民家再生事例

« M邸 | メイン | 古材家具揃いの家 »

2013年1月23日 (水)

都心の数寄屋住宅

188af

都心で代々住み継いできた4人家族の家。今回、明るく暖かさを感じさせる開放的な住まいへと再生。大きな開口部で太陽の光を取り入れ、部屋の奥まで光が届くよう壁と天井の一部を左官壁とし、光を拡散させるなどの工夫が生きている。既存の日本家屋など外構部分との調和も重視した。


188be
再生前外観
188in
再生後内観「リビングダイニング」
奨励賞No.120188
完成年2012年1月
所在地東京都世田谷区
設計松井建築研究所
施工(株)栄伸建設
構造規模木造 平屋
敷地面積594.00m2
建築面積120.00m2
1階面積120.00m2
2階面積
延床面積120.00m2
主な外部仕上げ屋根:既存のまま(コロニアル葺き)
外壁:塗り壁一部既存板張り
建具:木製建具一部アルミ
主な内部仕上げ天井:左官塗り一部無垢板張り
壁:左官塗り壁
床:フローリング
建具:木製建具