民家再生事例

« 長崎街道・八戸の家 | メイン | 深呼吸したくなる高窓の家 »

2013年1月22日 (火)

レトロモダンを詰め込んだ家

180af

空き家となっていた建築主の奥様の実家を再生。大胆な間取りの変更はおこなわず、ディティールを大切にした改修をおこなった。古民家改修の勘所である「段差との向き合い方」にも細かく取り組み、生活上不便を感じない程度に段差を残しつつ利便性を飛躍的に向上させることができた。


180be
再生前外観
180in
再生後内観
奨励賞No.120180
完成年2010年5月
所在地京都府綾部市
設計岸下建設(株)
施工岸下建設(株)
構造規模木造 平屋
敷地面積
建築面積175.00m2
1階面積175.00m2
2階面積
延床面積175.00m2
主な外部仕上げ屋根:金属屋根(メタルルーフ)
外壁:焼き杉、漆喰塗り仕上げ
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:クロス
床:フローリング(パイン等)、畳
内部建具:木製建具