民家再生事例

2018年11月22日 (木)

来秀の家

180291

沈下修正と合わせ民家再生。既存の茅葺き上にトタンを被せた屋根は、軒先から見える茅を生かし傷んでいた部分を新しい茅に差し替えて残した。増築部分は解体し元の大きさに戻すことで、生活導線を考慮したコンパクトで住みやすい空間とした。新建材で覆われた梁や天井はシロアリ害の部分のみ交換し、使える材はできるだけ残し、梁はあらわしにして解放感を出すなどした。


続きを読む "来秀の家" »

2018年11月16日 (金)

国府関の家

180289国府関の家

東と北側が崖に囲まれ、当初は床下に湿気が溜まりやすい状態。再生工事では、床下の環境改善を中心に行い、構造材だけにして家全体を持ち上げ、基礎工事をやりなおし、防湿コンクリート工事を行った。玄関ホールは、居室より床を一段低くし、天井板を外して根太を適度に抜くことで、高さと開放感を出した。応接間も、新建材で覆われた部分をはがし、立派な梁を見せた。


続きを読む "国府関の家 " »

綾部市鍛治屋町 T邸

180287

第2の人生を里山に近い静かな場所で、薪ストーブで暖を取る暮らしをしたいという建築主の希望を叶えた家。まず西側和室の沈みと柱の傾きを修正。土間上部の梁を活かすために天井を上げ、居間、ダイニング、キッチンとつながるワンルームとしたことで、広々とした空間が生まれた。また裏庭につながる土間スペースを作り、屋内壁をガラスブロックにすることで採光を確保している。


続きを読む "綾部市鍛治屋町 T邸" »

古きものを愛しむ住まい

180286

もともと古いものが好きな建築主が、父親が借家として残し、ここ数年空き家になっていた家を改修。合板やビニールクロスは使用せず、可能な限り既存の状態のまま再生。トタン貼りだった外壁を土壁下地の漆喰塗りと板壁に、窓枠は建築当初と同様の木製に戻した。内装は自然素材で仕上げ、天井の低さ、古色の色合い、古道具などノスタルジックな風合いをそのまま残している。


続きを読む "古きものを愛しむ住まい" »

2018年11月13日 (火)

勝山さんの古民家カフェ

180284勝山邸

明治、大正、昭和と生活に合わせて増改築をくり返し大切にされてきた家。近年、この家の風情が評判になっていたこともあり、より過ごしやすい家として再生。寒さや暗さを解消し生活導線を確保、バリアフリー化をしつつ、コミュニケーションの場となっている縁側や美しい障子など、従来の良さをそのまま残した。雰囲気を損なわないよう、建具は樹脂内窓と既存建具を併用し断熱を確保している。


続きを読む "勝山さんの古民家カフェ" »

2018年11月12日 (月)

幸姫酒造

180282幸姫酒造

沿道の景観をつくっていた大きな酒蔵だったが、道路拡幅工事に伴い約1間の土地を提供。当初は鉄骨造で作り変える検討をしていたが、代々受け継いだ建物を残すため再生工事を行った。道路から1間を切り取り、屋根を替え、外壁は既存と同じく土壁造りで仕上げた。既存の梁、桁、二階床梁を切断し、仕口の加工は全て手刻みで行うなど、技術を駆使した再生となった。


続きを読む "幸姫酒造" »

2018年11月 7日 (水)

福知山市篠尾 T邸

180281福知山市篠尾 T邸

田の字型に一部増築した間取りの民家を、2世帯が住む家に再生。家族がゆったりとした時間を過ごせるようLDKとした居間の一部を吹き抜けとしたことで、趣味のステンドグラスが映える明るい空間へと生まれ変わった。また玄関横は、土足で入ることのできる、お客様にも対応可能な部屋とした。居間、玄関、玄関横の部屋の壁は塗り壁とし、自然の質感を感じられるようにした。


続きを読む "福知山市篠尾 T邸" »

菅澤武兵衛邸

180280菅澤武兵衛邸

建築主が思い入れのある育ちの家を、自身の代で再生することを決意。自分の山林にある良質な杉や桧を利用し、山林の手入れと民家再生を合わせて行った。再生前は日の当たらない寝室や台所で過ごしていたが、日当たりの良い土間をLDKとすることで、居心地のよい空間を確保。全面コンクリート打設の台直しは行ったが、基本は既存を崩さず必要な間取りの改修にとどめている。


続きを読む "菅澤武兵衛邸" »

2017年12月 7日 (木)

真宗大谷派本願寺別院大通寺大谷会館

170279真宗大谷派本願寺別院大通寺大谷会館

広大な境内と歴史的建造物を有する寺院の付属建物。破損が進み、解体も考えられていた。付属両翼の建物は蟻害があったが、本建物は状態が良く、十分修復可能と判断し、再生に至った。付属両翼は解体、事務棟を増築。修復再生部分と増築部分とは視覚的に明確に区別して、既存建物への敬意を表現した。増築部分が周囲に溶け込むよう配慮し、長寿命な外装としている。


続きを読む "真宗大谷派本願寺別院大通寺大谷会館" »

綾部市 Y邸

170278綾部市 Y邸

約140年前に解体、近隣からこの地に移築された民家。この家を残したいという建築主の思いから、2世帯で住める家へと再生された。プライバシーを守りつつ、動線を確保し、キッチンは2つにした。2世帯の居住空間は、既存の田の字型の間取りを仕切ってつくり、各部屋は廊下のみでつないでいる。また、各部屋の梁を現しにし、古民家らしさも引き出した。


続きを読む "綾部市 Y邸" »