民家再生事例

« 大玉村玉井 後藤邸 | メイン | 箱根 甘酒茶屋 »

2010年1月30日 (土)

「石川の家」再生改修工事

90122_afer_ex

築80年の民家を、基本構造をできるだけ残すかたちで現地再生した。特徴的な小屋組があらわしとなる空間を随所にもうけ、トップライトをつけることで自然光の明るさを取りこみ、迫力ある梁の造形と際立たせている。



90122_after_in
再生後内観
90122_before_ex
再生前

奨励賞No.90122
完成年2009年3月
所在地福島県石川郡
設計(有) ササキ設計 佐々木文彦
施工(有) 桑沢工務店
構造規模木造 2階建
敷地面積1807.72 m2
建築面積233.19 m2
1階面積225.39 m2
2階面積137.47 m2
延床面積362.86 m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦銀黒いぶし瓦葺き、一部銅版一文字葺
外壁:漆喰塗り仕上、一部杉板タテ張り押縁止め
外部建具:断熱アルミサッシ、一部木製サッシュ建具
主な内部仕上げ天井:杉板張り、一部既存笠縁天井のまま
壁:珪藻漆喰塗り仕上
床:杉板厚36㎜張り、一部ナラムク板張り
内部建具:杉ムク板一部既存建具再利用