民家再生事例

« 下氷鉋の信州民家 | メイン | 勝俣さんのお店 »

2015年11月27日 (金)

府中の家

150237-1

耐震性に不安を持ち建て替えを検討していた家。調査の結果、構造部材の再生は十分であったため、基礎の新設と耐震壁の設置で耐震性を向上。外観はオリジナルを尊重し民家らしさを残しつつ、断熱材の施工や水回りの整備などで居住性も高めた。壁や建具に手漉き和紙を使用。


150237-2
再生後内観
150237
再生前外観
奨励賞No.150237
完成年2014年5月
所在地東京都府中市
設計一級建築士事務所(有)アルケドアティス
施工合同会社古財工房
構造規模木造 2階建
敷地面積1,108m2
建築面積164.29m2
1階面積151.46m2
2階面積60.87m2
延床面積212.33m2
主な外部仕上げ屋根:瓦葺き
外壁:漆喰塗り、腰壁:杉羽目板縦張り
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:化粧根太天井
壁:石膏ボードの上、珪藻土塗り
床:カリンフローリング・杉板厚板
建具:木製建具