民家再生事例

2016年11月18日 (金)

石川邸

160254

100年余前この場所に移築された民家。屋根、床下劣化などを改善したいとJMRAへご相談があった。所有者は耐震補強への考えにも揺れたが、東南海地震でも大きな被害が無かった家であり、その実績から伝統的な構造を活かした再生をすることをお勧めした。結果として、未来に貴重な伝統構法を引き継ぐ民家となった。


続きを読む "石川邸" »

2015年11月27日 (金)

勝俣さんのお店

150238-1

数年は住む人が無く放置されていた家。押入れの結露対策、床下の湿気対策、小屋裏の喚起対策を行い、過ごしやすい空間に。西側の囲炉裏があった茶の間部分は店舗に改装し、炭火カウンターはお店のシンボルとなった。


続きを読む "勝俣さんのお店" »

2014年11月18日 (火)

西浦マリーナ West Cove

Photo_6

1963年東海地方で初めて開業した老舗マリーナ。長い歴史を感じさせるクラブハウスにしたいという思いから、造作材・構造材に古材を使用。古材には同色の古色塗りを施し、壁面は漆喰仕上げとすることで、落ち着いた雰囲気に。古材がRC造の空間に暖かい雰囲気を持たせている。


続きを読む "西浦マリーナ West Cove" »

2台の薪ストーブと緑の風薫る瀟洒な古民家

Photo_3

築60年の家を、建築主の長年の夢だった無垢材を使った再生民家に。民家特有の寒さ対策には薪ストーブを2台導入。そのうち1台はキッチンに配置することで調理器具としても使用できる。内装仕上げの漆喰塗りは建築主夫婦が自ら行った。民家の良さを生かしながら現代にも馴染む家となった。


続きを読む "2台の薪ストーブと緑の風薫る瀟洒な古民家" »

小屋裏居室が楽しい家

Photo

建築主のご希望から、小屋裏を細かく区切って居室としたことが面白い家。一つ一つの室内は狭くなったが快適性は変わらず、落ち着いた空間となった。階段が2つあることも特徴。外部木製建具の色を赤にしたことで、差し色となり、こちらも予想外に面白い効果を生んだ。


続きを読む "小屋裏居室が楽しい家" »

2013年11月28日 (木)

若い世代が住み継ぐ築80年の家

2041

2世帯で暮らすために伝統工法の家を再生。地元大工の手で丁寧に造られた家の劣化は部分的であった。屋根瓦を引っかけ桟瓦にし、屋根を軽量化。畳下から現れた黒光りしたマツの床板は、リビングの床として生まれ変わった。近所には同世代の民家が多く残っており、再生することで周辺との統一感にも配慮できた。


続きを読む "若い世代が住み継ぐ築80年の家" »

和食 かんじ

2011

古民家を住宅兼店舗として再生したいと、4年をかけて見つけた町家。古き良き建物のイメージを壊さないよう配慮した。元が住居であるため、厨房機器を設置するために柱を抜いたり、補強として梁をいれたりということが必要であったが、化粧部分には古材が見えるよう工夫をした。


続きを読む "和食 かんじ" »

2013年11月11日 (月)

H邸

Photo_2

詳しくは『民家再生の実例 全国事例50選』に掲載しています。


続きを読む "H邸" »

2013年11月10日 (日)

一碧湖畔の家

1_3

詳しくは『民家再生の実例 全国事例50選』に掲載しています。


続きを読む "一碧湖畔の家" »

2013年1月24日 (木)

明治13年生まれの家族に愛された家

191af

旧道に面した築130年の民家を再生。傷んだ屋根の吹き替えと、温熱環境を優先して設計、施工をおこなった。旧建具、建築主の倉庫に眠っていた建具を職人の手で修復し再利用。この家が大好きな建築主の思いによって蘇った民家。


続きを読む "明治13年生まれの家族に愛された家" »