民家再生事例

« 築切の田舎暮らしを楽しむ家 | メイン | 家族が集い健やかに暮らす家 »

2014年11月13日 (木)

集団地の家

D90r6017

天然スレート葺きの屋根が美しい家。外の離れに配置されていた水回りを、既存建物の収納面積を減らすことで、建物内に集約。湿気で傷んでいた床は、腐った部分のみを取り換え防湿と併せ補強をおこなった。養蚕業の名残で低かった天井は吹き抜けとし、開放的な空間とした。


05
再生後内観
R0012636
再生前外観
奨励賞No.140210
完成年2012年3月
所在地宮城県石巻市
設計ササキ設計
施工リュクス
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積157.15m2
1階面積155.17m2
2階面積90.60m2
延床面積245.77m2
主な外部仕上げ屋根:スレート葺
外壁:窯業系サイティング、スギ板張、漆喰塗
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:漆喰調EP仕上
壁:シルタッチ塗仕上
床:唐松フローリング
建具:既存建具使用