民家再生事例

« 古材家具揃いの家 | メイン | 明治13年生まれの家族に愛された家 »

2013年1月24日 (木)

横和の家

190af_2

明治初め庄屋の分家として建てられた民家。間取り、構造、素材を創建時に倣いながらも、水回りには最新のものを採用。暖房と調理を兼ねたクッキングストーブも備え付け、環境・エコロジーといった現代的な要望にも対応している。建築主とともに今後も手を加え完成度を高めていく楽しみのある家。


190in13
再生後内観1、2
190in2
再生後内観3
奨励賞No.120189
完成年2012年5月
所在地長野県佐久市
設計(有)アルケドアティス
施工(株)鮫島
構造規模木造 2階建
敷地面積149.43m2
建築面積620.00m2
1階面積141.15m2
2階面積112.06m2
延床面積253.21m2
主な外部仕上げ屋根:いぶし瓦葺き
外壁:漆喰塗り、南京下見板張り、簓子下見板張り
建具:アルミサッシペアガラス、木製建具
主な内部仕上げ天井:スギ板t=12
壁:漆喰塗り(土壁下地)
床:スギ板T=40、クリ板挑戦張り
建具:木製建具