民家再生事例

« 過去を包み込み、未来を育む家 | メイン | 若い世代が住み継ぐ築80年の家 »

2013年11月28日 (木)

歴史を奏で、絵心を育む家

2031

長身の建築主のために天井高を改善。1階は床高を下げ天井に隠れていた小梁をあらわすことで解消。2階は小梁をあらわすとともに天井の色を明るくし照明器具を埋め込むことで解消した。当初のまま残されていた和室などの空間に合うよう、家の全体的な意匠を統一。建築主所有の網代や木柱をアクセントとして利用した。


2032
再生後内観
2033
再生前外観
奨励賞No.130202
完成年2012年7月
所在地京都府福知山市
設計岸下建設
施工岸下建設
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積203.2m2
1階面積203.2m2
2階面積104.6m2
延床面積307.8m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦
外壁:漆喰塗
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:クロス、スギ竿縁天井
壁:クロス、ジュラク壁
床:フローリング、畳
建具:木製、障子、襖