民家再生事例

« M邸 | メイン | イングリッシュパブのある家 »

2013年1月22日 (火)

面格子の家

183af

宮大工出身の大工が建てた家は、梁・柱の狂いもほとんどない状態であった。再生工事では、既存で台所として使用されていた馬屋の印象的な格子窓を活かし、優しい光を取り入れた。素晴らしい存在感を持つ梁は、あらわしにした。また、3人分の子ども部屋など、部屋数の確保も考えた。


183in1
再生前外観
183in2
再生後内観
奨励賞No.120183
完成年2011年2月
所在地京都府福知山市
設計岸下建設(株)
施工岸下建設(株)
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積177.00m2
1階面積171.80m2
2階面積115.56m2
延床面積287.36m2
主な外部仕上げ屋根:瓦屋根
外壁:漆喰塗り
建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:クロス、一部和天
壁:クロス、漆喰塗り
床:フローリング、畳
内部建具:木製建具、襖