感なく増築し広さも確保。また蔵戸を再利用したり、ホゾ穴を埋め木しない、置き屋根を踏襲することで、雰囲気を活かした。時間を掛けて丁寧に設計・再生した蔵。


続きを読む "A邸" »

2015年12月 2日 (水)

3丁目の家

150249-1

道路計画により解体予定の家を移築再生。土間を入ると大黒柱が4本もある特徴的な民家で、再生後もシンボルとして生きている。大きな家だったため、広縁と土間を減築しているが、構造体はそのまま利用、また小屋部分にはロフトを新設し、子供部屋とトイレにしている。


続きを読む "3丁目の家" »

2015年11月27日 (金)

酒蔵・米蔵の移築再生 サガ電子工業新工場

150232-1

佐賀県武雄市にあった酒蔵2棟(築約100~150年)と有田町にあった米蔵、庄屋の納屋(築約80年)を移築、空調などを電気エネルギーに頼らないエコなアンテナ工場となった。建築主の意向で、構造材以外にも壁土など再利用できるものはできるだけ利用している。第17回佐賀市景観賞受賞。


続きを読む "酒蔵・米蔵の移築再生 サガ電子工業新工場" »

2015年11月26日 (木)

手作りの古民家 「Kame村」

15288-1

JMRA登録事業者が自分のために移築再生した民家。当初は持ち主から「こんなボロ家を?」と言われていた。大黒柱を中心に敷居鴨居の場所を利用し平面計画。床下は高基礎に屋根裏は着色OSBで茅葺きの雰囲気を残した。コツコツと手造りをし、趣きのある大人の隠れ家へと再生された。


続きを読む "手作りの古民家 「Kame村」" »

2014年11月18日 (火)

大和の家

0006

元の持ち主の希望に沿い、新建材を使わず、既存の形を生かして再生。壁は、竹小舞、土壁、漆喰仕上げなどに、こだわった。解体で出た木材は造作棚などに再利用。梁をあらわしにし、ロフトや丸太を加工した梯子をつけるなど、隠れ家的な空間に。暮らしを楽しむ家が完成した。


続きを読む "大和の家" »

2014年11月17日 (月)

左官三昧の家

1402171

民家バンク」に登録されていた築140年秋田の内蔵を移築。「伝統建築・伝統技術の伝承」「寒い・暗い・暮らしにくいの解消」をコンセプトに設計を進めた。元のものは最大限使用するという建築主の思いから、観音開きの戸前も移築再生。また随所に様々な技術の左官仕事が光る再生となった。


続きを読む "左官三昧の家" »

2014年11月14日 (金)

和牛処 やまだいら

22

明治44年新潟県山平村に役場として移築された江戸後期の民家を移築再生。太くて黒い小屋組みが圧巻。防火地域であるため、建物を二重構造として外側で基準を満たした。使用目的がレストランであるため、建築設備の基準もクリア。内部は創建当時のままを再現し、和室は珪藻土藁スサ塗り。


続きを読む "和牛処 やまだいら" »

名取の家

D90r7223

建物をコの字型に配置し、中庭に向け全面に開口部を設けることで、外部からの視線に気兼ねすることなく採光できる。また、母屋(築130年)と蔵(築100年)を繋ぐ空間に玄関を配置し、母屋側を生活空間、土蔵側をゲストスペースとして位置づけることで、一体感を保ちつつ音や光を分離できた。


続きを読む "名取の家" »