民家再生事例

« 渋川の家 | メイン | 若夫婦が新生活を目指す田園地帯十二地区の大きな家 »

2019年12月 6日 (金)

奉免の家

190301

床の間と仏間は、朽ちた床板や仏壇の修復を行うことで、元の状態を再現。日常的に過ごすLDKには、薪ストーブを設置し、ぬくもりを感じられるようにした。茅葺き屋根の一部が見えるようにとの建築主の要望から、家に入り玄関上の天井を振り向き見上げると、茅葺き屋根がのぞける施工にしている。

190301_2
再生後内観
190301_3
再生前外観
奨励賞No. 190301
完成年 2018年12月
所在地 千葉県 市原市
設計 保川建設株式会社
施工 保川建設株式会社
構造規模 木造 平屋
敷地面積
1階面積 86.8m2
2階面積
延床面積 86.8m2
主な外部仕上げ 屋根:茅葺きの上に金属板金瓦葺き
壁:金属サイディング
建具:ペアガラスサッシ
主な内部仕上げ 天井:クロス仕上げ、竿縁天井
壁:漆喰、クロス
床:ナラムクフローリング、畳
建具:木製建具、障子