民家再生事例

2016年11月21日 (月)

図子博則邸

160261

軒下の腐食部分は古材に差し替え、玄関上の丸太はあらわしとし開放的な空間に。柱は新しいものに替え大壁にし、断熱材を入れることで暖かい部屋として再生。雨の日は傘をさして行っていた別棟の水回りは主屋にまとめた。先祖代々の家を守りたいという強い想いによって、昔の趣きを大切にしつつ、快適な生活ができる住まいとなった。


続きを読む "図子博則邸" »

川辺の家

160260

先祖伝来の家を修復したいというご依頼から、現地調査。傷みが激しく、使える部材は全て使うことを条件に、いったん解体して組みなおす方法を取った。新規材は、地域の国産杉を使用している。昔ながらの雰囲気を残しながらも、水回りは現代の生活に合ったつくりにし、住みやすさにもこだわった。


続きを読む "川辺の家" »

2016年11月18日 (金)

吉田農園「もてなしの蔵」

150258

所有者が大切に保存してきた蔵。東日本大震災と雹で外壁が剥落してしまった。修理にあたって農園来訪者のための喫茶・ギャラリー空間とすることに。壁は、木舞を組みなおし、土の捏ねから伝統的な作業手順で行った。道路拡幅で伐採されることになった欅は床などに再生。従来の仕上げを活かし、落ち着いた空間となった。


続きを読む "吉田農園「もてなしの蔵」" »

故郷の家・上林の再生古民家

160257

30年前の改修で床を上げていたため天井が低く暗い部屋になっていたが、窓を大きく数を増やし、黒く燻された梁をあらわしにすることによって、ゆったりとした風通しのよい空間になった。また、建物の傾きを配慮し建具を減らしたり、畳の部屋を残したり、塗壁とすることで改修前の名残を残すなどの工夫もしている。


続きを読む "故郷の家・上林の再生古民家" »

古建具・格子戸と薪ストーブの家

150256-1

趣き深い建具が特徴的な、田の字型の部屋と土間のある家。梁を古色塗りにして大黒柱に合わせたり、天井仕様を考慮したりして、古い民家の良さを残しつつ、民家特有の暗く寒い空間をDKを吹き抜けとし高窓を設けることで明るい空間にした。また、別棟だった事務所を主屋の中に違和感なく取り入れることができた。


続きを読む "古建具・格子戸と薪ストーブの家" »

Armonia

160255

昔ながらの風景の中に建つ民家。主屋は田の字型の和室を一室にし、ワインセラー、陶芸室、ピアノ室、レストランにに改修。小部屋を土間空間に変更したり、ワインコーナーに既存の古箪笥を材料にしたカウンターを設置するなど、「古」と「新」が調和した空間になった。離れは柱を根継ぎし、住居とした。


続きを読む "Armonia" »

石川邸

160254

100年余前この場所に移築された民家。屋根、床下劣化などを改善したいとJMRAへご相談があった。所有者は耐震補強への考えにも揺れたが、東南海地震でも大きな被害が無かった家であり、その実績から伝統的な構造を活かした再生をすることをお勧めした。結果として、未来に貴重な伝統構法を引き継ぐ民家となった。


続きを読む "石川邸" »

2015年12月 7日 (月)

初瀬の家

150250-1

再生にあたっては、庭から主屋に向かって流れてくる水の排水、床下をいかに乾燥させるかが課題となった。雨水を集水、排水できる造園計画を行うことで、湿気により発生するシロアリ被害を防いだ。門前町に軒を連ねる家という性質上、外観はほとんど変えず、構造補強などにとどめている。


続きを読む "初瀬の家" »

2015年12月 2日 (水)

T邸

150248-1

雪で主屋が倒壊したのをきっかけに、雪下ろし不要な自然落雪で、冬暖かく自然光の入る家に再生。地盤調査をし、基礎を高めに。生活空間はコンパクトにまとめるため、減築も行った。より住みやすく造り変えながらも、伝統家屋の持ち味も生かした再生となった。


続きを読む "T邸" »

世代を超えて住み継がれる 家族みんなで暮らす家

150246-1

各部屋で雨漏りしていた家。雨漏りの改修だけでなく、2世帯になる家族が暮らしやすい家へと再生をすることになった。改修後は、共同空間(LDK)と水回りを各個室が取り囲む形式に変更。個人の空間を尊重しながらも、家族の距離を縮めることができる家となった。


続きを読む "世代を超えて住み継がれる 家族みんなで暮らす家" »