民家再生事例

« 真宗大谷派本願寺別院大通寺大谷会館 | メイン | 福知山市篠尾 T邸 »

2018年11月 7日 (水)

菅澤武兵衛邸

180280菅澤武兵衛邸

建築主が思い入れのある育ちの家を、自身の代で再生することを決意。自分の山林にある良質な杉や桧を利用し、山林の手入れと民家再生を合わせて行った。再生前は日の当たらない寝室や台所で過ごしていたが、日当たりの良い土間をLDKとすることで、居心地のよい空間を確保。全面コンクリート打設の台直しは行ったが、基本は既存を崩さず必要な間取りの改修にとどめている。


180280菅澤武兵衛邸 再生前
再生前外観
180280菅澤武兵衛邸 キッチン
再生後内観
奨励賞No.180280
完成年2016年12月
所在地千葉県香取郡
設計ゆま空間設計
施工丸西建材
構造規模木造 平屋
敷地面積
1階面積184.88m2
2階面積
延床面積184.88m2
主な外部仕上げ屋根:和瓦風金属屋根 既存茅残し
外壁:杉下見板張り 上部漆喰塗り
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:杉板張り、ボード下地漆喰塗り
壁:杉板張り一部桧板張り、土壁漆喰塗
床:杉厚板張下地板杉、一部桧板張り
建具:杉框戸、障子、既存障子、ふすま