民家再生事例

2017年12月 7日 (木)

酒井田柿右衛門窯 主屋

170276酒井田柿右衛門窯 主屋

次の世代へ引き継ぎたい、という建築主の思いから再生された、色絵磁器の名門酒井田柿右衛門窯主屋。茅の葺き替え、床下、外壁、内壁などの全面改修に伴い、中玄関左側の部屋を創建時の間取りとすることに。40年前の土砂災害による床下堆積物の除去、腐食した足固めの取り替え、数十本もの柱の根継ぎを経て、250年前の姿を取り戻した。


続きを読む "酒井田柿右衛門窯 主屋" »

2017年12月 6日 (水)

花壇を眺める 常広の家

170270花壇を眺める 常広の家

築70年、35年前に増築した家を、現在の生活スタイルに合わせて再生。細かく分かれていた部屋を、LDKや広縁への一体感を出した開放的な間取りに変更した。日中を多く過ごしていたにも関わらず、寒く暗かった台所も、LDKとともに、光がそよぐ眺望の良い場所に変更している。随所に構造と意匠性を兼ねた古材を配置し、落ち着いた雰囲気にまとめている。


続きを読む "花壇を眺める 常広の家" »

2017年12月 1日 (金)

牛津の蔵

170278牛津の蔵

農業用倉庫として利用されていた蔵。薄板の全面板張りで、長い年月を風雨にさらされ下地の竹も傷んでいたが、ほとんどの構造材は状態が良く、再利用できた。下地の竹は新しい竹で掻き直しから行い、壁土は新しい土と混ぜ合わせ、ほとんど再利用した。外壁は腰板漆喰仕上げに変更。開口部を増やしたことで、光と風を取り入れた。


続きを読む "牛津の蔵" »

若木の蔵

170265若木の蔵

道路の新設工事による建物のセットバックを機に、一度解体し基礎から建て直して、移築・住宅として再生した。梁は古材を再利用し、柱は一部新材に取り替え。壁土も新しい土と混ぜ、ほとんど再利用している。古材は、その独特の風合いを生かすため、あらわしにして開放感を出している。


続きを読む "若木の蔵" »

2016年11月18日 (金)

富士の丸窓の家

160253

古い物好きの建築主より「家のどこかに意匠的に古材を使用してほしい」と、当初から要望があった。古材の曲がった梁を配置することにより落ち着いた空間を演出。古材使用部分以外も本物にこだわった家づくりをすることにより、古材と違和感のない仕上がりに。忙しい家族のために、導線計画・収納計画をし、団らんを増やせるような間取りを目指した。


続きを読む "富士の丸窓の家" »

八角形の家

160252-1

子ども7人のご家族の家。「奇抜で変わった家を」とのご要望から、八角形の家が誕生した。ご主人が工事に参加し、竹木舞掻きや塗装、家具工事、タイル貼りなどを行い、思い入れのある家に。八角形を活かし、1階は個室3室、2階はフリースペースとして、1階のLDと吹き抜けでつながっている。中心から伸びる8本の梁に新材と古材を配置しリズムを付けた。


続きを読む "八角形の家" »

つけもの処「鶴屋」三瀬店

160251-1

他県からのお客様を想定し、できるだけ長く寛いでいただけるように、古材を多様した落ち着いた店内に仕上げた。一歩中に入ると、まるで古民家に呼ばれたかのような空間に。飲食コーナーの漬物バイキング用のテーブルは、古材の角材を利用して制作。店舗での古材活用の良い事例となった。


続きを読む "つけもの処「鶴屋」三瀬店" »

2015年11月27日 (金)

二世代が楽しく暮らす家

150233-1

建築主の子供夫婦と孫たちが暮らしやすいよう、また古い民家の雰囲気を感じられるようリフォーム。改修にあたり、北向きだった玄関を南向きに配置。和室、キッチン等をつなげて、ゆったりとした22畳のLDKとした。平屋部分の天井を取り払い矢切に窓を設けることで明るい空間に。


続きを読む "二世代が楽しく暮らす家" »

酒蔵・米蔵の移築再生 サガ電子工業新工場

150232-1

佐賀県武雄市にあった酒蔵2棟(築約100~150年)と有田町にあった米蔵、庄屋の納屋(築約80年)を移築、空調などを電気エネルギーに頼らないエコなアンテナ工場となった。建築主の意向で、構造材以外にも壁土など再利用できるものはできるだけ利用している。第17回佐賀市景観賞受賞。


続きを読む "酒蔵・米蔵の移築再生 サガ電子工業新工場" »

有明海の干潟を楽しむ家

150231-1

カメラマンである建築主が、有明海の干潟に魅せられ住み始めた民家。くど造りの主屋は床板張り替え程度の改修にとどめ、蔵は梁をできるだけ残し居間から梁組を楽しめる生活空間として再生した。1階土間部分は梁が低い位置にあるため、梁の位置に間仕切りを配するなどの工夫をした。


続きを読む "有明海の干潟を楽しむ家" »