民家再生事例

« 阿蘇の山荘 | メイン | レトロモダンを詰め込んだ家 »

2013年1月22日 (火)

長崎街道・八戸の家

179af

呉服屋だった築120年の土蔵造りの旧家。街道に面した「オモテ」の空間は、2階部分を吹き抜けとして、その外周に空中回廊を回し、その回廊を展示空間としている。ギャラリー的空間要素を居住空間に融合させ、地域の人々と共に暮らす新しい暮らしのあり方を提案した家。


179in1
再生前内観1
179in2
再生後内観2
奨励賞No.120179
完成年2009年11月
所在地佐賀県佐賀市
設計(有)夢木香
施工(有)夢木香
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積215.93m2
1階面積215.93m2
2階面積63.98m2
延床面積279.91m2
主な外部仕上げ屋根:いぶし粘土瓦葺き
外壁:土壁大壁下地、漆喰塗、腰壁:スギ下見板張り
建具:木製(一部アルミサッシュ)
主な内部仕上げ天井:スギ板張り
壁:土壁下地、漆喰塗り、スギ板張り
床:スギ板本実、タタミ敷き
内部建具:木製(スギ)