民家再生事例

« 三世代が住まう家 | メイン | 子どもたちの喜ぶ家 »

2013年1月22日 (火)

花見ヶ浜の蔵

174af

築50年の牛舎と米蔵の架構を移築して、土蔵造りの土壁の家として再生。外壁は厚さ20㎝以上の土壁下地とし、夏涼しく冬暖かい家が実現した。2つの吹き抜けにより立体的に空間が連続、解放感がでた。牛舎で使用されていた格子や土台の御影石もインテリアとして再利用している。


174in1
再生後内観1
174in2_2
再生後内観2
奨励賞No.120174
完成年2008年3月
所在地福岡県福津市
設計(有)夢木香
施工(有)夢木香
構造規模木造 2階建
敷地面積
建築面積120.61m2
1階面積108.60m2
2階面積41.35m2
延床面積149.95m2
主な外部仕上げ屋根:いぶし粘土瓦葺き
外壁:土壁大壁下地、土混ぜ漆喰塗り
建具:古建具、木製建具、アルミサッシュ
主な内部仕上げ天井:女竹天井
壁:土壁下地、1F漆喰塗り、2F土混ぜ塗り
床:アカマツ本実、スギ板本実
内部建具:スギ