民家再生事例

« 馬小屋の石積みを生かした家 | メイン | 祖父から受け継ぎ孫へ伝える家 »

2011年11月24日 (木)

生家を洪水から守る高床式住宅

Photo_10

建築主の要望で、高断熱・高気密の家へ、また、過去に幾度も水害に見舞われたことがあり、高床式の家へと変更。既存建物を1.8mの高さに引上げた。玄関ホールから眺めるリビング吹き抜けは8mの高さ。今まで隠れていた幾重にも重なり合った手斧削りの梁が息を吹き返した。



Photo_11
再生前外観
Photo_12
再生後内観
奨励賞No.110161
完成年2010年11月
所在地岩手県一関市
設計株式会社イトックス
施工株式会社イトックス
構造規模木造 平屋
敷地面積2219.10m2
建築面積187.74m2
1階面積163.99m2
2階面積
延床面積163.99m2
主な外部仕上げ屋根:長尺カラー鋼板AT横葺き
外壁:窯業防火サイディング
外部建具:三協立山 マディオJ 断熱サッシ
主な内部仕上げ天井:【和室】既存杉板塗装【その他】石膏ボード、クロス貼り
壁:【和室】珪藻土塗り【その他】石膏ボードクロス貼り
床:縁甲板
内部建具:秋田杉、MDF