民家再生事例

« 丹川の古民家 | メイン | 長崎街道・八戸の家 »

2013年1月22日 (火)

阿蘇の山荘

178af

損傷の大きかった家。細い柱は太い柱に交換し、シロアリ被害の差し鴨居は大断面のスギ赤身材に変更。ジャッキアップで水平垂直をもどして健康体に蘇らせた。おもしろい曲りの小屋梁は、生かして化粧として見せている。中2階は透明ガラスを入れることで阿蘇の山々を一望できるスペースに。


178be
再生前外観
175in
再生後内観
奨励賞No.120178
完成年2009年8月
所在地熊本県阿蘇市
設計古民家蘇生工房
施工古民家蘇生工房
構造規模木造 2階建
敷地面積600.00m2
建築面積106.44m2
1階面積102.68m2
2階面積27.56m2
延床面積130.24m2
主な外部仕上げ屋根:三州和型いぶし瓦、一部ガルバ
外壁:ラスモル下地、漆喰、スギムク板、弁柄、油
建具:アルミ及び木製
主な内部仕上げ天井:PB下地ワラスサ入漆喰
壁:PB下地ワラスサ入漆喰
床:スギムク板、漆
内部建具:スギ赤身