民家再生事例

« 感謝の気持ちを込めて W邸 | メイン | 川原の家 »

2015年12月 2日 (水)

鬼伝説の里 大江の山の再生古民家

150244-1

増築した納戸は解体し、当初の状態に。傷んだ屋根は下地を組んで長尺カラー波板を重ね葺き。田の字型の間取りは手前2間をつなげて多くの人が集えるLDKとした。土間上の栗柱、黒い梁は、その存在感を活かして表しにした。非常に傷んでいた民家は、趣きのある別荘として再生された。


150244-2
再生後内観
150244-3
再生前外観
奨励賞No.150244
完成年2015年2月
所在地京都府宮津市
設計岸下建設
施工岸下建設
構造規模木造 平屋
敷地面積209m2
建築面積97.6m2
1階面積97.6m2
2階面積
延床面積97.6m2
主な外部仕上げ屋根:長尺カラー波板鉄板、瓦棒
外壁:プリント鋼板、 黄漆喰壁
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げクロス貼り、棹縁天井
壁:クロス貼り、荒壁、漆喰
床:フローリング(杉t=15mm)、 タタミ
建具:木製建具(フラッシュ戸)、 障子、襖