民家再生事例

« 2世帯住宅に改修した丹波の古民家 | メイン | 注文の多い古民家 »

2013年12月 4日 (水)

想いを伝え 継ぐ家

2061

倉庫として使用されていた家をなんとか残したいという建築主の想いから再生された家。増築部は取り除き、外部から浴室に入れるようにした。登り梁と小屋梁が一体の三角形構造の小屋組みをそのまま化粧としてみせ、吹き抜けをダイナミックにとった。また、南北に無双窓などをとり、明るさと解放感をだした。


2062
再生後内観
2063_2
再生前外観
奨励賞No.130206
完成年2013年3月
所在地鹿児島県郡山町
設計鹿児島タニザキ
施工鹿児島タニザキ
構造規模木造 平屋
敷地面積
建築面積
1階面積94.12m2
2階面積
延床面積94.12m2
主な外部仕上げ屋根:陶器瓦
外壁:しっくい塗
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:スギ板一部しっくい
壁:しっくい
床:スギ板
建具:造作木製建具