民家再生事例

« 鬼伝説の里 大江の山の再生古民家 | メイン | 世代を超えて住み継がれる 家族みんなで暮らす家 »

2015年12月 2日 (水)

川原の家

150245-1

滋賀県湖東地域の典型的な間取りを持つ家。当初「にわ」(土間)だった部分を昭和55年に水回りに改修している。耐震補強は間取りが大きく変わらないよう配慮し、伝統建築の特性に合った荒壁パネルを耐震壁に使用。また、バリアフリー化や水回りの改修、子供部屋を増やすなどしている。


150245-2
再生後玄関

150245-3
再生後内観

奨励賞No.150245
完成年2015年3月
所在地滋賀県蒲生郡日野町
設計一級建築士事務所(株)匠工房
施工(有)梅立工務店
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積234.24m2
1階面積226.82m2
2階面積92.02m2
延床面積318.84m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:漆喰塗り、杉板張り
建具:アルミサッシ、木製建具
主な内部仕上げ天井:杉板張、プラスター中塗り仕上げ
壁:漆喰塗り、じゅらく塗、プラスター中塗り仕上げ、杉板張り
床:タタキ、杉板、畳
建具:木製建具