民家再生事例

« むくもとの家 | メイン | 漬物処 鶴屋 »

2010年12月14日 (火)

富沢の家

100147_after_ex

もと農家のこの民家は、足元以外は痛みが少なく、骨組も頑丈であった。再生補強工事により、さらに100年くらいは保っていける建物となった。また、高断熱仕様と通気機構を採用し冬暖かく夏涼しい環境をめざした。



100147_before_ex
再生前
100147_after_in
再生後内観
奨励賞No.100147
完成年2010年5月
所在地宮城県仙台市
設計(有)ササキ設計
施工(株)興建ハウジング
構造規模木造 2階建
敷地面積731.43m2
建築面積171.41m2
1階面積161.47m2
2階面積60.16m2
延床面積221.63m2
主な外部仕上げ屋根:ガルバリウム鋼板、横葺き
外壁:放火サイディングジョリパッド吹付け、一部杉板張り
外部建具:アルミ断熱サッシュ
主な内部仕上げ天井:PB、t12.5下地、EP塗り、一部杉板張り
壁:珪藻、漆喰塗り仕上げ
床:赤松板、t30本実張り、自然塗料
内部建具:木製建具(杉)