民家再生事例

« 築150年 川西の家 | メイン | 小屋裏居室が楽しい家 »

2014年11月17日 (月)

農民ギャラリー 竹里館

0001

建築主が育った家。構造的に再生可能な半分を再生。玄関を入ってすぐの思い出のある井戸を残し、土間は広く設けることで、外と中をスムーズに繋ぎ人を迎え入れる空間とした。今まで軒下に眠っていた欅や檜の板材は階段や囲炉裏を囲む腰掛として生まれ変わった。


0000
再生後内観
0011
再生前内観
奨励賞No.140221
完成年2014年2月
所在地千葉県市原市
設計保川建設株式会社
施工保川建設株式会社
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積
1階面積31.6m2
2階面積19.5m2
延床面積51.1m2
主な外部仕上げ屋根:【2階】既存瓦【1階】既存瓦
外壁:荒壁、下見板
建具:既存木製建具、一部新規木製建具
主な内部仕上げ壁:既存土壁塗り替え、一部壁漆喰塗り替え
床:無垢フローリング
建具:木製建具