民家再生事例

« 歴史を奏で、絵心を育む家 | メイン | 2世帯住宅に改修した丹波の古民家 »

2013年11月28日 (木)

若い世代が住み継ぐ築80年の家

2041

2世帯で暮らすために伝統工法の家を再生。地元大工の手で丁寧に造られた家の劣化は部分的であった。屋根瓦を引っかけ桟瓦にし、屋根を軽量化。畳下から現れた黒光りしたマツの床板は、リビングの床として生まれ変わった。近所には同世代の民家が多く残っており、再生することで周辺との統一感にも配慮できた。


2042
再生後内観
2043_4
再生前外観
奨励賞No.130204
完成年2013年1月
所在地静岡県藤枝市
設計育暮家 ハイホームス
施工育暮家 ハイホームス
構造規模木造 平屋
敷地面積634M2
建築面積124m2
1階面積124m2
2階面積
延床面積124m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦
外壁:漆喰仕上げ、一部板及びガルバリューム鋼板
建具:既存利用、再生古建具、一部アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:木板(既存利用)、和紙及EP
壁:荒壁パネル下地漆喰及ダイアトーマス仕上げ
床:ヒノキ及マツ(既存再利用)
建具:既存利用(調整建込み)