民家再生事例

« 面格子の家 | メイン | 守り継がれる家 »

2013年1月23日 (水)

イングリッシュパブのある家

184af

建築主と設計者が、ともに楽しみながら再生した家。外観は昔ながらの民家をそのままに建具などもほとんど再利用しているが、耐震性や断熱にも気を使っている。一方内部は本格的なイングリッシュパブや床に収納できる「パタパタ囲炉裏」などがあり、遊び心のあるものとなった。


184in2
再生後内観「パタパタ囲炉裏」
184in3
再生後内観「イングリッシュパブ」
奨励賞No.120184
完成年2011年5月
所在地千葉県千葉市
設計保川建設(株)
施工保川建設(株)
構造規模木造 平屋
敷地面積
建築面積132.90m2
1階面積130.01m2
2階面積
延床面積130.01m2
主な外部仕上げ屋根:既存瓦(補修塗装)
外壁:北・西面:ガルバニウム鋼板、南・東面:上部漆喰、下部下見板張り
建具:既存木製
主な内部仕上げ天井:既存竿縁天井、一部ビニールクロス
壁:漆喰、一部ビニールクロス
床:無垢フローリング、畳
内部建具:古建具、木製建具